海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

経理、財務の経験を活かして海外で働く方法を伝授します!

  • 公開日:
オフィス

海外で働いてみたいと思うものの、何をしてよいのかわからない人も多くいると思います。また、どのようにして、今までの経験を生かして海外で働けるのかも未知数です。

どうせ海外で働くなら、今までの経歴やスキルを活かした仕事をしたいものですよね。

今回はイギリスやアメリカで働いている私の経験をもとに、経理、財務の経験を活かして海外で働く方法をご紹介します。

アメリカ、イギリスの場合はどうか

アメリカのお金

私はアメリカおよびイギリスにて日系企業の経理、財務および管理全般を担当していた経験があります。

国が異なると原則や決まりごとが変わりますので注意は必要です。特に税金は国によって大きく異なるため、もしあなたが経理や財務として働くことになったら、専門家である会計事務所に相談することをおすすめします。

アメリカとイギリスは先進国だけあって明快な会計原則と税務制度が存在しています。はっきりしているとともに、罰金にも厳格です。

少しの支払日の遅延や誤った報告、意図的な過小報告などには、有無をいわせず高額な罰金(利子)を課してきますので、正確かつ迅速に報告をすることを心がける必要があります。

経理、財務の経験を活かせる業界は?

パソコン

経理、財務の経験はどの業界でもある程度共通部分が多く、柔軟性はありますので、業界にこだわる必要はないと思います。幅広い業界で活躍することが可能です。

どうしても業界を絞りたいということであれば、自分自身が経験のある業界にチャレンジするのがよいでしょう。国が変わったとしても、業界特有の会計原則は類似している場合が多いので、飲み込みは早くなるでしょう。

日本人は日系企業で力を発揮できる?

窓の外の風景

日本人がいちばん力の発揮できるのは日系企業になるでしょう。もちろん地元企業に入社できるのであれば、それに越したことはありませんが、日本人だということで高く評価してくれるのは、やはり日系企業になります。

経理や財務は英語の書類が100%近くになりますが、本社や駐在員とのやりとりには日本語が必須になります。日本語でのコミュニケーション能力を高く評価してくれる日系企業は、日本人には有り難い職場環境になります。

大学の専門

大学

大学でなにを専攻していたかは大切な要素になります。欧米企業は経理や財務のスペシャリストを望みますので、AccountingやFinanceを専門に勉強していたのであれば、積極的にアピールしましょう。

日本の企業は法学部卒や文学部卒の人でも経理部に配属されたりしますが、欧米企業は専門性を求めるので、採用時から関連ある学部の人を採用する傾向にあります。

資格は必要?

パソコン

経理、財務の仕事をするのに資格が必要かどうかですが、必須というわけではありません。ただし資格を持っている方がよりよいポジションを得ることができる可能性が高くなります

アメリカで有名な会計資格といえばUSCPA(米国公認会計士)といって日本でいう公認会計士資格です。この資格を持っていると公認会計士事務所でも働けますし、一般企業の経理財務部門からは重宝されます。

まとめ

会議室

経理、財務の経験を活かして海外で働く方法をご紹介しました。一般論になりますが、海外は経理や財務に関わらず専門性を持っていることが自分自身の売りになります。

専門性を活かして寿司のシェフが好待遇を受けることもありますし、日本大工の技術と知識も重宝されます。海外で働きたいと少しでも思ってるならば、是非自分の専門性を活かしてみてください。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【アメリカ求人】未経験からでもアメリカ就職を狙える転職エージェントまとめ

アメリカで働くには?アメリカで就職・転職をしたい日本人が転職前に知っておきたい11のこと

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

tmk

投稿者プロフィール

アメリカ在住。米国カリフォルニア州サンフランシスコ、英国ロンドン、米国ハワイ州にて経理、財務、総務の仕事経験あり。

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 海外就職求人サイト
  2. シティ
  3. 楽天カード
  4. 旅行バッグ
  5. リクルートエージェント
ページ上部へ戻る