海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

フィリピンで働くなら中学英語でも大丈夫?フィリピンのリアルな英語事情を徹底レポート

  • 公開日:
  • 更新日:
フィリピンの英語

フィリピンの首都マニラやリゾート地として有名なセブ島には、日本企業の東南アジア支店や語学学校などが多数あり、日本人を雇用する会社も他の東南アジアの国と比べて数多くあります。

フィリピンで仕事をする上で日本語のスキルは重宝されますが、同時に現地スタッフや多くのカスタマーとのやりとりに英語は必須です。つまりフィリピンで働くならば、ある一定の英語力は必要になってきます。

しかし、実は私たちが思っている英語と実際にフィリピンで使われている英語はまったく違うのです。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

※JAC Recruitmentは海外移住希望者にはおすすめしません。

フィリピンはアジア屈指の英語教育先進国

フィリピン人の英語力

フィリピンの公用語はフィリピン語と英語ですが、子供の頃から授業などで英語に触れる機会が圧倒的に多く、アジア屈指の英語教育先進国と言われています。英語を話せる人の数が世界第3位というほど英語人口の多い国で、国民の約93%が英語を話します

そのため、英語を習得しようとするアジア人の多くは距離が近い・価格が安いこともあり、フィリピンに語学留学します。また、フィリピンにはオンライン英会話の会社も数多くあり、多くのフィリピン人が語学関係の仕事に就いています。

外国映画も、英語作品は吹き替えも字幕もなくそのまま上映されるなど、いかに英語がフィリピン国内で普及しているかが分かります。

フィリピン人の英語は意外となまりが強い?

フィリピン人は非常になまりの強い英語を話します。

英会話教師やテレフォンアポインターなど英語をオフィシャルに使う仕事に就く人は、ネイティブや専門のスタッフによる発音矯正のトレーニングを受けてからスタッフデビューすることもあるくらいです。

ローカルなお店では英語が通じないことも

現地のレストランスタッフやタクシーの運転手などには、流暢な英語どころか英単語を並べるような英語力で働いている人もいます。

実際に私も経験したのですが、フィリピンのレストランでピザを購入する際、スタッフに「How big is this?:それはどれくらいの大きさですか?」と聞いたところ、まったく通じませんでした。

しかし、お互いわずかな英単語と身振り手振りのコミュニケーションで、最終的にはサイズを聞くことができました。

日本人は消極的なだけで、英語のボキャブラリーは多くあります。フィリピンでは英会話に自信がなくても、まずは「単語だけでもいいので知っている英語を使ってみる」ことが大切です。

海外就職求人サイト
海外就職

フィリピン就職は中学レベルの英語力でも問題なし!

英語は習うより慣れろ!と言いますが、まさにその通りです。いくらビジネスと言っても、職場でする会話は専門的な話以外ほとんど日常会話です。スタッフ同士のコミュニケーションは特にそうです。

フィリピンで就職した日本人の中には、いわゆる中学英語レベルの語学力で仕事をしている人も多くいます。アメリカやイギリスなど英語が母語として使われている国は別として、少なくともフィリピンでは決して難しい英語は必須ではありません。

心配であれば、英語の参考書などを一通り読んでおくとよいでしょう。

フィリピン英会話のポイントとは?

  • 「ゆっくり」「はっきり」話す
  • 理解できない時ははっきりわからないと言う
  • 言葉で伝わらない時はジェスチャーを使う

フィリピンで生活していれば、自分が話した英語が相手に伝わらなかったり、相手が言ったことを理解できなかったりすることもあるでしょう。

しかし、英語はいくらでも言い換えが可能です。「伝わらずにガッカリ」するのではなく、「伝わる喜び」を感じながら楽しく働くことを目指しましょう。

またフィリピンでは、TOEIC500点以上という条件で求人を出している会社も多くあります。TOEIC500点というのは、そこまで高いレベルではありません。そのため、そんなに力まずに、英語が使える環境を楽しむくらいの気持ちで挑戦してみるといいかもしれません。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

世界中の人々が使用する英語。ミスを恐れずどんどん使おう!

世界の英語人口

最後に、世界の英語事情について触れたいと思います。

フランスやドイツ、イタリアなどの非英語圏の国でも「Hello」と英語で声をかけられた経験はありませんか?英語は地球語というほど、世界中の人々に使われている言語です。

私たち日本人は、英語が話せると聞くとネイティブスピーカーやハリウッド俳優のような流暢な英語をイメージしてしまいますが、英語が母語ではない国の人たちが使う英語は、いわゆるブロークンイングリッシュ(発音や文法に誤りのある英語のこと)であることが多いのが現実。

つまり、世界中にいるイングリッシュスピーカーの多くは、発音や文法などのミスを気にすることなく英語を使っているのです。

まとめ~英語は働きながら身につける

日本にいると日常で英語を使う機会はほとんどありません。そのため、英語に自信がある人でも、いざ英語だけの環境に飛び込むと緊張して言葉が出てこないなんてこともあるでしょう。

自分の英語力がフィリピンで通用するのか不安はもちろんあるでしょうが、フィリピンの人たちは英語を習得する苦労を理解してくれます。ぜひお互いに切磋琢磨しながら伝わる英語を身につけ、フィリピンで上手に働きたいですね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

フィリピン就職・転職しよう!フィリピンの現地採用の給料や日本人向けの求人について

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る