海外求人サイトGuanxi

こんなことが本当にあるの?アメリカ小学校で教師として働く中での驚き実体験エピソード

  • 公開日:
小学校の子供達

少し失礼な話ですが、私はアメリカで教師の仕事をするまで、どの国であろうと「教師」の仕事は毎日が同じことの繰り返しで「つまらない日々」だと思っていました。

私は過去3年、アメリカで教師の仕事をして来ましたが、何一つ同じ日だったことはありません。そこには小さなドラマがあります。

個性がある子供であればあるほど、周囲を笑わせたり心配させたりするものです。アメリカの小学校では、その規則の中で周りと調和することを促すことはあっても、個性を失わせるようなことはしません。

ここでは、あまり日本で知られていないアメリカでの小学校のシステムを紹介しながら、私が実際に経験した「信じられない」3話の実体験エピソードをお伝えいたします。

アメリカの小学校は幼稚園から

アメリカの小学校は日本の幼稚園の年長に当たる5歳から始まります。この年齢で周りとうまく融合しながら、学校生活でアルファベットのABCや数字の123を学んでいきます。

20〜30年ほど前まではアメリカの幼稚園でも遊びが主流で、お絵かきをしたり、歌を歌ったりと毎日を楽しんでいたようです。

しかし最近では、世界の国々との勉強競争で引けを取らないようにと、以前の小学校1年生がやっていた内容を幼稚園で行う傾向にあります。

ペイント

とはいえ、まだ5歳という年齢では個人の成長により、勉強に対する緊張感が違います。

成長が早い子は、手を上げてしっかりした意見を述べられますが、成長の遅い子は手を上げるどころか集中力に掛け、周りをキョロキョロとしたり、隣のお友達に話掛けたりしています。この年齢で、早く生まれた子と遅く生まれた子の差は大きいです。

エピソード 1. 自分の名前が覚えられない?

ある日、いつものように教師として教室に入り、子供たちが落ち着いてから出席を取り始めました。この日は幼稚園のクラスを受け持ちました。

低学年の子供たちの場合、私から名前を言って点呼を取るのではなく、子供たちに自分で名前を言わせるようにしています。そうすることによって名前の読み違いがないことを確認し、また子供たちに少しでも自立心を植え付けるためです。

この日も順番に名前と顔を確認していると、ある子の番になりました。年齢の割にまだ背の低いその子は、目がクリクリとしたマッシュルーム・ヘアの男の子。落ち着きがなく周りをキョロキョロとしていたので、時間を掛けて名前を聞く事にしました。

「お名前は?」 (“What is your name?”)

「ん・・・と」(“Hum…” )

「名前を教えてください。」(“Tell me your name.”)

「あの・・・」っと自分のスペルを言い出す。(“Well… S.A.N.T.I.A.G.O)

「自分の名前をスペルで言えるのに、名前を言えないの?」(“You can spell your name, but you can’t say your name?” )

「えっと、このお友達の名前はジョンで、あの子はクリス。」っと友達の方を指しながら、友達の名前を次々と紹介してくれました。(“Let’s see… His name is John, and he is Chris…” )

「じゃ、もう一回聞くね。名前を教えてください。」 (“Ok. I am going to ask you again. Please tell me your name.”)

沈黙(“…”)

「あなたの名前はサンチアゴでしょ?」(“Your name is Santiago, right?”)

「うん。たぶんそうだと思う。」(“Yep. I think so…)

私はその子の最後の反応を見て、「マジかぁ?」っとツッコミたくなりました。漫画のキャラクターにいそうなその雰囲気は、自分の名前が言えなくて「残念」なのではなく、そのキャラクター通りの行動。

この年齢の子供にはできない自分の名前のスペルを完璧に言え、周りの友達の名前もすべて言えるのに、自分の名前が言えないとは信じがたかったです。

ちなみにクラスの子供たちに「サンチアゴは私をからかって、冗談を言っているの?」と聞いてみたら「いつもこんな感じだよ。」っと言われ、私は「頭の良さと悪さは紙一重だな。」と驚きました。

アメリカ小学校の通学手段

アメリカの小学校へ通うには、徒歩・通学バス・車の送迎という手段があります。徒歩時間が15分以内だと学校側がそのエリアを徒歩通学と指定してきます。これは幼稚園児も同じです。

これらの通学手段は、新学期が始まるときに学校へ申請しなければいけません。それは先生たちがすべての児童たちの登下校を把握しなければならないからです。

日本と違い、アメリカはどんなに安全な地域でも何が起こるか分からないという理由で、学校側のセキュリティがとても厳しいです。

このセキュリティの厳しさは、知らない人が児童を連れ去ってしまうことの恐れ、また銃が許されている国ということで子供たちに危険が及ばないように安全を確保するためでもあります。

それに加え離婚した夫婦の場合、相手の配偶者に子供を引き渡したくないという親もいるため、父・母・祖父母・ベビー・シッターなど、必ず誰が迎えに来るのかも事前に記載する義務があります。

徒歩の場合は、担任の先生が小学校2年生までの児童を保護者へ学校で直接引き渡すことが義務付けられています。車での送り迎えも、他の先生方が保護者を確認後、ドライブスルーで子供の引き渡しを円滑にしています。

またスクールバスの場合、各バス停に着いた時、バスドライバーが小学校2年生以下の児童の保護者を確認してから引き渡すことになっています。

このような登下校のため、特に学校が始まってからの1週間、幼稚園児に対し、学校側は登下校時に入念な対応をします。

エピソード 2. 初めての通学バス

スクールバス

去年の秋、子供たちの期待と不安を胸に新学期が始まりました。初日は学校関係者が総勢で児童に注意を払っていました。

日本と違い、少しずつ児童を学校に慣らすのではなく、初日から1日授業となります。そのため、午後になると子供たちが疲れてきます。アンソニーもその内の一人でした。

体がまだ小さいヒスパニックのアンソニーは、新しいことをするのに好奇心のある男の子。初日から先生に良く注意されていました。

ベルが鳴り、初日の長い授業がやっと終わりました。先生たちが手分けをして、徒歩・バス・車のお迎えの子をグループ毎に教室内で分けました。いよいよ帰宅です。

徒歩で帰る子は親が迎えに来るので、直接子供を引き渡します。また車送迎の子も、車に乗った親を確認しながら子供を直接引き渡すため手違いはありません。

問題はバスで帰る子供たちでした。バスは6台に分かれてそれぞれ帰ります。バスの番号順に分けられた子供たちは、校舎外で待機しているスクールバスまで歩いて行きます。

アンソニーはその日、周りのお友達としゃべっている内に、いつの間にか別のバス番号のグループへ紛れ込んでしまいました。そうとも知らず、初日のスクールバスに乗ってウキウキ状態。

幼稚園のアンソニーには2年生のお兄ちゃんがいるのですが、二人とも自分の友達と喋ることに夢中だったらしく、お互いに同じバスに乗っていないことに気がついていないようでした。

そしていざ、アンソニーのお母さんがバス停で待っていると、2年生のお兄ちゃんだけ降りて来たのでパニック状態。慌てて学校に連絡が行き、バスの運転手の間で無線連絡があり、アンソニーは別のバスに乗っていたことが判明しました。

私たち先生や母親はアンソニーが大泣きして母親に会いたがっている光景を想定していたのですが、母親から聞いた話によると、当の本人はニコニコしながらバスから降りたようです。

バスの運転手はアンソニーをバス停まで送る間、バスの中でアンソニーと会話がはずんでいたのだそうです。

私と他の先生の注意不足で反省しましたが、当のアンソニー本人はのんびり会話を楽しんでいたとは、やはりヒスパニック系の穏やかさは偉大だと思いました。

4歳児を持つ低所得世帯への援助プログラム「ヘッド・スタート」

アメリカで経済的に困難な家庭は共働きが多く、子供は「ないがしろ」にされることが多いです。早い内から学校生活に慣れれば、規則正しい学校のスケジュールに従う子供たちへと育って行きます。

低所得の学区は高校卒業率が低いため、政府としてはできるだけ子供たちの教育水準を高め、環境のよいコミュニティを作り、そして子供たちが将来コミュニティへ貢献することを促します。

そのため学区によって違いますが、その区の所得額が低い場合は連邦政府から補助金が得られます。

アメリカでは、入学時5歳に達している子供は幼稚園へ入ることができますが、低所得の家庭は親の学力が低いため、「ヘッド・スタート」という名のプログラムが適用され、4歳から始めることができます。

このプログラムは無償のため、その校区の住民は所得や家庭事情の書類審査で必要と判断された場合にのみ、入学が認められます。

給食

このプログラムでは、朝食・昼食・午後のスナックが出ます。子供によっては家に食べるものがないので、この補助食は子供たちの重要な食料源です。

学校で残さずガツガツ食べる子。トレイからこぼれ落ちた食べ物も気にせず食べる子。その様子を見ただけで、家庭の食生活が見えてきます。

エピソード 3. 給食の時間、滝のように流れたものとは・・・

4歳の子供たちは自分で上手にトレイへ食べ物をよそうことができません。そのため、カフェテリアではなく教室内で食事を取ります。

ある日、いつものように教室で昼食を食べていました。子供たちには、普段から残さず食べるように言い聞かせています

黒人の男の子ショーンにも「残さず食べなさい。」と言った後、ショーンはきちんと言うことを聞き最後まで食べていました。私は「ちゃんと言うことを聞いて偉いなぁ」っと感心していました。

するとショーンは「気持ちが悪い。」っと言ったので、トイレへ行くように言ったと同時にショーンは少しだけ床に吐いてしまいました。私は「どうしよう。」と思い、同僚の先生に事情を説明するため歩き出しました。

それと同時にショーンの方を振り向いた瞬間、ショーンの口からそれまでに食べたすべての食べ物が溢れ出て、まるでスローモーションの一コマのごとく、滝のような勢いで流れ出ていました

私は「うわぁ。残さず食べなさいなんて言わなければ良かった。」と後悔。

後から聞いた話ですが、ショーンはインフルエンザにかかっていたようで、吐いた後の1週間はお休みしたようです。私に言われたことを忠実に守って一生懸命食べていたショーンが気の毒で仕方なかったです。

子供の様子をしっかり把握して、指導してあげるべきだと痛感しました。

まとめ

小さい子供たちは、とても純粋です。家庭環境が整っていないためきちんとした教育を受けていない子供たちは、自分の状況を知らず学校で学んでいきます。

周りの友達の名前がしっかり覚えられるのに自分の名前が分からないのは、周りの子供たちとうまくやって行きたいと思う証。また、学校初日に自分のうかつな行動の後も、楽しく過ごした陽気なアンソニーには感心しました。

そして、私の言うことを聞くがあまり吐いてしまったショーンは忠誠心の賜物です。私にとって子供たちの個性は、毎日が面白エピソードです。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る