海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ロサンゼルスの生活費とは?アメリカ・ロサンゼルス暮らしの現地採用の生活費を公開

  • 公開日:
  • 更新日:
ビバリーヒルズ

アメリカは住む場所によって物価はもちろんのこと、税金も違ってきます。筆者はカリフォルニア州ロサンゼルスに住んで10年になりますが、特にロサンゼルスは、住む場所によって生活費が大きく変わってきます。

アメリカで現地採用として暮らしていくうえで、それぞれの項目にどれぐらいの費用が必要なのかを筆者の実体験からご紹介いたします。

ロサンゼルスの家賃相場は?

部屋

住居費は住む場所や間取りによって変わりますが、ここ最近の不動産相場は上昇傾向となっています。それに伴って、アパートやコンドミニアムなどのリース物件の家賃も上がっています

例えば安全な場所で、お子様のいるご家庭であれば学校区も良く、2ベッドルーム(寝室2部屋、キッチン付きリビングルーム)のアパートの場合ですと、月々USD 2200(約255,200円)~USD 2500(約290,000円)が相場です。

1ベッドルーム(寝室1部屋、キッチン付きリビングルーム)ですと、月々USD 1500(約174.000~USD 1800(約208.800円)ほどとなります。

もちろん、もっと家賃の安いアパートは探せばありますが、あまり安いと周りの環境が良くない場合が多いので、若干生活費に余裕がある方は安全をお金で買うと思って、ある程度安全な地域へ住む事をおすすめします。

ちなみに、現在、筆者が住んでいる場所は、学区の良い安全な場所なので、子供のいる家庭には最適かと思います。

スーパーの物価は?

スーパーマーケット

食料品に関しては、日本のスーパーと比較するとアメリカのスーパーの方が安いと思います。ただ、家族向けに売られているような容量が多い商品を買うとその恩恵を享受できますが、一人住まいだと、あまり割安感はないかもしれません。

例えば牛乳の場合ですと、1ガロン(3.8リットル)で販売されており、値段は約USD 2.00(約232円)です。これを日本で買うと1リットルが160円前後となり、アメリカの方が割安となります。

それから、安いと感じたのはビールです。例えば、24缶入り(一缶360ミリリットル)一ケースが、USD 15.00(約1,740円)ほどで売られています。ちなみに発泡酒ではありません。

また、アメリカでは食料品に対してSales Tax(消費税)は課税されませんが、アルコール飲料は課税されます。ロサンゼルスのSales Taxは8.75%なので、課税されても日本よりは断然安いですよね。

筆者の家庭は3人家族なので、月に食費だけで約USD 600.00(約69,600円)となります。

外食費用は?

レストラン

例えば、アメリカ的なレストランで食事をする場合ですと、まず初めに飲み物(グラスワイン)約USD 6.00をオーダーし、その後前菜で約USD 10.00、メインディッシュで約USD 30.00、デザートで約USD 5.00となり、一人当たりの合計がUSD 50.00前後となります。

そこにチップの15%~20%を加えるとUSD 55.00~USD 60.00が一人当たりの外食費用となります。

安く抑えようと思うと、ファーストフード、メキシカン、中華料理、タイ料理が選択肢としてあります。

筆者は友人と中華レストランで食事をたまにしますが、その場合だとアルコール、料理、チップ込で一人USD 30.00ぐらいなので、割安感はあります。

毎回中華というわけでもないのですが、合計すると月の外食費用はUSD 100.00(約11,600円)ほどとなります。

ガソリン代は?

給油

ロサンゼルスの場合は、公共の交通機関があまり発達していないため、ほとんどの人は自家用車で移動をします。ダウンタウンまで行けば、地下鉄が通っていますが、一部地域のみ利用可能です。

筆者は毎日会社まで車で通勤をしていて、一週間に一回は給油をします。

ロサンゼルスは、ガソリン価格が全米トップクラスに高い地域で、現在の価格は一ガロン当たり(3.8リットル)USD 2.90~USD 3.00(約336円~約348円)ぐらいなのですが、それでも日本と比較すると安いと思います。

一回の給油で満タンにした場合は、約USD 40.00です。それを月に4回給油しますとUS160.00(約18,560円)という計算になります。

また、家族も運転するため、もう一台車を所有している場合は、倍の約USD 320.00(約37,120円)が一か月のガソリン代として発生します。

ただ、アメリカでは社員が社用で自家用車を利用する場合は、政府機関によって決められた一マイル当たりのガソリン代USD 0.535を会社に請求することができます。ただし、通勤時のマイルは含まれません。

携帯電話、インターネットはいくらぐらい?

携帯電話の契約をする際は、店によっていろいろなキャンペーンをやっているときがあるので、そのときを見計らって契約することをおすすめします。

例えば、今契約すれば無制限で使い放題や、USD 50.00分のギフトカートを差し上げますというのが良くあります。筆者は家族の携帯含めて2台分払っており、月々の合計はUSD 125.00 (約15,750円)です。

インターネットは、バンドル契約でインターネット、固定電話、ケーブルテレビを含めて契約する場合が多いです。バンドル契約にして、月々約USD 80.00(約9,280円)ぐらいです。

水道代、光熱費は?

アパートによっては、ガス・水道・電気代が全て家賃に含まれているところがありますが、含まれていないところもあります。含まれていない場合、入居時に入居者本人がそれぞれの業者へ連絡を取り、開通手続きを行う必要があります。

筆者が住んでいるところは、水道代が込みで、ガスの替わりに全て電気で作動するようになっていて、月々の電気代は約USD 100.00(約11,600円)です。

生活費のポイント

ご紹介した内容は生活費の中で特に必要な項目となりますが、これ以外にもさまざまな費用が発生しますので、年に一回はそれぞれの項目を見直して、月々の費用を削減する努力をされることをおすすめします。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Tad

投稿者プロフィール

アメリカ永住。現在、アメリカ・ロサンゼルスに在住。滞在期間は今年で10年になります。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る