夫婦で台湾移住!フリーライターとして高雄で生活することを選んだたった一つの理由

台湾移住のきっかけ

海外に移住するきっかけは人それぞれです。ビジネスチャンスを求めて移住する人、ボランティアのために移住する人、あるいは、ただ日本がイヤで海外に出る人などなど…。

10人いれば、10通りの理由があるのではないでしょうか?

私が台湾に興味をもったきっかけ

台湾移住のきっかけ

台湾に興味を持つようになったのは、かれこれ20年以上前のこと、学生時代に台湾人留学生の2人の女の子と知り合ったことに端を発しています。彼女たちは、日本に来る前にそれぞれアメリカ、カナダに留学していたということもあり、語学が堪能で明るく楽しい人たちでした。

彼女たちの「沒關係(mei guanxi)」「沒問題(mei wenti)」の考え方、(問題ないよ。大丈夫だよ。気にしない。という意味とでもいいましょうか)をとても心地よく感じました。

そうした、南国特有ののんびりさ、おおらかさを持つ反面、とても繊細で恥ずかしがりやな部分もあり、その相反する国民性に強く魅かれたのです。

その後、台北に2週間ホームステイする機会があり、台湾にますます魅かれていきました。

そして中国語を習い始める

中国語の勉強

結婚後、友人の紹介で中国人に日本語を教えるボランティアに参加することになりましたが、多くの中国人と知り合うことができ、彼らの習慣や文化、気質にとても驚きました。

正直なところ、中国人の個人個人は良い人なのですが、彼らの押しの強さや、食文化、生活習慣は苦手でした。それで、彼らのことを少しでも理解したいと思い、中国語を習い始めることにしたのです。

発音を取得するには、ネイティブよりも、その発音を実際に取得した経験を持つ人から習った方が良い、と勧められて、日本人の先生から発音を習うことにしました。

たしかに、中国人は生まれた時からその言語を発音しているので、どうやってその音を出すのか、説明することが難しいのです。

実際、中国人の友人にも発音を教えてもらいましたが「ちがう」「そうじゃない」「なんで言えないの」と散々な言われよう……、うってかわって、日本人の先生は、口の形や息の出し方など、どうしたらその音が出せるのか、仕組みを説明してくれたのです。

おかげで、3カ月~4カ月ほどで発音とピンインの読み方をマスターすることができました。日本人に教えてもらい、発音のチェックを中国人にしてもらう、というのがベストな習得方法に思います。

夫婦で移住を考える

台湾移住

中国語を学んで6年がたち、その頃には夫も中国を勉強し、ボランティアに参加するようになっていました。もともと語学大好き、趣味が海外旅行、外国人の友人も多い夫は、2、3年もたつと中国語で楽にコミュニケーションをとれるようになりました。

その頃、台湾に10年以上住んでいるご夫婦と知り合います。お互い子供もおらず、共通の友人も多かったので、出会ってすぐに意気投合し、さっそく高雄に住む友人夫婦を訪ねていくことになったのです。

都会なのにどこか田舎臭さもあり初めて訪れたのに懐かしい感じ、それが高雄の魅力

以前訪れた台北とは違い、高雄はまさに南国という感じでのんびりしています。しかも都会なのにどこか田舎臭さもあり初めて訪れたのに懐かしい感じ。私も夫も、高雄の魅力にすっかり取りつかれてしまいました。

以前から、二人とも海外ノマド生活に対する憧れがありましたから、日本へ帰国すると同時に、高雄移住計画を練り始めました。

移住の準備

台湾移住

さて、移住を決めたら、さっそく行動開始です。まずは仕事ですが、これは、夫婦そろってネットさえあれば世界中どこでも仕事できる仕事をしているため、ネット環境さえ整えば仕事上は、まったく問題ありません。

ビザの問題をどうするか

続いて、ビザの問題。これもすぐに解決しました。台湾は90日の間ビザなしで滞在できるので、90日以内に日本に帰国し、再び再入国する……を繰り返せばよいのです。タイなどはこうしたビザランを規制し始めていますが、台湾はまだ今のところ大丈夫。

いずれビザを取るにしても、しばらくはビザランすればよいのです。

住む部屋はどうするか

続いて家探し。これも、ボランティアをしていた時に知り合った台湾人のツテで、高雄でシェアハウスを経営している人と知り合うことができ、すぐに契約できました。

あとは、日本で済んでいた家と荷物です。もともと遊牧民気質な夫婦なので、賃貸マンションで生活していましたから家は解約すればよいとして、さて、荷物をどうするか?

ほとんど処分するにしても、やはり、思い出の物や捨てられないものもあります。もしかしたら、1年くらいで日本に引き返すかもしれない……というわけでレンタル倉庫を借りようか、と思っていた矢先、夫の祖父母が「空いている部屋に荷物を置いたら」というありがたい申し出をしてくださり問題は解決。田舎の広いお宅なので、車も置いておけます。

健康管理はどうするか

台湾は、特に予防注射が必要ないので、健康診断を受けたり、歯科医院で検診を受けたりすればOK。

現地の情報を集め、保険を見直し、仕事関係や友人、親戚への挨拶と連絡をすませ、これで準備完了です。移住までに、準備期間が1年かかりました。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

私たち夫婦の場合は、中国語を話せることと、現地に友人がいて情報を得やすかった、ということが移住の大きなポイントになりました。さらに、下見に来て現地の治安や物価などを調べることができたこともよかったと思っています。

移住しても、現地の言葉ができず日本人コミュニティーの中だけで生活している人や、引きこもりになってしまう人の話も耳にします。

これから移住を考えている方は、本当に生活できるかどうか、現地に足を運んで、可能なら実際に数週間、数カ月生活してから考えることをおすすめします。

 

おすすめ記事

  1. 台湾・高雄の物価は高いの?1ヶ月の生活費シュミレーション
  2. 台湾へ来たら夜市へ行こう!高雄の「熱鬧」な夜市の魅力
  3. ただのゴミ捨てもユニーク?台湾の高雄で見かける面白い光景5選

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
mo

moライター

投稿者プロフィール

フラワーアレンジメント教室で講師を務め、退職後はボランティアで外国人(おもに中国人)に日本語を教えていたところ中国語に興味を持ち、6年間の学習期間を経て台湾へ移住。
現在は、ビザランしながら、おもに台湾・グルメ・植物関係の記事を専門に書くフリーのwebライター。

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. 長期滞在時におすすめベトナム・ハノイで日本語教師をやる3つもメリット
  2. トレッキングをしなくても楽しめるベトナム・サパ旅行
  3. 「まだまだだね」と言われた私が一発奮起し英語が話せるようになったわけ
  4. ニュージーランドの料理
  5. 歯ブラシ
ページ上部へ戻る