海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外在住歴10年の海外転職のプロが監修・運営しています。

ニューヨークで日本人が見つけやすい求人5選

  • 公開日:
  • 更新日:
ニューヨーク

ニューヨークは言わずと知れた、大都市。外務省の統計によると、2017年はロサンゼルス、バンコクに続き、ニューヨーク都市園は世界で3番目に在留邦人が多い都市で、約46,000人。

駐在だったり永住だったり、ステータスは違うものの、日本人がどれだけ多いかわかります。

したがって、日本人、または日本語ができる人材を求める広告を見かけるのが、アメリカのほかの地域より断然多いです。よく見かける求人の分野は飲食店・スーパー、学校関連、医療、日系企業、美容関係など、幅がとても広いです。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

ニューヨークの飲食店で日本人向け求人

日本食料品店スタッフ

ニューヨーク

日本食料品を扱うスーパーが数多くあります。マンハッタンだけで数店舗ありますし、クイーンズやブルックリン、ウェストチェスターやニュージャージーなどそれぞれ2~3店舗あるので、このエリアだけで15店舗以上あるのではないでしょうか?

そして、それぞれのお店で随時正社員なり、パートなりを募集しています。大きなスーパーではフードコートもあり、それぞれ出店しているお店でも求人広告が出ていることもあります。

レストランのスタッフ

スーパー同様に多いのが、日本の食べ物を扱ったレストランです。種類は本当にさまざまですが、リーズナブルなお弁当屋さんとかラーメン屋さんから、居酒屋、そして高級日本食店やすし店まで数多くのレストランがあります。

もちろん現地の人を雇っているところはたくさんありますし、そうであるべきだとは思います。

でも高級店になると、日本人ならではのきめ細かいサービスなどがこちらの人と感覚が違うと思いますし、やはり日本語はちゃんと話せる人が必要なときが多々あるかと思います。

日系情報誌の求人広告欄では、いつもどこかのレストランがスタッフやマネジャーを募集しています。

ニューヨークの学校で日本人向け求人

鉛筆

日本人向けの学校や塾

日本人が多いので必然と補習校や塾など、保育園・学校・教育関連の求人もよく見かけます。教員免許の資格を持っている人を探している広告もみたことがありますが、資格がなくても応募できるような案件も見たことがあります

多くの日本人の親が自分の子供にちゃんと日本語を話してほしいとか、日本の文化を知ってほしいと思っているので、教える側の需要は高いのだと思います。

大学などの日本語教師

あと、大学やチューターで日本語教師を探しているのをちらほらみかけます。

大学だと大卒だったり、経験だったりといくつか条件があります。しかし、チューターだと求められているレベルが下がり、日本語を教えるのに興味はあるけど、資格はもっていない人が経験を積むのにいいかもしれません。

ニューヨークの医療系で日本人向け求人

家

日本人の医師や歯科医がいる医院

このエリアでは日本人や日本語が話せる先生、スタッフがいる医療機関がいくつかあります。

内科、外科、皮膚科などそれぞれの専門の先生が1つのクリニックで働いていたり、カイロプラクティックとか歯医者は独立して個人のオフィスを持っている先生もいます。

そして、日本人の患者が診療にやってくるので、受付事務などは日本語が話せる人がいるとかなりのプラスだと思います。

歯科衛生士なら資格が必要でしょうが、一般的な事務の仕事はそれがないはずなので、その分野で経験が少なくても職に就くことができます。

ニューヨークの日系企業の現地採用求人

看板

このエリアには金融関係から運送、アパレル関係と数多くの日系企業がありますが、それらの会社で何かしらのポジションの現地採用があります。

例えば旅行会社。日本の大手がニューヨーク支店を持っています。これは日本から派遣されている人もいるし、現地で採用されるエージェントの人もいます。

募集されるポジションは、企業によって、またそのときの必要性によって多種多様ですが、日本語も英語もでき、日本企業のやり方や雰囲気をわかっているだけでも、ほかの求職者と比べて有利です。

オフィス内でもそうですが、先ほど挙げた旅行会社などは利用客・顧客がほとんど日本人だと思われるので、やはり同じ条件だったら日本語ができる人材を雇うと思います。

ニューヨークの美容系で日本人向け求人

ヘアードレッシング

在留邦人に重宝される日本の美容師

美容関係の仕事の求人もよく見かけます。主に美容師。髪質がアジア人と西洋人は違うのもそうですし、スタイルやはやり、好みがかなり違います。なので、日本人の美容師はアメリカ在留邦人にとても重宝されます

これは専門職なので、その道を既に進んでいないとすぐに働きだせませんが、医療と同じで、受付やアシスタントの業務を主とした仕事で募集されています。

ネイリストも募集を見かける

美容師のほかに、日本人ネイリストもときどき求人広告を見かけるので、需要があります。

こちらのネイルサロンに行くと、質が驚くほど低いです。爪の研ぎ方から塗る工程まで、ちゃっちゃとやっつける感じなので、日本人のネイリストは丁寧さと日本人好みなデザインなどでかなり喜ばれます

まとめ

今までアメリカの東海岸のほかの都市に住んだことがありますが、ここまで多くの「日本人」を求めている求人案内を見たのはこのエリアに来てからです。

既に述べた以外にも、不動産会社や引っ越し業者など、本当にいろいろな職種で募集を見かけます。労働ビザの件さえクリアすれば、何かしらの仕事が見つかるのではと思うくらいあります。

インターンなどのポジションもあるので、経験を積みたいという人にとってはとてもいいエリアだと思います。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【アメリカ求人】アメリカ就職を未経験からでもねらえる!転職エージェントまとめ

アメリカで働くには?アメリカで就職・転職をしたい日本人が転職前に知っておきたい11のこと

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

kiks

投稿者プロフィール

アメリカ/ニュージャージー州在住。アメリカ勤務は12年ほど。
高校時代にアメリカ現地校に通学。アメリカの大学に4年、アメリカの大学院に2年通い卒業。
イタリア留学やホーチミンでのボランティアなど海外経験豊富。

就職・転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る