海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

イタリアの受験ビザ・家族ビザ・就学ビザ取得するには?ビザ取得体験記

  • 公開日:
  • 更新日:
イタリア

イタリアで長期間滞在するためには、日本でビザを取得し、現地の警察署で滞在許可を申請する必要があります。

どのビザを取得してイタリアに渡るのか、それぞれ異なると思いますが、日本で取得したビザの期間をカバーする滞在許可の申請は書類が全て揃っていれば難しくありません。

ビザの取得は難しくないのですが、難関はイタリアの役所での申請です。イタリア人でも役所での手続きは四苦八苦するもので、それを外国人である私たちがするのはそれ以上に大変です!

滞在許可の申請がイタリアで一番最初にする手続きで、イタリア式の洗礼を受けることになります。

イタリア大使館で大学受験ビザを取得する

イタリア

私が申請し取得したビザは、語学学校のビザとイタリアの大学の文学部へ通うための受験ビザです。

イタリアの大学、各種専門学院(音楽、美術)への進学を考えている人は、日本のイタリア文化会館を通じての出願以外は受け付けてもらえないのでご注意を!

日本国内で手続きをする

語学学校に滞在中にイタリアの大学への進学を決めた場合も、一度この出願時期に合わせて帰国して、日本国内で出願手続きとビザの取得をする必要があります。

大学用の就学ビザは受験ビザという形のものなので、90日間くらいの短いビザになります。イタリア文化会館を通して出願(説明会と個別面談)→ビザを取得→渡伊・受験という流れになります。

能力判定テストがある

人数制限のある学部は受験が必要、また制限のない学部でも外国人学生には語学能力を判定するテストが課されます。中級程度のイタリア語能力があればまず問題ないです。私が出願した学部は簡単な筆記テストと口頭テストだけでした。

実際私が受験した時に南米系の学生さんでほとんどイタリア語を話せず、テストもほとんど回答できない人がいました。

試験に立ち会った先生二人が「これはちょっと難しいわね。ほとんどイタリア語分かっていないじゃない。」とヒソヒソと相談していたのですが、「でも不可にしたら国に帰らなきゃいけないのよね?それはかわいそうだし……。」と言って、その学生さんも合格にしていました。

スペイン語圏の人はイタリア語の上達が早いので、すぐ言葉を覚えるという判断のようでした。

イタリアで滞在許可を申請する

旧システムの申請方法はとにかく忍耐勝負だった

現在イタリアでは就学の滞在許可の申請を指定郵便局の窓口ですることができます。私が申請した当時は管轄の警察署の移民窓口での申請で、とにかく体力・忍耐勝負の申請手続きでした。

まず、朝できるだけ早い時間に行って警察署の前で並び整理券を取得します。警察署は郊外だったのでバスを乗り継いで行きました。何とか整理券をもらって、後はひたすら順番が来るまで待ちます。

私が申請に行った警察署の移民局の窓口がある部屋は椅子が10人分くらいあるのですが、申請に来ているのは150人くらい。子連れの人に椅子を譲るとそれで椅子はいっぱい。ほとんどの人が仕方なく壁に寄りかかって立って待つという感じでした。

そんな状況なので具合が悪くなったり、キレだす人も…

順番を待っている間に知り合った同じく大学通学のために滞在許可を申請しに来たアルメニア人の女の子は待っている途中で気分が悪くなり、「もう辛い。帰りたい。」とその場にしゃがみこんでしまいました。

疲れがピークに達していたようで、私が持っていたお菓子を一緒に食べて「辛いけど後ちょっと。お互い頑張ろう。」と励まし合いました。

圧倒的に男性の申請者が多く、警察官の発言や差別的な態度に怒り出してキレてしまう男の人もいて、女性には確かに厳しい環境でした。結局その日申請が終わったのは13時近く。朝、7時に警察署で並んでから6時間後でした。

現行の申請方法は?

現在は郵便局のSportello Amico(スポルテッロ・アミーコ)と呼ばれる窓口で滞在許可の申請を受け付けています。滞在許可の申請目的によっては郵便局での申請が不可で、直接移民局で申請しなければならない場合もあります。

郵便局のHPや移民情報サイトで詳細を確認し、各窓口で自分の申請がどのケースにあたるのか確認してから手続きを進めてください。

郵便局で申請の場合、窓口で滞在許可の申請目的を伝えKitを受領します。Kitを受領したら説明に従って書類に記入し、指定された支払いの領収書や必要な書類のコピーと一緒に提出します。

郵便局で申請書が受理されると移民局の予約表を渡されます。その後予約表の指定日に移民局へ出向き、指紋採取をします。その後は滞在許可書の発行を待ちます。

滞在許可書の発行が完了したかどうかは警察署のHPに控え番号を入力することで確認できます。発行を待っている間は申請書受理の控えが滞在許可書の代わりになるので大切に保管しましょう。

注意:申請方法は変更されることがあるので、申請の際に必ず最新の情報を自分で確認してから手続きを進めてください。

滞在許可の申請に役立つリンク

スポルテッロ・アミーコがある郵便局は限られているので、イタリア郵便局のHPで窓口のある支店を探しましょう。

滞在許可の申請について最新の詳しい情報は下記の公的機関のリンクに記載されています。

イタリア滞在許可の延長

出来上がったときにはすでに期限がきれている不思議な滞在許可書を渡される

その後、警察署から指紋を取りに来るように連絡が来て指紋採取に行きましたが、予約時間が決まっていて1時間ほどで用事が済みました。申請はそこまで。後はひたすら書類ができるのを待ちます。

私の滞在許可書が出来上がったのは申請してから約半年後、受領したときにはすでにその滞在許可書の期限が切れていました。1月末までの期限で、発行日が3月という日付です。

「これって問題ないんですか?」と窓口に警察官に聞いたところ、全然問題ないからすぐ延長申請してくださいと言われました。受け取ってすぐ延長申請の手続きをすることになりました。

滞在許可の切り替え(学生→家族)

ビザ

滞在許可の滞在理由を変更する場合は、まず必要な書類と申請方法について調べる必要があります。

私はとりあえず警察署のインフォメーションに出向いて情報を得ました。最初に5年分の滞在許可証が発行され、その後更新した際に期限なしの許可書が発行されました。

滞在許可の申請は必要な書類や申請方法について変更があるので、書類について相談や確認したいことがあればPatronato(パトロナート)という機関を利用することもおすすめします。滞在許可の申請について必要な書類のチェックなど手助けしてくれます。

私は滞在許可の申請では利用したことがないのですが、利用した友人によると警察署で質問するより丁寧に対応してもらえるようです。ただ、Patronatoでのサービスが有料の場合もあります。

滞在許可の切り替え(学生→労働)

Flussi(フルッシ)という制度

イタリアはワーキングホリデーの協定国ではないので、最初に長期滞在を目的にイタリアへ渡るときには受け入れ先(学校や企業など)が証明されないとビザが下りません。現地で仕事を探すというのであれば、まず学生として滞在するしかありません。

学生としての長期滞在でイタリアの現状を知る事が可能ですし、学生として就労可能な範囲(週20時間以内のパートタイム)で就労経験を得ることもできます。インターシップ制度などはこのシステムを利用しています。

私の周りには最初学生として長期滞在し、その後に滞在許可の名目を学生から労働へ切り替えることに成功している人が何人かいます。

書き換えはFlussiという政府の移民労働者に対する特別法令が発布された時に書き換えが可能です。不定期に公布される法令なので、時期は決まっていません。

Flussiによって労働者用の滞在許可へ切り替えられる人数は決められており、条件を満たしていても抽選から漏れてしまう可能性も大変高いのです。

そのため、このFlussiを待つ間の期間、合法的にイタリアへ滞在を続けるために学校へ通い続け学生としての滞在許可を延長することになります。グレーゾーンですが、条件を守って滞在許可を失効させないことが大切です。

私の知っている例は10年以上前に書き換えをした人たちなので、現状はもっと厳しくなっていると思います。移民の数が増えていることと失業率が増えていることが影響しています。

まとめ

現状では警察署での申請が郵便局での窓口申請に変わっており、私が申請した時よりはだいぶ申請が簡素化されています。

イタリアでは基本的に自分には落ち度がないと主張する文化なので、明らかに相手側が間違っていてもこちらに落ち度があると責められることがあります。役所でも同じことが起こるので、忍耐強く接してください。

滞在許可の申請やイタリアで仕事をする上で抱えたトラブルについて相談が必要な場合は、Patronato(パトロナート)を利用しましょう。すべてを一人で解決しようとするとストレスを抱えてしまうので、利用できる機関を頼ってみるのも良いと思います。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る