海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

南イタリアのプーリア州で食べたい美味しい名産品をご紹介!

  • 公開日:
  • 更新日:
イタリアの海

私が南イタリアの魅力に取りつかれてから早10年以上、イタリアのさまざまな地域でマリン・リゾートを体験してきました。その中でも、美しい海のみならず、超ハイレベルの食文化で訪れる者の心を鷲掴みにしてしまうのがプーリア州です。

この記事では南イタリアのプーリア州を訪れたらぜひ食べてみていただきたい名産品を5つご紹介します。あまり日本では知られていないものもありますが、一度食べたら病みつきになるものばかりです。ぜひチェックしてみてください!

ブラータチーズ

ブラータチーズ

写真の左手前、巾着のような丸っとした形のものがブラータチーズ(伊:Burrata)です。食通の人ならこの名を聞いたことがあるかもしれません。日本でも一部の高級イタリアンで振舞われることがあるようです。

このブラータチーズはプーリア州の名産品として有名ですが、新鮮なものはとても足が早いため輸出に適しません。イタリア国内でも高級なものは出荷が難しいとされ、賞味期限がたったの1日半という代物もあります。

そのため、本当に良質のブラータチーズを味わうにはプーリア州に出向く必要があります。

皮の部分はモッツァレッラに近い食感で、中はとろっとろのクリーム状。若干の酸味がある爽やかな風味で、ヨーグルトとチーズの中間のような味わいです。

パルメザンなどの固いチーズと比べると塩分はかなり控えめなので、パンなどに載せるというよりはそのまま食べたり、生ハムと一緒に食べると美味です。

オレッキエッテ

オレッキエッテ

写真右側のお皿がオレッキエッテ(伊:Orecchiette)のトマトソース和えです。「オレッキエッテ」とは、直訳すると「小さな耳」という意味で、その名の通り耳のような形をしたパスタです。

ムニムニの食感がクセになる、プーリア州の名産品ですが、こちらはイタリア全土で味わうことができます。ただやはり発祥の地だけあって、プーリア州では遭遇率がとても高く、人気のあるパスタです。

フリゼッラ

フリゼッラ

フリゼッラ(伊:Frisella)は日持ちするので、お土産に持って帰ることも可能なプーリア州の名産品のひとつです。

二度焼きされたカッチコチのパンなのですが、その上にオリーブオイルで和えたトマトなどを載せることでパンが水分を吸収し、少し柔らかくなったところをいただきます。写真では氷がひとつずつ上に置かれています。

固い部分と柔らかい部分の食感が混じり合って絶妙なハーモニーを作り出します。香ばしいパンの風味とトマトの酸味がとても良く合います。

いちじく

いちじく

私のプーリア人の友人は「プーリアに来ていちじく(伊:Fichi)を食べずに帰るなんてあり得ない」と言い放ちます。

そのくらいいちじくはプーリア人にとって身近なフルーツで、青果店はもちろん、個人宅の庭や道端でもたくさん見つけることができます。

大きいものも小さいものも、緑色のものも紫色のものもとにかく甘く、いくらでも食べられてしまう美味しさです。いちじくは女性ホルモンのバランスを整えたり、胃腸にもよいといわれているので、便秘に悩む女子の心強い味方でもありますよ。

スカンピ

スカンピ

もはや「スカンピ(伊:Scampi)」というイタリア語は日本でも通じますね。手長エビのことを指す単語です。西欧諸国では生で魚を食すのに抵抗を示す人が多いものですが、プーリア州はじめ南イタリアではエビや貝類を生で食べる習慣があります

前菜(Antipasto)の一種として、生の魚介類の盛り合わせなどを提供するレストランが多く見られます。レストランで食べるのももちろんいいのですが、生なのだから魚屋さんで買って食べたっていいわけです。味に変わりはありません。

レストランの前菜で出される生スカンピの美味しさとその量の物足りなさから、私たちは昨年のバカンスにこの試みを思いつきました。

直接魚屋さんに行って好きなだけスカンピを購入し、宿泊先で食べ放題状態のスカンピ・パーティーを開催してみる、というアイディアです。

用意するものはスカンピとレモンだけ。魚屋さんから簡単な下準備をレクチャーしてもらい、飽きるまで生スカンピを食べました。

教えてもらった下準備は、食べる前に海水もしくは塩水で3~4回ほど洗う、というシンプルなもの。1キロ20ユーロほどで購入できるので、レストランよりずっと安く満足感を得ることができますよ。

南イタリアのプーリア州には美味しいものが溢れてる

「プーリア州ではダイエットは不可能」と言われる通り、本当にこの州は美味しいもので溢れています。まだまだここではご紹介しきれていない美味しい名産品があるので、また次の機会にレポートできればと思います。

プーリア州を訪れる際にはぜひ、ローカルなお店でプーリア人たち自慢の名産品の数々を堪能してみてくださいね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Azuceninaライター

投稿者プロフィール

オペラ歌手・メッゾソプラノ 2013年よりドイツ・トリーア市在住 イタリア、フランス、ドイツを中心に活動中

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る