海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

必見!英語初心者でも将来は海外で生活をしたいと思うあなたにフィリピン留学がいい理由

  • 公開日:
  • 更新日:
写真

海外の大学に進学するためには、IELTSやTOEFLのスコアが必要になってきますが、自分で対策を立てて勉強するには、かなり高い壁だったりします。

残念なことに、「アジア圏の中でも日本は特に英語が話せない国」と言われています。中学・高校で英語の授業を受けてきても、圧倒的に英語を話す機会が少ないのは事実です。

足踏みしている日本人は多いですが、英語初心者でも海外生活の夢は実現可能です。特に近年、人気を集めているフィリピン留学はそんな初心者の方が海外進出するために最適な環境が揃っています。

今回は私の体験をもとに、ビギナーでもフィリピン留学を経て海外生活を実現できることを知ってもらいたいと思います。

フィリピン留学で人気のESLコース

語学学校にはいろいろなコースが設けられています。中でも、初心者に人気なのがESL(English as a Second Language)コースというものです。これは英語を母国語としない、英語の(特に英会話の)基礎を学びたい人に設けられています。

英会話において文法や語彙力はもちろんのこと、4技能(Listening, Reading, Writing, Speaking)を総合的に勉強する必要があります。どれか1つでも欠けていれば、他者と円滑なコミュニケーションを図るのが難しいためです。

フィリピン留学のESLコースではマンツーマン授業を中心に、とにかく話すことに重きを置きます。初めはすんなり英語が出てこないでしょう。しかしESLの講師陣は何とかして生徒に英語を話してもらうため必死です。

英会話において、ある程度の語彙力は必須です。しかし、この単語力……受験のために覚えた単語を日本にいる間、日常生活で使う機会は滅多にありません。学生時代に覚えた単語のうち、何%覚えているでしょうか。

私は20代後半でフィリピン留学をしましたが、当時英単語についてはほぼ空っぽ状態でした。聞き覚えのある単語はたくさんあるのに意味が出てこない、使えない。言いたいことがあるのに言葉にできず、初めはとても悔しい思いをしました。

大学を卒業してから英語と全く関わらない生活を数年続け、受験のために覚えた英単語はきれいサッパリ忘れ去っていました。

レッスン

私は留学中、1日に6コマのマンツーマン授業を受けていました。講師はコマ毎に変わり、1ヶ月毎にシャッフルされます。

1ヶ月毎に初顔合わせの講師と自己紹介を続けること半年。何度、自分の自己紹介をしたか分かりません。

しかし、今思えばこの反復が英会話を身に付ける第一歩だったと思っています。何度も口にして使った英語は頭で考えなくても、不思議とスラスラ出てくるようになるのです。

留学先では他国籍の生徒と触れ合うこともあるでしょう。ここでも最初に自己紹介をしますよね。また同じ質問か……と思わずに、どんどん英語を使って自分のものにしていきましょう。

何十回、何百回と使ったパターンは一生忘れないはずです。せっかく海外留学までして周りにたくさんの人がいるのに、英語を話さないのは本当にもったいないです。

初めは自信もなく、会話を続けることが難しく感じるかもしれません。そんな時は、朝の挨拶からでも構いません。自分から英語を使っていく癖をつけていきましょう。

これをやり続けることで、あなたの英語力は飛躍的に伸びます。大事なのは継続して毎日行うということです。

初心者に英語を教えることに長けた講師が勢揃い

フィリピン人にとっても英語は第二外国語です。私たちと同じように英語を勉強し、日常生活で使っています。ですが、小学生から授業は全て英語。ニュースや街中のアナウンスでも英語を耳にすることがしばしばあります。

この圧倒的に英語と触れ合う機会の多さが、フィリピン人と日本人の英語力の差に顕著に表れていると思います。

英語の授業であっても日本では母国語で行う……私たちにとってはごく当たり前なことでも、海外の人からすると信じられないことのようです。

冒頭でも紹介したとおり、アジア圏の中で日本は特に英語を話せない人が多い国とされています。同時にこのような事実の中でも、海外就職や海外の大学進学を目指す日本人は増えています。

  • 英語で交渉する能力があれば……
  • 英語の講義を理解できる力があれば……

留学をしなくても即海外に進出できるでしょう。

中学・高校の義務教育の中で英語は必須科目です。机上で何十時間、何百時間と勉強したにも関わらず、英語を使ってコミュニケーションを取れる日本人は少ないです。英会話の域では、日本人のほとんどが初心者という訳です。

レッスン

英語力の高いフィリピン

アジア圏の中で最も英語力が高いとされる国はフィリピンです。第二外国語として英語を駆使しているフィリピン人は、英語を習得する辛さを知っています。

そんな彼らから教われば、独学で学ぶよりも早くコツを掴めるに違いない……と留学エージェントに言われ、半信半疑で留学した筆者です。

結論、フィリピン留学では初心者に英語を教えることに長けた講師が多く、特にスピーキング力の伸びを感じました。

近年、フィリピン留学をするアジア人、特に韓国・中国・台湾・日本・ベトナムからの生徒が増えています。韓国人に至っては小学校に入学する前の年齢の生徒が入学してきます。もちろん、英語のレベルはほぼ0と言っても過言ではないくらいです。

講師とマンツーマンの授業を毎日受け、英語のシャワーを浴びせます。生徒が何を言っているか理解できなくても、講師は独り言から全て英語を話します。初めに耳が慣れ、生徒たちは講師の話した単語や短い文章を真似ていくようになります。

大人と比べて集中力が長く続かない子供達に、ゲーム感覚で英語を学ばせることもあります。ダンスやギターなどを取り入れ、身体を動かしながら英語を組み込んでいきます。勉強というよりは、日常生活の一部に英会話があるという感じです。

英語の勉強という概念を越えて、英会話が楽しいゲームと思ってもられば、子供達の英語の伸びは飛躍的に増します。

大人の場合、ゲーム感覚で学ぶケースは減り、机に向かうスタイルが増えます。しかし、日本のように一方的に講師が話していることを板書し、テストのために自己学習をするという流れではありません。

週末の過ごし方など身近な質問を投げかけられます。簡単な質問なんです。しかし、英会話初心者の日本人は、なかなか言葉が出てこないものです。

講師は何とかして英語を喋らせようとあの手この手を使ってきます。1コマ50分の授業の中で、70~80%は生徒が話す場になります。この授業スタイルを毎日数コマ繰り返すことにより、知らず知らずの内に英語が出てくるようになってきます

豊富なマンツーマン授業だから、周りを気にする必要がない

フィリピン留学をすると、マンツーマン授業が当たり前になります。日本で英語の授業を受けたり、欧米で英語学習をしたりしても、講師と1対1で話す機会はなかなか多く持てません。

特に日本人の多くは、グループ授業の中で率先して意見を述べることが滅多にありません。マンツーマン授業で強制的に講師と自分だけの空間になれば、話すしかありませんね。

フィリピン留学をしていた時に、ほとんどの講師から「日本人だから宿題を出してもキチンとやってくるよね」「日本人は授業に遅れることないわよね」「日本人は惰性で授業サボるなんてことありえないよね」と言われました。

パーソナリティーを知る前に講師陣が初めに知るのは国籍です。留学先ではもちろん個人でも見られますが、国籍によってある程度のレッテルを貼られることが多々あります。日の丸を背負って留学している感覚です。

テキスト

フィリピン留学では日本の他、韓国・中国・台湾・ベトナム・アラブ・タイなどのアジア圏から生徒が集まります。国籍毎に発音の訛りがあるため、あえて国籍を聞かなくてもある程度コミュニケーションを取れば国籍はバレます。

日本人の傾向として授業には真面目に参加し、宿題は期限内にきちんとこなしてくる生徒が多いです。そのため、講師陣も5分早く授業を終わらせる、授業中に携帯をチェックする、といった姿勢は見受けられません。

朝から晩まで英語漬けの環境で、講師を独り占めできます。自分のレベルがどんなに低かろうと、周りには自分の担当講師しかいないので気にする必要はありません。

他のクラスメートを気にして、間違えたら恥ずかしいから、という気持ちが邪魔することはなく伸び伸びと授業を受けられます。

チェック表

また、フィリピン人の気質として、フレンドリーな方が非常に多いです。ポジティブ思考の人も多く、モチベーション維持に悩む生徒を持ち上げるサポーターとしても一役買ってくれます。

留学期間中は英語力の伸びに悩んだり、他の生徒と自分を比較して挫折を味わうといったことも少なからずあります。そんな時に自分を奮い立たせてくれるものは、留学を決めた時の自分の決意だったり、友人や親の励ましももちろんあるでしょう。

そして一番は、留学先での環境です。英語力向上のためにあなたと同じく留学を決めた同志が自習に励んでいる姿に、意欲をかき立てられるかもしれません。

信頼を置くあなたの担当講師からの励ましの言葉が、もう一度勉強する気を起こしてくれるかもしれません。

強い味方がたくさんいるフィリピン留学は、モチベーションを維持させながら勉強に励むには最適な環境です。

サポート体制の整ったフィリピンの語学学校

フィリピンには、オーストラリアのワーキングホリデー前や海外就職・大学編入前のステップとして英語の勉強をしにくる人が多いです。そのためレベルもビギナーから始められるコースが準備されています。

初心者に向けた学校体制はコースだけではありません。母国語対応も可能なように、日本人スタッフが配置されている学校がほとんどです。

もちろん講師陣はフィリピン人。そして語学学校のほとんどは、今や国をあげてフィリピン留学を推奨している韓国資本です。

では、講師や授業について聞きたい時、フィリピン講師に英語で聞かないといけないのでしょうか?学校の中で決まりごとを確認したい時は、韓国人のマネージャーと韓国語または英語を交えてコンタクトを取らないといけないのでしょうか?

もしそんな環境が強いられる状況なら、渡航する自信が出てきませんよね。でも大丈夫です。フィリピン人講師や韓国人オーナー、マネージャー達と生徒の間に入って情報伝達をしてくれる日本人スタッフが各学校にいるのが通常です。

今では中国人・台湾人・ベトナム人の学生マネージャーを雇う語学学校も増えてきています。

事務室

入学したばかりで右も左も分からない時は、母国語で質問できる環境があると便利ですよね。

そして慣れてきて、日本人のスタッフとも英語でコミュニケーションを取れるようになってくれば、留学中の自分の英語力を図るものさしにもなります。卒業する時に、そんな状態になっていれば自分の成長を実感できるでしょう。

基本的にフィリピンの語学学校でマネージャーや学生アシスタント(学生マネージャー)をしている人は、フィリピン留学経験者が多いです。

フィリピンという環境、フィリピンの語学学校という環境が好きで、マネージャーというポジションで戻ってきたという声もよく聞きます。

どこの学校も、入学した初日から既存の生徒と同じように授業開始となります。その準備としてレベル分けテストを受け、両替や写真撮影(ビザ延長に必要)、日用品の買い物などのために、学生マネージャーが付き添います。

校内キャンパスツアーはもちろんのこと、滞在する街や市のこと、注意点など入学の段階に母国語で説明があると安心できますね。

まとめ

年々、人気を伸ばしているフィリピン留学。今やリゾート地としてのセブ島だけではありません。

日本にいるとなかなか伸ばすことのできない英会話力が、フィリピン留学なら身に付きます。フレンドリーなフィリピン人講師と楽しくコミュニケーションを取り、英会話力を伸ばして欲しいです。

幸いなことに、英語の勉強・語学留学を始めるにあたって年齢制限はありません。定年後に留学をしているご夫婦だっているのですから。きれいさっぱり忘れてゼロからのスタートになったとしても、フィリピン留学ならあなたを満足させてくれます。

英語初心者だとしても、海外生活・就職・大学進学という夢があるなら、まずはフィリピン留学を第一ステップとして下さい。あなたの夢を押してくれる、大きな秘薬になること間違いありません。

ホワイトボード

私が留学中、英語力の伸びに悩みスランプに陥っていた時に講師の1人に言われた言葉です。「Don’t stop when you are tired. Stop when you are done.」

英語で簡単な挨拶と自分の名前を言うことしかできないレベルの生徒も多く入学してきます。

つまり私が言いたいのは、英語が苦手だからと諦めないで欲しいと言うことです。特にフィリピン留学では英語を勉強したい、話せるようになりたいという思いがあるのであれば誰でも歓迎しています。

海外留学

留学は賢い情報収集から!「留学くらべ~る」で無料パンフレットを取り寄せ♪

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

ページ上部へ戻る