海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

韓国でよくある仕事上のトラブルとストレスとは?働く前に心の準備を!

  • 公開日:
仕事

文化の異なる海外で働くと、様々な常識や感覚の違いやズレでストレスを感じたり、トラブルが起きることもあります。私自身が韓国の企業に所属し、韓国人相手に仕事をする中で、いろいろなストレスを感じました。

この記事では韓国と日本の文化の違いから起きる仕事のストレスやトラブルを紹介します。あくまで個人的な経験ですが、これから韓国で仕事を始める人に「こういうこともあるんだな~」という心のクッションになればと思います。

丁寧さ VS 速さ

時計

日本人は仕事が丁寧、韓国人は仕事が速い。これは、韓国と日本の仕事文化の違いあるあるの1つで、私自身も強く感じたことです。

日本人は仕事の完成度にこだわりますが、韓国は日本と比べると完成度よりもスピードを重視する人が多いです。日本人と一緒に仕事をする韓国人からよく聞くことにも「丁寧なのはいいが、時間がかかる」という不満があります。

日本人の仕事はしっかり計画を作り、確認しながら進める方ですが、韓国で求められる仕事のスピードに慣れるまではすごく大変だという話を聞きます。

逆にこちらが依頼した仕事は、完成が早いが質が低く、何度もやり直すことになることも多いので、コミュニケーションを上手にとって進める必要があります

時間の感覚

砂時計

仕事をするにあたって、時間の感覚というのは重要なポイントになります。時間の感覚にズレがあると、お互いにストレスが溜まったり、スムーズに仕事が進まないこともあります。韓国と日本とでは仕事に対して若干の感覚の違いがあることがわかりました。

約束の時間

韓国人は、仕事を進めていくうえでスピードがあるのに対し、約束の時間や期限に関しては、日本よりも少しルーズなところがあります。

日本人だとアポイントメントや打ち合わせがあれば10分前には到着しておこうと心がける人も多いですよね。しかし、私も打ち合わせの時間に待たされたり、突然に時間を変えられたり、と振り回されることが時々あります。

日本人のように時間厳守!という人ばかりではないので、少しの遅刻や時間変更はいちいち気にしないような心持ちでいると、気持ちが楽になります。

夜遅い時間の連絡

日本では、仕事の連絡はEメールや電話ですることも多いと思います。しかし韓国では機密文書が含まれていなければ、カカオトークというLINEのようなSNSサービスを使って連絡を取り合うことがかなり多いです。

そのためか、かなり気軽に連絡することができ、夜10時以降など遅い時間でも、仕事関連の連絡が来ることが多いと感じます。もちろん、職種によっては仕方のないことですが、仕事のオンオフをはっきりさせたい人にとってはいやな部分かもしれません。

コネ文化

挨拶

日本でもビジネスには人とのつながりや人脈が大事だといわれてはいますが、韓国では、想像以上にこれが重要視されていることが多いです。

能力や、仕事の質に関わらず、知り合いだからとか、○○さんの紹介だから、という理由で仕事をもらったり、逆に自分の仕事を他の人に奪われてしまうこともあります。

ですから、関係が浅いと、どれだけ実績や経験があっても仕事をもらえなかったり、理不尽に仕事を振ってもらえないなんてこともありえます。

韓国でスムーズに仕事を進めるため、飲み会に毎回参加したり、ふだんから親睦を深める努力をしているという人もいますが、これも私はストレスに感じることの一つです。

ケンチャナヨ文化

グッド

丁寧さ、正確さ、質の高さが大事と考える日本人にとってストレスにもなるのが、ケンチャナヨ文化です。つまりは何でも「大丈夫、だいじょうぶ~」と適当な部分があるんです。

仕事の質の他に、私が一番驚いた経験が「給料は1日~15日の間に支払います」と告げられた時でした。小さな会社だったので仕方ないかな、と思いましたが、月初めに早々と振り込まれることもあれば、15日まで受け取れない時もあり、すごく不安でした。

なので、給料日がわからないと都合が悪いことがあると伝え、それからはできるだけ同じ日に給料をもらえるようになりました。

規則などがあいまいだったり、納得いかないことがあれば遠慮したり空気を読もうとしたりせずに、はっきりわかるまで聞く事が大事です。

約束や契約

契約

ケンチャナヨ文化の延長線にあることなのかもしれませんが、韓国には約束や契約をしたからといって、日本のように100%安心できない部分があります。正式な契約は破られることは多くはないですが、口約束はあってないようなものと考えたほうがよいです。

逆にいうと、契約や約束に寛容な部分もあり、仕事の期限が間に合わないとか、前回話した内容から変更したい、という理由がこちら側にある場合は、融通が利くということにもなります。

また、契約書にサインをして締結する前に、仕事を同時進行されていくケースも。これは韓国にせっかちな人が多いからかもしれませんが、日本の感覚からすると少し驚かされる部分です。

まとめ

丁寧な仕事がよいとされ、規則や契約をきっちりと守りながら仕事をするという意識がある日本人にとっては、感覚の違いに少しびっくりするような韓国社会。

ポジティブに捉えると、かた苦しくなりすぎず寛容な働き方ができる、と考えることもできます。しかし、日本で社会人経験がある人にとっては戸惑う場面もあると思います。

この記事を参考に、こんなことがあるかもしれない、と心の片隅に置いておくと韓国での仕事が少し楽になるかもしれません。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

韓国で働くには?日本人の韓国就職・転職まとめ(職種、職業、給与、求人)

【韓国求人】韓国就職したい日本人向けの求人サイトまとめ!韓国での働き方や暮らしの関連情報も

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る