海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

インドネシアへ移住!スラウェシのマナド生活の5つの魅力とは

  • 公開日:
  • 更新日:
マナドのビーチ

「インドネシア」と聞けば有名な観光名所、バリ島の事が思い浮かぶ人が多いようです。インドネシアは1万7000以上の島から成り立っている国で、2億人を超える人口は世界で第4位として登録されています。

この多くの島それぞれに、全く異なる住民たちのキャラクターや宗教、言葉があることをご存知でしょうか?この記事では私が住んでいるインドネシア、スラウェシ島の町マナドの5つの魅力についてぜひ紹介したいと思います。

マナドの魅力 「とにかく明るく賑やかな人たち」

私がインドネシアに初めて来た時、1番驚いたのはマナドの人たちのキャラクターでした。近所の人たち、家族、友達同士とよく集まりとにかくおしゃべり。

そして面白いことが大好きで、家の中にいても外を歩いていてもよく大きな笑い声を耳にします。見知らぬ人も大歓迎。すぐに受け入れられます。

ここまではインドネシア人全てに共通することですが、特にマナド人はインドネシアの中でもかなり寛大でオープンな人たちが多いと思います。

私が町を歩いていても、「ダリ ジパン?」(日本人ですか?)といろんな人が声をかけてきます。そして「マカン、マカン」(食べていきなさい)と一緒に食事に誘ってくれたり、お土産をたくさん持たせてくれます。

市場では値段を現地の人より安くしてくれるところもあります。

そしてマナド人は、外国人が大好きな人たちとしても知られています。それにはいくつか理由があるのですが、もともとオランダの植民地だったことや、貿易が盛んに行われていたことなどから、外国に対する抵抗がないことがあげられます。

そしていくつかの国の血が混じっている人たちなので、顔や肌の色もインドネシア人の中でもっとも多くの人口をしめるジャワ人と比べてかなり違い、色の白い人が多く「美人が1番多いのはマナド」と言われるほどです。

マナドの魅力 「とにかく辛いものが大好きなマナド人」

食べ物

「辛くないと美味しくない」と小さな子どもから年配の人に至るまでみんなが口をそろえてこう言います。つまり辛ければ辛いほど美味しいということです。

インドネシアでは島によって様々な食事を楽しむことができますが、すべての場所に共通してサンバルソースというものがあります。

これは唐辛子を主に、スライスした紫玉ねぎやトマトなどで作る自家製ソースで、どの家にも置いてあります。

ジャワでは大きくて長い唐辛子を使用し、砂糖を少し加えた比較的甘いサンバルを楽しめるのですが、ここマナドでは1番辛い小さくて短い唐辛子を使用し、また砂糖は一切使用しません。

マナドといったらサンバルが辛いことでも有名だと、他の島の人たちは言います。辛いものが好きな人はマナドの食事を楽しむことができるでしょう!

しかしこれがとにかく辛いんです。最初食べた時は涙と汗がとまりませんでした。しかし地元の人たちは、このサンバルをほぼすべての食事にかけて食べます。魚、豚肉、鶏肉、野菜、本当にほぼ全てにかけます。

他の島から来たインドネシア人たちが辛すぎてお腹を壊したという話をよく聞きますし、私もその1人です。しかし、ずっと食べているとこれがクセになり、本当に美味しいんです。

他にもマナド人はなんでも食べる人たちということでも有名です。「4つ足がある物ならテーブル以外はなんでも食べる」とあるサイトで読んだことがありましたが、本当にその通りでした。

亀、カエル、ヘビ、トカゲ、猫、犬、コウモリなどとにかく何でもあります。パサールと言われる市場に行くと、普段食べないものがたくさん売ってあるので、覗きに行ってみると面白いです。ただすべてあのサンバルと一緒に料理されるので激辛です。

マナドの魅力 「イスラムの国でキリスト教の町、尊重しあう人々」

十字架

インドネシア人の90%はイスラム教徒です。残り1%がヒンズー、仏教、そしてキリスト教です。ここマナドではキリスト教徒が60から70%を占めており、残りの人たちはイスラム教徒です。

町の中を歩いてみると、どこもかしこも教会だらけです。多くの人たちは熱心に教会に通っている為、毎週日曜の朝は町が静かになります。

しかし多くの人は「宗教が人を救うのではない、信仰が救うのだ」と言い、イスラム教徒もクリスチャンもお互いに尊重し合って暮らしています。それでマナドはかなり治安も良く安心して暮らせます。

例えばイスラムの人は豚を食べませんが、冠婚葬祭で様々な人が集まる時、クリスチャンの食事とイスラムの人たちの食事は分けられています。

イスラムが断食をする期間は、彼らの前で食事することに気を遣ったりするクリスチャンの人側の親切や気遣いも見受けられます。

そのようにして2つの大きく異なった宗教の人たちが互いに尊重し、平和に穏やかに生活しているのもマナドの魅力です。

マナドの魅力 「まだ手のつけられていない素晴らしい自然!」

マナドは、「ダイバーの聖地」と呼ばれています。有名なのはブナケンと呼ばれる島で、毎日世界各地から、またインドネシア国内からも多くの観光客やダイバー達が、ここでしか見ることのできない魚や海の中の素晴らしい世界を見に訪れます。

特にマナドはダイバーの中でも穴場です。他にもシラデン島など小さい島が近くにいくつかあり、すぐに船で遊びに行けます。

ダイビングをしたことがなくてもスノーケルで十分楽しむことができ、海ガメや蛍光に輝くピンクや黄色や青の魚達と一緒に泳ぐことができます。いちいち船に乗って沖に行かなくても、海岸から泳いでスノーケルできるのも最高です。

また一定の時間になると潮が引いて姿をあらわす島もあり、その島に立つと360度海を見渡せます。それぞれの島にリゾートホテルがいくつもあり、値段もピンキリで、安いところだと日本円で一泊2,000円からあります。

このような島にすぐに遊びに行けるのもマナドならではの魅力です。

マナドの魅力 「マナドにしかいないタルシウス」

タルシウス

マナドから車で2時間ほど行くと、タルシウスと呼ばれる世界最小の手のりザルを見ることができます!体調10センチから20センチと小さく、目がギョロっとしていて、片手に乗せられる大きさでとってもかわいいです。

タンココ保護区で夕方から始まるツアーなどに参加すると、夕方から夜にかけて密林を歩きます。マナドでは山に入ると、山がヤシの木で成り立っていることに気づきます。

七色に輝くトカゲやカラフルな鳥達にも出会うことができ、ジャングルを歩いて探検しているような気分になります。海と山、両方楽しめるマナドの有名な遊び方の一つです。

まとめ

マナドの5つの魅力について取り上げました。手のつけられていない山や海の自然、寛大なマナド人たちに囲まれての生活はとても居心地がよく、毎日さわやかな気持ちになります。

日本とは大きく異なる食文化、宗教観などにマナド人と話していて気付かさせることや考えさせられることも多いです。マナドは広い見方をできるようにしてくれたり、人間として大きく成長できるよう助けてくれる町だと私は思います。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

インドネシアで働くには?日本人向けの仕事と求人の探し方・インドネシア就職方法

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る