海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

アメリカの現地採用社員が教える、日本とは違った働き方と職場環境

  • 公開日:
  • 更新日:
アメリカの職場

グローバル化が進んだ現代、日本でも同じ職場に外国人がいることが増えてきました。彼らは日本語を覚えたり、文化・習慣に興味を持ったりすることで一日も早く日本の環境に溶け込もうと頑張っていると思います。

私も異国の地であるアメリカで現地採用社員として働いています。仕事を始めて10年が経過しましたが、当初はなかなか馴染めず苦労したことを覚えています。

私の経験をもとに、日本とは異なるアメリカの働き方や職場環境をご紹介したいと思います。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

アメリカの職場は定時帰りが基本

日本で働いているときは、定時がきたら事務所内を見渡し、上司が未だ残っているようであれば少し残業して、上司が帰れば同僚と一緒にバタバタと会社を出るという毎日でした。

アメリカでは、そのようなことは一切ありません。定時が午後6時であれば、アメリカ人の同僚は6時になると同時に一斉に立ち上がり、会社を出ます。もちろん、早く帰ったからといって周りから何か言われることはありません。

当初はこの状況に馴染めず、ダラダラと残業していましたが、今ではすっかり定時帰りの生活です。これは、ワーク・ライフ・バランスを大切にする国の働き方ですね。

アメリカでは決められた範囲の仕事しかしない

はっきり言う

アメリカでは役職に応じて、役割と責任範囲がはっきりと明文化されています。この明文化された文書をジョブ・ディスクリプションと呼びます。

ジョブ・ディスクリプションに記載のない仕事を同僚に依頼しても、It’s not my job! と、あっさり断られてしまいます。

アメリカの職場ではさまざまな人種の人が働いていて、考え方も多種多様です。この環境をまとめるには、各々の業務内容を文章で明文化しておく必要があるようです。

海外就職求人サイト
海外就職

アメリカでは直属のボスが人事権を掌握している

上司

アメリカでは、部署ごとのマネジャーが人事権を持っています。人を採用したり、人事考課を行ったりするのはマネジャーの仕事であり、マネジャーが部門内の裁量権を持っています。

マネジャーが転職経験者であれば前職のコネを使って人を採用し、自分の部下として迎え入れるというのはよくある事例です。

アメリカの職場にはホウ・レン・ソウがない

日本の職場では、上司に対する報告・連絡・相談が当たり前のように行われています。

しかし、アメリカでは上司に対して頻繁に報告や連絡をすることはありません。上司に報告や連絡をするのは、例えば営業マンが新規顧客を獲得したときなど良い知らせの場合が多いです。また、相談は給料か退職についてが一般的です。

ただ、仕事上でトラブルを抱えてしまい、自分ではどうにもできない場合は上司に相談し、問題解決への方向性を示してもらうことはあります。

アメリカで働くならセクハラ・パワハラに要注意

これは今や日本でも同じかもしれませんが、職場内でのセクシャル・ハラスメントやパワー・ハラスメントは禁じられています。

詳細についてはその会社の Code of conduct(行動規範)にまとめられていますが、相手に不快感を与えたり、威嚇したりといった行為は違反となります。

セクシャル・ハラスメントについては毎年、多くの企業がスーパー・バイザー以上の役職の人に社内講習を受けさせ、理解を深めるための活動を行っています。

セクハラに比べて曖昧なパワハラ

なお、パワー・ハラスメントという言葉は和製英語で、英語では Bullying といいます。直訳すると「いじめ」となりますが、日本の職場のように、上司が部下に対して大声で怒鳴るというようなことは実際ほとんどありません。

ただ、上司が部下に注意を与える際の言い回しが相手を傷つけてしまい、パワハラと受け取られてしまうケースはあります

まとめ~現地の習慣や文化を理解する

アメリカに限らず海外で働く際に重要なことは、現地の商習慣や仕事に対する価値観などを十分に理解することです。

せっかく海外就職しても、やはり日本で培った考え方がスタンダードとなっているので、なかなか現地の職場環境に馴染めないということになりがちです。

早く慣れるためには、まず職場の同僚とコミュニケーションを取ることが大切。日々、コミュニケーションの時間を意識的に取り入れるようにしてみてください。

アメリカ就職・アメリカ転職するには

海外の就職状況は絶えず変化しています。今すぐのアメリカ就職・転職を考えていなくても、まずは転職サイトに登録しておくと良いでしょう。

いざ、転職しようと思ったときに「興味のある求人」に出会えないこともあります。事前に登録し、気になる求人情報をストックしておくことが大事です。

【アメリカを目指す人におすすめの転職サイト】

あわせて登録したい:海外就職専門求人サイトGuanxi

※JAC Recruitmentは海外移住希望者にはおすすめしません。

転職成功者のほとんどが上記サイトを利用しています。登録したからといって必ずしも転職する必要はありません。まずはどんな求人があるのか気軽にチェックしてみましょう。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る