海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

返品・交換は自由自在?実際にアメリカで返品交換してみた

  • 公開日:
  • 更新日:
買い物

日本ではあまり頻繁に返品はしませんよね。

日本で返品を受け付けてもらえるのは、商品に問題があった時ぐらいです。間違えて何かを購入した際に、未開封だったとしても「今回だけ特別ですよ!」と店員さんに言われながらの返品だったり……。

一方、自由の国アメリカでは返品・交換は自由自在。びっくりするくらい簡単に返品ができるのです。

とてもアメリカらしいな、と思うのですが、2つのものを手に取ってどっちを買おうか決められない時に、店員さんからのアドバイスは「両方買って後で使わないものは返品しなよ」なんです。

日本ではちょっと考えられないのですが、それがアメリカでは普通なんです。多くのお店では、開封していても使っていても大丈夫なんです。

今回はアメリカの返品・交換事情についてご紹介します。

英語では何ていうの?返品・交換の用語紹介

お店

返品用語

  • Return Policy=返品・交換に関するルール
  • Return=返品
  • Exchange=交換
  • Refund=返金
  • Store Credit=そこのお店のみで使えるギフトカード

アメリカで買い物をした時にレシートをよく見てみると、Return Policyが下の方や裏に書かれています。

15日以内や1ヶ月以内などお店によってさまざまです。購入時に確認してその期間内はレシートを保存しておくと、何かあった時に安心です。

返品・交換の際は、購入時のクレジットカードやIDの提示を求められることがあるので持っておきましょう。

アメリカで初めての返品・交換体験

レシート

筆者が初めて返品を体験したのは、とあるお店で買った洋服が破れてしまった時のことです。

一度しか着ていなかったのですが、洗濯時に破れてしまいました。無理と思いつつお店に持っていくと、レシートも確認せずに新しいものと交換してくれました。明らかに自分の過失だったんですが、嫌な感じもなく、優しく対応してくれました。

アメリカでは、商品の交換や返品をしたい場合、現金での返金、デビット・クレジットカードへの返金、別の商品との交換、お店で使えるストアクレジットとの交換、などの方法があります。

交換やストアクレジットに換えてもらう場合は問題なく処理してくれます。この場合、レシートがなくても大丈夫なお店もあります。

返品された物の行方

セール

日本では返品されたものは処分されることが多いのですが、アメリカではテスターに使われたりセールで売り出されたりします。派手に壊れているものも、セールゾーンに置かれているのを目にします。

高級ブランドでも、商品に傷が入っていたら割り引いてもらえることがあります。こういう意味では物を無駄にせず、ビジネス効果もあり、お客さんにもありがたいサービスです。

返品できない物

返品不可

中には返品できない物ももちろんあります。例えば、アウトレットモールや格安店、オンラインダウンロードコンテンツ、アプリ、ソフトウェア、ギフトカード、チケットなどです。

返品できるのが普通なので、できない場合、購入時に「返品できませんがよろしいですか?」と確認してくれます。

しかし全ての店員さんがそんなに親切でもないので、ちゃんとした説明がなくトラブルが起こることもあります。

最初は取り合ってくれないかもしれませんが、頑張って伝えればちゃんと返品・交換をしてもらえたり、割引やクーポンなどをもらえたりと得することもあります。

返品・交換の融通が利くお店

L.L. Bean

日本でも有名なアパレルブランドです。100% Satisfaction Guaranteeを掲げていて、返品理由を説明すればいつでも返品・交換してくれます。レシートがない場合はストアクレジットと交換になります。

Bed Bath and Beyond

生活に必要な雑貨などが買えるお店です。1年以内でレシートがあれば返品してくれます。

レシートがない場合は、購入したクレジットカードやギフトカードの番号が必要です。それもない場合は、売値から20%を引いたものと同等のもの、またはストアクレジットと交換になります。一部対象外商品があります。

Zappos

オンラインストアZapposは1年間返品・交換可能です。返品時の送料も全て負担してくれます。

Nordstrom(Nordstrom rackはポリシーが違います)

何年もBest Return PolicyといわれてきたデパートのNordstromですが、あまりに多くの人が返品するので、最近少しだけポリシーを変えました。新しいポリシーは「時と場合による」というなんともアメリカっぽいものです。

基本的には返品・交換の期間は設定されておらず、場合によっては洋服のタグがなくても返品ができます。レシートとタグをちゃんと用意しておけば、あとは店員さん次第かもしれません。

オンラインストアは返品時の送料を負担してくれます。特別なドレス(一度しか着ないようなもの)に関しては、タグなしでは返品不可の可能性が高いです。

Athleta

スポーツ用のウェアを取り扱うブランドです。期間設定はなく、いつでも返品可能です。

REI

アウトドア用品店。1年以内であれば返品・交換可能です。レシートまたはメンバーシップカードの提示など、なんらかの購入履歴を提示しないといけません。

Anthropology

アパレル雑貨のお店です。返品期間は設定されていません。レシートがない場合は、返品時点での売値分のストアクレジットと交換してもらえます。商品が完全に壊れていたとしても100%返金してもらえ、その際に特に理由は問われません。

大きいサイズの家具のみ30日以内という期限が設けられています。

Kohl’s

hassle free returnsを掲げているデパートです。返品期間はなく、レシートがあればいつでも返品可能です。返品理由も問われません。

レシートがない時は、同等の物と交換、または購入額より安いストアクレジットと交換してくれます。電化製品のみ30日以内となっています。

Costco

レシートの有無に関わらずいつでも返品・交換可能です。電化製品のみ90日以内となっています。

Macy’s

返品期間はなく、レシートがあればいつでも返品可能です。レシートがない場合、またギフトレシートの場合はストアクレジットと交換になります。

JC Penny

返品期間はなく、レシートがあればいつでも返品可能です。レシートがない場合、またギフトレシートの場合はストアクレジットと交換になります。

Land’s End

返品期間はなく、レシートがあればいつでも返品可能です。購入後9ヶ月経っている場合は小切手で返金されます。

まとめ

アメリカの返品・交換への寛大さには驚くものがあります。消費者にとっては本当にありがたいシステムです。

ご紹介したように、お店によって返品内容はいろいろと違うので、何かを買った時はレシート、タグ、オリジナルのパッケージなどはしばしの間保存しておくのをおすすめします。

そうすれば、壊してしまったり、不良品だったり、気に入らなかったり、使わなかった時に、問題なく返品・交換ができます。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【アメリカ求人】未経験からでもアメリカ就職を狙える転職エージェントまとめ

アメリカで働くには?アメリカで就職・転職をしたい日本人が転職前に知っておきたい11のこと

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

美容オタク

投稿者プロフィール

ロサンゼルス在住美容ブロガー

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る