海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

【お金の話】オーストラリアで働くなら知っておきたい!お給料事情

  • 公開日:
  • 更新日:
打ち合わせ

海外で生活を始めると、交通費に食費、交際費、家賃など、思ったよりもお金がかかってしまうものです。そこで仕事を始めようと思っても、オーストラリアのお給料事情は日本とは大きく異なるので、戸惑ってしまう方も多いのではないでしょうか。

今回は、オーストラリアで働く前に知っておきたい、お給料事情をご紹介します。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

世界一最低賃金の高い国、オーストラリア

シドニー

意外かもしれませんが、オーストラリアは「世界で一番物価の高い国」の一つで、シドニーは「世界一物価の高い都市」に位置付けられています(2017年2月現在)。

私の住むブリスベンでも、郊外の2LDKアパート(築10年以上)の1週間の家賃相場は$350ぐらいから。日本円に換算すると、家賃として月に12万円ほど必要だということになります。

ですので、留学生や独身の若者だけに限らず、フルタイムで働くオーストラリア人でも、ルームシェアやシェアハウスで住み、家賃を折半するのがかなり一般的です

物価が高いので、必然的にお給料も高くなります。2017年2月現在のオーストラリアの最低賃金は時給$17.70で、日本円だと1500円以上になります。また、週末は時給がさらに高くなります。

職種によって率は少々異なりますが、土曜日は時給1.5倍、日曜・祝日は2倍になるところが多いようです。私も昔、美容師として働いていたころは、時給が高くなる週末に働くのを楽しみにしていた覚えがあります。

そして、平均年収は$66,820で、日本円に換算すると年収600万円以上になります。新卒採用でも年収800万円(日本円換算)などということはよくあることで、数年働いて経験を積み、年収1000万円以上稼ぐ若者も少なくはありません。

「まだ若いのに、年収が1000万円以上なんて!」と驚いてしまうのですが、先に述べたように、家賃をはじめなんでも高いオーストラリア、お給料が高くないと生活していけないのが現状です

お給料は振り込みが基本

atm

オーストラリアで働き始める前に、まず「Tax File Number(TFN)」と呼ばれる納税番号を取得し、雇用者に知らせる必要があります。基本的にお給料は二週間に一度、税金を引かれた金額が振り込まれます。

そのときに、この「TFN」が必要になります。給料振り込み用の銀行は指定されませんが、「TFN」がないと振り込んでもらえません

「TFN:https://www.ato.gov.au/」はこのサイトから申請することができます。

オーストラリアではお給料は銀行振り込みが基本ですが、中には手取りでお給料を渡す雇用者も存在します。そのような雇用者は、最低賃金以下の時給しか払わず、しかもきちんと税金も納めていません

もちろん違法ですが、留学生やワーキングホリデーなどの若者は、「最低賃金でもいいから、働いてお小遣いを稼ぎたい」という方が多いので、悪条件の環境で働かせる雇用者も減らない、という悪循環になっています。

有給は正社員のみ

オーストラリアでは、正社員として働く場合に年間4週間の有給休暇が保障されています。また、年間10日間の有給病気休暇(または病気の家族を看病するための休暇)も保障されています。

「カジュアルスタッフ」と呼ばれる、週何時間働くか決められていないスタッフは、有給は認められていませんし、もちろん有給病気休暇もありません

ボーナスも交通費支給もなし!

オーストラリアでは、日本のように「ボーナス」は基本的にはありません。

雇用者によって、「目標額を達成できたので、ボーナスを支給します」などということもありますし、私も美容師として働いていたころ、「今月は○○ドル以上ヘアケア商品を売ったから」とボーナスをもらったこともありましたが、それでも日本のように高額ではなく、ほんの少額のボーナスでした。

また、日本では支給されるところも多い「住宅手当」もありません。交通費の支給もありません。ですので、通勤するためのバス・電車代やガソリン代は、全て自分で賄わなければなりません。

フルタイムで学校に通う学生の場合は、バス・電車などの交通機関が半額になりますので、留学生の方で交通機関を利用するときは、学生証を提示するのを忘れないようにしましょう

「Tax Return」を忘れずに

打ち合わせ

先ほどお話しした「Tax File Number」は、「Tax Return」でも必要になります。

「タックス・リターン」とは、日本でいう「確定申告」のようなものです。オーストラリアの会計年度は、7月1日から翌年の6月30日までで、この期間の収入を申告すると、源泉徴収された税金の一部を返してくれます。

留学生やワーキングホリデーの方も対象になりますが、オーストラリアにて6か月以上のコースを受講、または6か月以上滞在かつ同じ雇用者の下で働いた、などの条件を満たすことが必要です。

たとえ少額だとしても、一生懸命働いて稼いで収めた税金です。忘れずに申請するようにしましょう。タックス・リターンに必要な書類は以下の通りです。

PAYG Payment Summary

その会見年度に働いた雇用者すべてからもらう「年間給料明細」です。

法律的に7月14日までに発行しないといけない決まりなので、この日を過ぎてももらえない場合は、雇用主に問い合わせてください。

仕事に必要だった備品購入のレシート

その仕事を始めるにあたって、購入しなければならなかった備品がある場合は、そのレシートを提出します

例えば私の場合、美容師として働いていたので、「ハサミ」や「ドライヤー」を購入したときに支払った税金は対象となり、認められると返金してもらえます。

オンラインでも「タックスリターン」を申請することができます。ショッピングセンターなどで、「タックスリターン」を代行してくれる税理士さんが仮設ブースを構えているので、心配な方は相談してみてください。

私の場合のお給料事情(美容師)

美容師

最後に、みなさんにオーストラリアのお給料事情をイメージしていただくべく、美容師として働いていた私の場合をご紹介したいと思います。

2006年から、現地の美容学校に通いながら美容サロンで「カジュアルスタッフ」として働き始めました。当時は学生ビザを保持していたので、週に20時間のみ働くことが許されていました。

週に2~4日、決まった時間には働かず、平日夕方4時ごろから閉店までの3時間ほどと、土曜日午前9時~午後5時半まで働いていました。時給は当時の最低賃金である$16を少し上回るだけ、もちろん有給も有給病気休暇もありませんでした。

年に1回、「タックスリターン」を申請して、$1000(日本円で10万円弱)ほど戻ってきたときは、本当にうれしかったです

美容学校を卒業しても、「カジュアルスタッフ」として週5日(40時間)働きました。

その方が、時給が高く(卒業後は時給$21にアップ、週末は2倍)、働くスタイルも週に40時間働かなくてもよく、定時に始めなくてもいい、とフレキシブルだったからです。

雇用者側にしてみても、有給や病気休暇も保障しなくてよく、「クビ」にもしやすい、というメリットがあります。

カジュアルスタッフとして、時給$18で週40時間働いたと計算すると、所得税を引かれても手取りで1か月$3000(約30万円)程度の収入になります。

贅沢三昧な生活をしない限り、フルタイムで働かなくても、一人暮らしやシェアハウスで十分生活はしていけると思います。フルタイムのように有給はありませんが、いつでも気軽に休暇が取れるのも、カジュアルスタッフのいいところです

私はよく半年ほど一生懸命働いて、なるべく外食を控えて貯金し、日本に4~6週間帰国していました。

まとめ

今回は、オーストラリアのお給料事情についてご紹介しました。

仕事を始める前に、時給は最低賃金以上くれるのか、お給料は銀行振り込みしてくれるのか、フルタイムの場合は有給などを保証してくれるのか、タックスリターンに必要な書類はちゃんとくれそうか、などをきちんと確認し、雇用者を見極めることを心がけてください。

オーストラリア就職・オーストラリア転職をするには

オーストラリアの求人状況は日々変化しています。オーストラリアへの転職が気になっている人は、まずは転職サイトでどのような求人が出ているかを見てみましょう。

求人を見れば、求人職種や給与、待遇の傾向がつかめてきます。そうするとオーストラリアで働くあなたのイメージが具体的になるので、転職の成功率はぐっと高まりますよ!

以下は海外転職成功者の利用実績がある転職サイトです。待遇がしっかりしている求人が多いので、安心して求人を探せます。いずれも登録は3分程度、サイトの利用料は無料です。

今しかできない海外生活をあなたもはじめませんか?

転職成功者のほとんどが上記サイトを利用しています。

登録したからと言って必ずしも転職する必要はありません。いい条件のスカウトが来た時だけ転職するなどして、自分の可能性を広げ、人生をより豊かにしましょう。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Cherryred-Moon

Cherryred-Moonライター

投稿者プロフィール

オーストラリアの第三の都市ブリスベン在住歴十数年の三人娘の母。
都会ではないけれど田舎でもないこの街から、ブリスベン生活情報をリアルタイムでお届けします。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る