海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

カナダで車を運転するには?カナダの交通ルールを知っておこう

  • 公開日:
  • 更新日:

せっかくカナダに来たのなら、いろんなところを観光したりドライブしたいですよね。そのためにレンタカーを予約したり、長期滞在予定の方なら車の購入を検討される方もいらっしゃると思います。

他の国でも言えることですが、日本でもたくさんの交通ルールがあるように、カナダにもいくつか複雑な交通ルールがあります。

運転する方は覚えておかないと罰金を取られたり、重大な事故にもなりかねませんので、きちんと覚えて楽しい旅行にしてください。

カナダの交通ルールの基本

ご存知の通り、カナダでは日本とは逆の右側走行です。車も左ハンドルで初めは戸惑うと思いますが、乗っているうちに徐々にその感覚に慣れていくと思います。

また、日本のルールとは違う点として、赤信号でも車が来ていない事を確認して右折することができます

その際は、きちんと一時停止して注意して曲がってください。ただし、道路標識で赤信号の上に右折禁止マークが出ているところと、ケベック州全土では、赤信号での右折は許されていません。

踏切では、日本と違って一旦停止することはなく電車が来ていなければ、減速してそのまま走行することができます

海外就職求人サイト
海外就職

カナダで車を運転する際の注意する点

道路標識

非常に注意してほしい点はスクールバスの追い越しです。スクールバスが停まっているだけならそのまま追い越しても構いません。

しかし、止まっているスクールバスにストップサインが表示されていて、黄色く点滅している場合は、全ての車が止まる必要があります。

同じ車線にいる車はもちろんのこと、後方にいる車、対向車も完全に止まる必要があり、これを破ると最大で2,000ドルほどの罰金が科されます。

それに、子供達が急に走り出して来ることがあるので、通過しようとする行為は大変危険です。ですから停まっているスクールバスを見たら、スローダウンしていつでも止まれるようにしておく位の気持ちでいるといいと思います。

スクールバスほどではないですが、路面電車に関しても同じように止まる必要があります。

路面電車が止まってドアが開いた場合は後方車全てが止まる必要があります。路面電車に人が乗り降りするからです。しかし、対向車は止まる必要はありません。

また、横断歩道が普通の表示と違うものがあります。これです。

カナダの道路

この横断歩道は歩行者がボタンを押すとすぐに点滅するようになっています。点滅した場合はすぐに止まらなくてはいけません

歩行者が渡り終わったら、点滅しているかどうかに関わらず通行することができます。歩行者は点滅するとすぐに渡り始めますので、すぐに止まれるよう注意してください。

運転中の携帯電話の使用は日本と同じく許されていません。

シートベルトは同乗者全てに着用が義務付けられています。もし、違反した場合は運転手ではなくシートベルトをしていなかった本人に罰金が科せられますので「車に乗ったら必ずシートベルト」と頭に入れておいてくださいね。

また、カナダの法律には昼間でも夜でもヘッドライトを点灯するようにとあります。危険防止の観点からなのかは良く分からないのですが、全員点灯しています。

カナダで車を買ったり、借りたりした場合は、エンジンをかけると自動でヘッドライトが点灯するので、この点はあまり心配はいりません。

カナダの道路標識

全部を暗記するのは大変かもしれませんが、できるだけ覚えて安全に運転を楽しんでください。

一時停止、進入禁止、一方通行などは、日本の標識とあまり変わりはありません。見ればすぐにそれと分かるものになっています。

スピードに関しても分かりやすいです。例えば、この下記の写真ならば、最大速度40キロです。

道路標識

この中の数字によって最大速度が変わってきます。

そして、写真の最大速度マークの上にある「P」の道路標識は駐車禁止という表示です。この道路標識の下についている矢印のマークのどちらかがない場合は、矢印がない側は駐車禁止ではないので、停めても大丈夫ということです。

道路標識

例えば、この写真だと左側の矢印がないので駐車禁止マークから左側であれば駐車できます。しかし、次の写真の標識の場合は駐車も停車も禁止ですので気をつけてください。

道路標識

しかし、どちらの場合も表示の下に時間や曜日がある場合はそれ以外の時間であれば駐車も停車もできるので、標識を良く見てから停車してください。

少し複雑な標識にこんなものがあります。

道路標識

これは、時間によってこのレーンを走っていい車を制限しているものです。

例えば、この写真で言うと、月曜日から金曜日までの朝の7時から9時までと夕方4時から6時までの時間は、バス、タクシー、バイク、三人以上で乗っている車以外はこのレーンを使えないと言うことです。

トロントは朝と夕方の時間は渋滞が酷いのでこのように制限を設けて少しでも渋滞緩和をしようとしているようです。

まとめ

日本とかなり違ったルールがたくさんあります。ここでは紹介できなかったものもまだ色々あるので、分からないことがあればレンタカーを借りる時などに聞くといいと思います。

また、トロントは比較的安全な町ですが、時々置き引きや盗難の話も聞きます。ですから、車から離れる時には必ず荷物を見えない所に置いておくこと、鍵を必ずかけることを徹底してください。

安全に気をつけてドライブを楽しんでください。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【カナダ求人】未経験からでもカナダ就職を狙える転職エージェントまとめ

カナダで就職・転職するには?カナダで働くために日本人が押さえておきたい11のこと

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

EHAKAM

投稿者プロフィール

カナダに来て早くも2年目になります。英語は今も勉強中!
カナダの食、文化など詳しくお伝えできたら嬉しいです

海外移住・生活のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 旅行バッグ
  2. 楽天カード
  3. シティ
  4. グッドポイント診断
  5. リクルートエージェント
ページ上部へ戻る