海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ブリスベンのエステサロンへ就職した話。就活の挫折から無事採用されるまで

  • 公開日:
  • 更新日:
オーストラリア(ブリスベン)で海外就職

海外就職を目標にオーストラリアの大学に留学した私。無事卒業することはできましたが、いざオーストラリアで就職活動を始めると思わぬ壁にぶち当たります。

今回はそんな私が体験したオーストラリアでの就職活動から、実際にオーストラリア就職をして感じたこと、得られたことなどを紹介したいと思います。

【求人をチェックしたい方はこちら】

外国人がオーストラリアで就職することの難しさ

オーストラリア(ブリスベン)で海外就職

留学やワーキングホリデーなどは一時的な滞在ですが、就職となるとある程度の長い年月、場合によっては一生住むことも考えられますよね。

つまりオーストラリアで就職活動をしようとする場合、

  • オーストラリアで長い年月働ける特別なスキルがあるかどうか
  • 永住権を保有しているかどうか

が採用の重要なポイントになってくるわけです。

オーストラリアで永住権を取得するには、移民局が指定する職種の仕事に就く(高度な技能や語学力が必要な場合が多いです)、オーストラリア人と結婚するなどいくつか方法はありますが、なかなか難しいと言われています。

大学卒業後、永住権はもちろん特別なスキルも持っていなかった私は、就職活動をすることすらできない状態でした。

「手に職をつける」のがオーストラリア就職する近道

そこで私は、まずは特別なスキルを身につけよう!手に職をつけてから就職活動をしたらいいんだ!と一念発起。さっそくオーストラリアの美容学校に通い、美容師としての資格を取得したのです。

そこから就職活動を開始し、オーストラリアの美容・エステサロンに無事に就職することができました。美容師になるためにオーストラリアに来たわけではないのですが、どうしてもオーストラリアで生活していきたいと思い、この道を選んだのです。

海外就職求人サイト
海外就職

オーストラリアの会社に就職したからこそ得られたもの

わたしが美容・エステサロンで働いていたのは前の話ですが、当時の上司やスタッフとは今でも連絡を取り合い、近況報告をしたり、たまに「手が足りないから手伝いに来てくれ」なんて仕事を頼まれたりすることもあります。

オーストラリアには日本人もたくさん住んでいますが、こちらで生活していこうと思うなら、できるだけ現地の人と知り合い、積極的に交流していく方がいいでしょう。そうしていると、現地の人ならではの情報を教えてくれたり、そこからさらに次の出会いに繋がったりすることもたくさんあります。

オーストラリアでの「人脈を広げる」という意味でも、日系の会社ではなく、オーストラリア現地の会社に就職したことは、とても良かったと思っています。

「ネイティヴですか?」と聞かれるほどの英語力にレベルアップ

オーストラリアに留学しようと決めた一番の理由が、「英語をうんと上達させたかった」からです。英会話を学んだ人ならば共感してもらえると思いますが、語学学校で英語を何年勉強したとしても、ある程度のレベルに達するとそこからなかなか伸びなくなるので、あとは実践で磨いていくしか方法はありません。

オーストラリアで就職し、また美容・エステサロンという接客業に就いたことで、毎日たくさんのネイティヴと英語で話をするようになりました。そんな毎日のなかで私の英語力は格段にアップし、今では「こちらで生まれ育ったんですか?」と聞かれるぐらいまでのレベルになりました。
接客業に就くと英語力がかなり伸びます。ローカルな店などお客さんの多くが現地の人である場合はなおさらです。劇的に英語力を伸ばしたいなら、現地の接客業がおすすめです。

【求人をチェックしたい方はこちら】

オーストラリアで働く自分を誇る

オーストラリアで生活をしていると、言葉の壁や文化の違い、人間関係などに悩むことがよくあります。

日本にいる家族に相談しても、悩みを聞いてもらってスッキリはするものの、自分の状況を深くは理解してくれず、「わたしは海外でこんなに頑張っているのに、誰も分かってくれない」とどうしてもマイナス思考になってしまいがちです。

私もオーストラリアで現地採用として就職してから、毎日の生活の中でいろいろな悩みを抱え、私はこれで良いんだろうかと日々葛藤していました。

しかし、「言葉も文化も違う国で、毎日生活できていることを誇りに思わなければ!」と自分の行動力や頑張りを認めることで、自然とマイナスな気持ちは吹っ切れ、オーストラリアで一人で生き抜いていく自信にもつながりました。

「アジア人」という見た目だけで、軽蔑的な態度を取られる

フレンドリーな人が多いオーストラリアですが、それでもやはり昔の「白豪主義」は抜けきっておらず、いまだに私を一目見ただけで、明らかに軽蔑的な目で見てくる人はいます。

サロンで働いていたときも、他の白人スタッフにはとてもフレンドリーなのに、私が接客しようとするとあからさまに「アジア人は私に触れてくれるな」と言わんばかりの態度を取るお客さんに何人も遭遇しました。

英語は上手になっても、「アジア人」という事実は変えられないので、侮辱的な態度を取られたときは、本当に悔しい思いをしたものです。

まとめ

オーストラリアで就職し生きていくためには、何かと苦労が絶えません。日本では経験しないような屈辱的な体験をすることもあるでしょう。

しかし、国籍を超えた人と人とのつながりや視野を広く持つことの大切さ、自分を誇る気持ち、生き抜くための行動力などは、日本にいたら決して知ることができなかった、得られることができなかったものだと思います。

オーストラリア就職で体験したことの多くが、私の人生にとってプラスに働き、私を人間的にも大きく成長させてくれていると感じています。

まずは自分のやりたいことにまっすぐ進むこと。そして充実したオーストラリア生活を送ってくださいね!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

オーストラリアで働くには?日本人がオーストラリアで日系・外資系企業に就職する方法

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 海外就職求人サイト
  2. シティ
  3. リクルートエージェント
  4. 旅行バッグ
  5. 楽天カード
ページ上部へ戻る