海外求人サイトGuanxi

バリ島に移住!バリ島生活をして思う5つの魅力

  • 公開日:
  • 更新日:
バリ島

皆さんは「南の島」と聞いてどの国のどんな島を思い浮かべますか?青く透き通る海、燦燦と輝く太陽にそよぐ海風、よく冷えたココナッツジュースを運んできて微笑む浅黒い肌の現地の人たち……

そんな南の島でバカンスを過ごしてしまったら「ああ、このままここでいつまでも暮らしてみたい……」なんて思いが頭によぎる方もたくさんいるのではないでしょうか。

今回ご紹介するバリ島は、年間20万人以上の日本人が観光に訪れるといわれる、言わずと知れた有名な南国のリゾートですが、この島にはそんな南の島の魅力に惹かれて旅行ではなく移住して南の島暮らしを実現する日本人が実はたくさんいらっしゃるのです。

そんな移住者が、バリで暮らしていてやっぱりよかったと思える、バリ島南国ライフの魅力をご紹介していきましょう。

バリ島は暮らしていくにはちょうどいい島の大きさ

バリ島

バリ島の大きさは面積約5,500Km2。愛媛県とほぼ同じで東京都の2.5倍ほどの大きさになり、車で島の海岸沿いをぐるっと一周するとちょうど朝から夜まで10時間くらいかかる大きさになります。

その中には標高3,000m以上のアグン山や標高1,700mのバトゥール山をはじめ大小たくさんの山が連なり、麓には青々とした田んぼが広がります。

その景色は遠い海外にいるのに私達日本人にはどこか懐かしさを感じるほどに目に優しく映るのです。

旅行ではなく暮らしていくとなると、目に新鮮な異国の景色ばかりではいずれ疲れてきてしまうもの。日本人がバリ島なら暮らしていけると思うのも、この景色あってのことかもしれませんね。

そして暮らしていくとなると、自分が暮らすと決めた街でも山でも海辺でも、やはりいずれは日常の景色になってしまい、違う景色や環境に憧れてしまうものですが、バリ島では海の近くに住むならば有名なウブドなどの山間のリゾートへ、山側に暮らすなら海辺のリゾートへと、1~2時間の移動で手軽にプチ旅行ができるのもとっても大きな魅力です。

バリ島は物価は低いのでお金次第で選べる生活スタイル

フルーツ

暮らしていくとなると誰でも一番の関心事は生活費ですね。

東南アジアへの海外移住は、物価が日本よりも安いということでほかの地域に比べると海外移住のハードルも低いという印象があると思いますが、バリ島での実際の生活費をライフスタイルごとにご紹介してみましょう。

食費

バリ島は何といっても外食が安いです。

現地の人と同じように食堂や屋台でナシ・ゴレンやナシ・チャンプルといったインドネシアの料理を食べれば、一食約150円くらいですみますし、市場など現地の人々と同じような場所で買い物をすれば、野菜も肉も日本の約半額ほどでそろえられます。

ですが、暮らすとなると食事は毎日のことなので、やはり食べなれた日本食も恋しくなりますよね。

バリ島には日本食レストランや居酒屋のような場所もたくさんあるので困ることはありませんが、そういったところで食事をすると値段はほぼ日本と同じくらいだと思っていただいていいです。

居酒屋さんのような場所で友人と飲み会などすると一人3,000円くらいの出費になる感覚です。

実はバリ島での食事で一番の魅力は、世界中のツーリストが集まる島なのでイタリアン、中華料理、地中海料理、ハンバーガーと世界中の素敵なレストランがたくさんあることで、お値段も様々ですが、間違いなく日本よりも安くて素敵な雰囲気のレストランでの食事が楽しめますよ。

バリ島があるインドネシアはお酒の関税が高いので国産のビールなどは大瓶一本300円ほどで飲めますが、ワインやウイスキーなどはびっくりするほど高いことも追記しておきますね。

住居費 家賃

これは特にライフスタイルによって大きく変わる部分ですね。

空港近くの街中でワンルームのアパートのようなところを借りてまずは暮らすとしましょう。ベッドやエアコンなど基本の家具がついて家賃は月2万円ほどからあります。

もう少しレベルアップしてプール付きのマンションのような物件になると月5万円ほど。家族と暮らすために二階建ての一軒家を借りますと一年契約が一般的で、一年50万円ほどです。

例えばプライベートプールのついたヴィラなどを土地付きで購入しますと約3,000万円ほどしますが、こんなヴィラを賃貸で借りると一年100万円ほどが相場です。

家賃だけを見て日本の相場と比較することは難しく、水道や雨漏りなどインフラの問題もあります。

ですが、バリに住んでいてよかったと思えるのは、こちらの家はどこでも天井がとっても高く広々としていて、ソファでゆったりと過ごす気分はプライスレスという点です。

バリ島に暮らす人達はフレンドリー

バリ島に暮らす人達

日本ではスーパーマーケットや電車の中で見知らぬ人と目があってもすぐに目をそらして素知らぬ顔をするものですが、バリ島ではほぼすべての人が微笑みかけてくれるか話しかけてきてくれます。

大きな島ごとに言葉も文化も違うインドネシアというお国柄、現地の人たちは異文化や他所からくる外国人に対しても寛容な空気で、うまく言葉が伝わらなくてもコミュニケーションはできますし、バリの言葉も喜んで教えてくれます。

また日本人に限らず、世界中からの移住者が集まる場所です。ヨーロッパ人やオーストラリア人、韓国人など同じくバリ島で暮らす外国人の仲間達がたくさんできますよ。

相手が笑顔ならこちらも笑顔になるのが人の情。いつでも笑顔に囲まれて生活していけるのはとっても贅沢なことですね。

一年中太陽と青空!バリ島の天候・気候が素晴らしい

晴れ

年間の平均気温が約28度という熱帯の島バリ島ですから、一年中暖かいのはもちろんなのですが、毎日必ず青空が広がるのです。

雨期といって11月~3月の雨が多い時期でも、一日中しとしと雨が降るようなことはなく、朝方や夕方にザーッとすごい勢いで雨が降っても、やんだらまた青空が大きく広がるどこまでもスカッとしたお天気こそ、南国の最高の魅力です。

冬がなくて暖かいのは体にはとてもいいことで、日本にいた頃に比べて体調が良くなった、持病が出なくなった、などリタイア後に移住される年配の方々からもよく聞く話ですし、毎日広がる青い空は心も健やかにしてくれます

バリ島と日本との行き来が簡単にできる

日本とバリ島は直行便で約7時間の距離。飛行機は東京、関西からはインドネシアの航空会社ガルーダ・インドネシアのほか、最近では成田発着のLCC航空会社大手エア・アジアも毎日運航しています。

ピークシーズンを外してチケットを探せば片道で10,000円台で買えるチケットもたくさんあります。この値段なら日本国内線の移動と変わらないですね。

最近ではこのLCCのチケットを使って年に数回、用事があるたびに帰国される移住者も増えています。

日本に行くことがこれだけ手軽で、どこにいてもインターネットがつながる現代でしたら、日本での仕事など維持したままでバリ島にプチ移住なんてことも夢ではありませんよね。

まとめ

そんなにいいことばかり言われたって、現実には海外で暮らすなんて大変なことも嫌なこともたくさんあるんじゃないか、なんて声が聞こえてきそうですが、確かに海外移住はいいことばかりがあるわけではありません。

ただ、困難なことがあるからといってバリ島で暮らすことで得られるメリットがなくなるわけではありません。

バリ島では大きく広がる青空も、人懐っこい笑顔の現地の人も、同じように移住を考えてやってきたまだ見ぬ友人も、きっとあなたを待っているはずです。 

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

インドネシアで働くには?日本人向けの仕事と求人の探し方・インドネシア就職方法

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

shink

投稿者プロフィール

インドネシアはバリ島へ移住して10年。妻と二人の子供と暮らしてます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る