海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

新卒でシンガポール就職!仕事中に起こったハプニング・トラブル・デメリット

  • 公開日:
  • 更新日:
シンガポールのバス

私は大学卒業後、就職活動のためシンガポールへやってきました。初めて訪れるシンガポールでの新生活はすべてが新鮮で、あっという間の毎日だったことを、今でも昨日のことのように思い出します。

幸運なことに、シンガポールで2ヶ月間の就職活動の末、無事にデパートの顧客サービス係の職を得ることができました。退社するまで、3年5ヶ月という短い期間でしたが、国際的な環境で幅広く学びながら働けたことは貴重な経験となっています。

しかし、新卒でのシンガポール就職は文化や国民気質の違いに戸惑いながらのスタートで、成長過程では辛い経験も多くありました。もちろん、シンガポールで働くメリットもありましたが、今回はデメリットに焦点を当ててお話をしていきます。

英語圏のはずが…シンガポール就職の落とし穴

看板

多民族国家のシンガポールは、マレー語、中国語、英語、タミル語の4言語が公用語になっています。外国人も多く、統一言語が必要なため、特にビジネスにおいては英語を用います

それでも、国民の70%以上が中華系を占めるので、日常生活の中で中国語を耳にする機会はとても多いです。シンガポールの英語は独特の訛りがあるため、シングリッシュとも呼ばれていますが、英語の会話なのに中国語の単語やマレー語の単語を使用します

文法も省略が多く独特の進化を遂げており、会話のリズムも音の連なりがどことなく中国語のリズムに近いので、リスニングに大変苦戦しました。英語はほとんどが訛りみたいなものなので、文句を言っても仕方ないだろうと思う人も多いと思います。

しかし、予想以上にシングリッシュのリスニングは大変です。一方で、文法はブロークンなので容易に習得できます。

一度シングリッシュになってしまうと、他の英語圏へ行ったとき、英語発音の習得に再び努力が必要になることでしょう。

ただし、これらを踏まえた上で、シンガポールで生活をする際には、むしろシングリッシュを使いこなす覚悟でローカルライフを楽みましょう

気疲れするシンガポールの共同生活

コンドミニアム

シンガポール滞在が決まった方の中には、駐在員としていらっしゃる場合と、現地採用者としてシンガポールで雇われる場合があります。駐在員の場合は家賃補助などもあるので基本的には問題ありませんが、現地採用の場合は、大抵家賃や生活手当はありません。

稀に外資系の大手企業は、家賃補助などがあるところもあるようですが、多くの現地採用者は自分で家賃を含むすべてをまかなっていく必要があります

家賃分などを見越して多額のお給料をだしてくれる企業に勤務できると幸運ですが、当時は職歴も浅い独身の若手はS$3000前後のお給料からスタートという場合がほとんどでした。私の場合もS$2800のお給料からのスタートで、結婚するまではS$1200の家賃を払って間借りで生活をしていました。

もっと家賃を抑えることもできますが、セントラル付近で間借りをしようとするとS$800からS$1500が平均です。

現在はS$4000以上でないとビザ取得が困難なため、以前より生活はしやすいとは思いますが、特に現地採用者としてシンガポールでの新生活をお考えの方は、シンガポールでの生活をより具体的にイメージすることが重要になります。

シンガポールのプロ意識の違い

花屋さん

シンガポールは国民性もあるのか、日本人と違って気の強い方が多いです。早い者勝ち気質や何事も言ったもの勝ちという風潮もあるため、特にクレーム処理は長丁場の大仕事になります。

顧客側の理不尽な要望によるクレームも日本より多いですが、デパートのスタッフによるミスの場合ももちろん多いです。

しかし、クレームを減らそうとスタッフ教育を熱心にしていても、接客業を極めようというプロフェッショナルな心を持った人はそう多くいないので、基本的には聞く耳を持ちません

また、簡単に辞職や転職をしてしまうので、厳しくしすぎると来なくなってしまったり、逆に目をかけて育て上げても、ステップアップのためにとあっさり転職をしてしまいます。あまりにも、仕事に対する意識の違いがあるので、接客業におけるスタッフ教育は特に根気が必要です。

シンガポール就職で体験したクレームやトラブルの小話

日本にいた頃は、スーパーマーケットでの接客を経験しました。年に数回少し変わったお客様がいらっしゃることがありましたが、理不尽なことを申し付けてくるお客様は稀なので、大きなクレームに関しては逆に覚えていることが多かったです。

しかし、シンガポールでの接客を経験してみて感じたのは、ほとんどのお客様が威圧的であったり、攻撃的だということです。そのため、逆にお上品な方や優しいお客様がとても記憶に残ります。

日本人としての常識を覆されるような当地での就労経験で遭遇した、よくあるクレームや忘れることのできないトラブルをいくつかご紹介します。

移動費の請求

シンガポール

基本的には言ったもの勝ちという風潮があるシンガポール。それなので、クレームの際に移動費の請求をしてくるお客様がほとんどです。もちろん、言わなきゃ損という軽い気持ちで請求してくる方が半数以上なので、最終的には諦めてくださることが多いのも事実です。

しかし、お店の態度や商品に起因するクレームだった場合、内容によっては移動費の請求に対応せざるを得ないことが多々あったので当初は驚きました。

また、余談ですが、クレームにいらっしゃる際に、わざわざ半休を取った方がご来店し、算出した半休分の時間給を請求してきた方もいました。もちろんご納得行くまで説明をし、最終的にはお帰りいただきました。

しかし驚くことに、こういったケースもシンガポールではあまり珍しくありません。

言語や文化の違いによるトラブル

トラブル

お客様もスタッフも多国籍の職場でしたので、言語の違いによるコミュニケーションミスや、文化の違いによる対立は日常茶飯事でした。今では笑えるようなハプニングもありますが、はらはらすることにも何度か遭遇しました。

たとえば、お客様が店内で怪我をした際、顧客サービスカウンターに絆創膏がないか聞きにきたときの話です。

お客様は絆創膏(plaster)が欲しいと外国人スタッフに伝えたのですが、なぜかホッチキス(stapler)と勘違いしホッチキスを渡してしまったのです。おちょくられてると感じたお客様はご立腹。

同じ外国人スタッフとして、聞き間違いのミスには甘かった私ですが、その外国人スタッフの上司として、私がお客様に謝罪をする事態となってしまいました。

また、北朝鮮との関係が緊迫していた世界情勢時の話です。消費税還付手続きに必要な書類を発行するカウンターで、アルバイトの子がお客様対応をしていました。

その際に、国籍を大韓民国(South korea)と表記するところを誤って北朝鮮(North korea)と表記してしまい、お客様は大激怒。

多国籍のお客様や社員に接する職場では、特に世界情勢に目を配り、たとえ世間話であっても相手の気持ちや立場を配慮した返答が必要だと実感したできごとでした。

値札で大事なところを切った男性

値札

シンガポールの就労経験で最も忘れられないトラブルの思い出があります。閉店2時間前、ある男性客が自分の彼女を連れて顧客サービスカウンターまで相談にいらっしゃいました。

内容は、なんと水着を試着した際に、内側についていた値札で下半身の大事なところに傷をつくってしまったというのです。要求としては、購入しなくてはいけなくなった商品代金の免除と、負傷部分の治療費を含む慰謝料

ただ、負傷部分の確認をした証人が一緒にいらっしゃった彼女しかおらず、対応が困難でした。

そこで、販売したスタッフに説明を求めると、水着は通常試着のお断りをしている商品だが、特別に試着の許可をしたとのことでした。直接身につけて試着するとは思わなかったし、いずれにしても、もう売ることはできないので買い取りは不可避であると主張していました。

理解できる理由だったため、お客様に商品代金はお支払いしていただき、下半身の負傷部分に関しては、医師の診断書を持って改めてお越しいただくということになりました。

納得できなかったお客様は、その後当直の男性マネージャーの同情を誘い、裏で負傷部分を見せるので確認して欲しいだの、歩くと痛いので帰りのタクシー代を出して欲しいだのと暫く粘っていました。

閉店の時間となってしまったため、なんとか諦めて帰っていただきましたが、その後も医師の診断書を持ってご来店することはなかったので、最後まで真偽は分からずじまいでした。未だに謎の多い、私にとって最も忘れられない出来事となりました。

まとめ

シンガポール

当地での就労期間は長くありませんでしたが、3年5ヶ月の間にたくさんの衝撃的なケースに遭遇しました。今では、自信の繋がる貴重な経験をさせていただけたと思っております。

精神的にタフではないと辛い現場ではありましたが、その分メリットもありました。デメリットをあげてしまうと苦労ばかりが目立ちますが、その中で成長し、多くを学べたことは良いことだと感じます。

私の経験談が、これから当地での就職や転職を考えている方のご参考になれば嬉しい限りです。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
さいた まなみ

さいた まなみ

投稿者プロフィール

シンガポール在住の2児の母。大学でフランス文学と日本語教育を修了し、大学卒業後、新卒でシンガポールの日系デパートへ就職。出産に際し退職するが、添乗員の資格と幼児教育関連の資格を活かしライターとして活動中。

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 旅行バッグ
  2. 楽天カード
  3. 海外就職求人サイト
  4. リクルートエージェント
  5. グッドポイント診断
ページ上部へ戻る