海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外在住歴10年の海外転職のプロが監修・運営しています。

シンガポールで働くメリットとは?20代女子の私がシンガポール就職を選んだ理由

  • 公開日:
  • 更新日:
シンガポールで働くということ

海外で働いているのは、何も日本から派遣された駐在員だけとは限りません。今は自らチャンスをつかみに海外に進出する時代です。

実際にシンガポールで就職した私が、なぜシンガポールで働くことにしたのかをご紹介します。

シンガポールで就職した私の基本スペック

  • 性別・年齢:女性・20代
  • 勤務先:在シンガポール日系電子会社
  • 英語力:日常のコミュニケーションが取れるレベル
  • 副業:ライター

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

海外就職に興味を持ったのは元々海外が好きだったから

学生時代には、長期休暇が始まるとすぐにバックパックを背負って海外に出ていた私。旅先でトラブルを乗り越えるうちに、そして多くの人と出会ううちに語学力はだんだんと上達し、コミュニケーションレベルの英語力は大学生のうちに身につけていました

その頃から、「海外で働いてみたい」と漠然と思っていたのですが、現実問題どのように外国で就職するのか想像もつかず、大学卒業後は日本で就職し、目の前にある仕事をこなす日々を送っていました。

オーストラリアでのワーホリを皮切りに海外就職の道を探る

本当にありがちな話なのですが、一度日本で就職したものの、ワーホリ(ワーキングホリデー)制度を利用してオーストラリアへ逃げるように渡航。

現地でも運よく仕事が見つかりましたが、ワーホリは通常1年で終わってしまうので、息をつく暇もなく次の活路を見つける必要がありました。

しかし、どこの国も就労ビザの取得は難しいのが現実です。そのため、オーストラリアの次もワーホリ制度を利用できる国にしようと考えていました。英語圏だけでもイギリスカナダ、それからオーストラリアのお隣のニュージーランドなど、選択肢はたくさんあります。

ワーホリは仕事の選択肢も滞在期間も限定的

ただ、それらの国に行くには迷いがありました。いろいろとリサーチした結果、上記の国々(イギリス、カナダ、ニュージーランド)では日本食レストランでの就労以外の選択肢が非常に少ないのです。

また、ほとんどの国が滞在期間に制限を設けています。期限が過ぎれば、否応なく日本へ帰国する未来が見えていました。

30歳が近づくにつれ、自分の人生、キャリアについて真剣に向き合わざるを得なくなっていました。

海外就職先として条件がぴったりだったシンガポール

シンガポールは選択肢の中になかったのですが、「ワーキングホリデープログラムがある国」を探していたら、シンガポールが目に飛び込んできました。

その後、シンガポールでのワーホリは要綱が変わってしまったようですが、当時はまだ有効だったので、すぐに条件を調べ必要書類を揃えて申請しました。

以前から「マルチカルチャー」「ビジネスプランの最先端の国」という良いイメージをシンガポールに持っていたのに加え、就労ビザについても取得が難しくないことがシンガポールへの渡航を後押ししました。

決め手になった4つのポイント

シンガポールを選んだ理由を整理すると、シンガポールが大好きなのでどうしてもシンガポールに行きたかった!というよりは、

  • ワーキングホリデー制度が利用できた(当時)
  • シンガポールに対する良いイメージがあった
  • 就職先が見つかりやすかった
  • 就労ビザが取得しやすかった

大きく言えば、以上の4つのことが決め手になったと思います。

シンガポールで働いて良かった3つのこと

以上の理由で比較的簡単にシンガポールへの渡航を決めてしまい、その後、現地で就職してしまった私ではありますが、実際シンガポールに来たメリットはとても大きいと感じています。

もちろん日々生活する中でマイナスの部分もありますが、私が思うシンガポールで働くメリットは、

  • 就労ビザが取りやすいので、無期限で滞在できる
  • 日本のように労働時間が長くない
  • グローバルな会社の戦略、取り組みを学べる

ということです。

周囲の人から良い影響を受けられる

私は日系企業で働いていますが、従業員が多国籍である上、会社の外では様々な業種の人と知り合う機会があるので、そこで最新のシンガポールビジネス事情を常に更新するようにしています。

自分からチャンスをつかみにシンガポールへ来ている人が多くいるので、そのモチベーションの高さに触発され、いい意味で緊張しながら仕事ができるところも気に入っています。

まとめ~最初のステップとしておすすめの国

私がシンガポールへ来た時から就労ビザの取得は年々厳しくなっていますが、それでも北米やヨーロッパ、それからオーストラリアと比べるとまだまだ取りやすいと言えると思います。

多くの人がシンガポールを選ぶ一番の理由はこれではないでしょうか。

キャリアアップにはステップが必要なので、最初のステップとして就労ビザの取得が簡単なシンガポールを選んでみてもいいと思います。そこで見えてくるものがあれば、軌道修正をかけながらキャリアを磨いていきましょう!

シンガポール就職・シンガポール転職するには

シンガポールで理想の仕事を見つけるには、転職サイトを使い気になる求人をストックしておくことが大事です。情報収集が進めば、より具体的にシンガポールにいる自分をイメージできます。

以下の転職サイトは待遇がしっかりした求人が多いので、不安の多い海外転職でも安心して利用できます。登録は3分程度、利用は全て無料です。

【おすすめ転職サイト】

あわせて登録したい:あなたの挑戦を待っている!海外就職専門求人サイトGuanxi

登録したからといって、必ずしも転職したりコンサルティングを受けたりする必要はありません。まずは気軽に興味のある求人がないか探してみましょう。 

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【シンガポール求人】未経験でもシンガポール就職を狙える転職エージェントまとめ

シンガポールで働くには?シンガポール就職したい日本人が日系企業・外資系企業に転職するために

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

就職・転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る