Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

ミャンマー在住者が選ぶ失敗しないおすすめのお土産!ベスト5

ミャンマー

海外でのお土産探しはワクワクして楽しいもの。

でも、上司へ、同僚へ、家族へ、友人へ、と考えていざそれぞれへのお土産を買おうとすると、何がいいかわからず結構時間がとられますよね。

特に東南アジアでは、お土産に喜ばれそうなものを探すのも一苦労です。

ミャンマーでもやはりお土産を揃えるのは大変ですが、様々な失敗を経たからこそおすすめできる、駐在妻一押しの、厳選したお土産5つをご紹介します。

ミャンマーのお土産事情

「ボジョーマーケット」では外国人価格になることを覚悟すること

ミャンマーには、有名なお土産物市場としてよくガイドブックにのっている「ボジョーマーケット」があります。様々な種類のお土産を売っていて、見ていて飽きません。

しかし、値段がついていない店が多く、いざ買うとなると外国人価格で高い値段をつけてきます。

また、売り子と呼ばれる店の店員が、いつまでもしつこく言い寄ってきて、日本のようにじっくりゆっくりお店をみて選ぶということがなかなか叶わないといった経験をしました。

自分用にお土産を選びたい場合なら、この「ボジョーマーケット」で買うのはいいと思います。しかし、もしも誰かへのお土産探しなら、価格も高いうえにゆっくり見られないので、ここでのお土産探しはあまりおすすめできません。

スーパーマーケットなら涼しく買い物できる

例えば、食品のお土産を探すなら、街中に数多くあるスーパー「シティマート」がおすすめです。当然ですが、価格も表示されており、エアコンがきいたきれいな店内でゆっくり落ち着いて買い物ができます。

また、お土産物屋さんで、お土産を買うときには、その商品に傷がついていないかや汚れがないか、裏までチェックすることをお忘れなく。

私も以前、表がきれいだからと買った絵皿が、裏に傷があったり、箱が汚れていたりと、がっかりしたことがあります。汚れている物が売られていることが普通にあるので、買う前にきちんとチェックしてください。

そんな様々な経験をしたからこそ、失敗を経て、ミャンマーで満足できるお土産を選べるようになってきました。続いては、おすすめのミャンマー土産~ベスト5~をご紹介します。

ミャンマーのおすすめの土産5選

「シュエパズン」の箱入りクッキー

「シュエパズン」の箱入りクッキー

「シュエパズン」という、ミャンマーのヤンゴンに数店舗構える、ベーカリーショップの箱入りクッキーは一番のおすすめです。

ミャンマーで暮らし始めた頃、なかなかミャンマーのお菓子で満足できるものに出会えずにいました。

そんなときにミャンマーで知り合った日本人の友人の家でこのクッキーをお茶菓子に出していただき、そのおいしさに感激。プレーンとナッツとレーズンの三種類の味が楽しめます。

サクッとした食感は、日本のレベルに劣りません。30数個入りで、立派な箱に入り個包装されているので、会社関係の方へのお土産に最適です。

ショッピングモール「ジャンクションスクエア」で購入しよう

裏話ですが、ヤンゴンに数店舗ある「シュエパズン」でも、「ジャンクションスクエア」というミャンマーのショッピングモールの中にあるお店で購入するのがおすすめです。

なぜかというと、立派な紙袋をつけてくれるからです。(他の店舗は白のビニール袋です。)

フォーマルな場所へのお土産を渡したいときに、お店のロゴの入ったきれいな袋で渡したいのは女心だけではないはず。会社にもきれいな袋で持っていきたいですよね。

また、もう一つ気をつけたいのが、この箱入りクッキーは、日本円で500円しないくらいで買えるのですが、空港だと10ドルもしていました。2倍以上です。

時間がないという方は空港でも買えますが、「ジャンクションスクエア」の「シュエパズン」できれいな紙袋とともにお得にお買い物するのがおすすめです。

トップ

トップ

こちらもお菓子なのですが、カシューナッツを砕いて固めた甘いお菓子で、おやつ感覚で楽しめる「トップ」もおすすめです。

値段も390円と安く、箱に入っているので、会社の人や、親しい友人へのお土産にぴったり。ミャンマーの街中に数多くあるあるスーパー、「シティマート」で買うことができます。

この「シティマート」では、たまに安売りをしていて、運よくそのセール時に来店すれば、350円ほどで手に入れることができます。

最初はサクッとした食感で、そのあとしっとりとした食感やほどよい甘さを楽しめて、私の家族にも主人の同僚にも「トップ買ってきて」とリクエストされているほどです。

日本人の口に合うお菓子で、お子様からご年配の方まで好まれるお土産だと感じています。

ロイヤル

ロイヤル

お菓子に続いては、甘い飲み物、粉末状のミルクティーのご紹介です。

インドのチャイよりも甘くなく、さらりとした甘さが魅力の「ロイヤル」は、女性へのお土産に人気。こちらもミャンマーに数多くあるスーパー「シティマート」で買うことができます。

しかも、10袋入りで100円ほど。30袋のファミリーパックだと300円ほどで買えますので、ばらまき用にもできます。

ちなみに私は、先に挙げたクッキーなどのお菓子と、この「ロイヤル」をセットでお土産として友人に渡し、「ミャンマーのお菓子と紅茶でお茶タイムを楽しんでね」と一言添えたらとても喜ばれました。

「dacco」のタティングレースのピアス

「dacco」のタティングレースのピアス

お菓子以外のお土産探しでぜひ訪れてほしいのが、日本人が経営に携わっている、「dacco(ダッコ)」という雑貨店です。

このお店には、ミャンマーの各民族の布などを用いた素敵な織物やバッグ、小物入れなどが並んでいますが、日本人が経営に関わっているだけあって、品質がしっかりしている上、デザインがおしゃれなものが多く、雑貨好きな方におすすめです。

中でも、ミャンマーの伝統的なレース、「タティングレース」で作ったピアスやイアリングは1,000円前後で求めることができ、その繊細できれいなアクセサリーは人気を集めています。

なんと、今日本ではこのタティングレースが注目され、日本でこのレースを使ったピアスを買おうと思ったら3~4倍もしていました。

様々なデザインがありますので、ぜひ、送りたい人をイメージして選んでみてください。もちろん、自分用にもおすすめです。

私もこのタティングレースのピアスとイアリングをミャンマーで愛用しています。

公式サイト:http://www.dacco-myanmar.com/

ミャンマービール

ミャンマービール

女性へのお土産だけでなく、男性へのお土産もそろえたい。そんなときは、ミャンマーが誇るビール、「ミャンマービール」がおすすめです。

お酒好きなら、その土地のビールってどんな味か気になりますよね。「ミャンマービール」は、コクやキレがあるだけでなく、軽い口当たりでグビグビいけるうえに、一缶100円しないという安さなのです。

このミャンマービールは世界的にも認められていて、世界的に権威のある食品品評会、「モンドセレクション」で、何度も金賞を受賞するなど、話題のビールです。

日本だと高田馬場にあるミャンマー料理屋さんでしか飲めないので、貴重なお土産になるはずです。

まとめ

ミャンマーのお土産は、値段がそれほど高くないので、たくさん買って、日ごろお世話になっている多くの人にお渡しできるのが魅力です。

私もお渡しした方に、お土産を通して、なかなか知る機会のないミャンマーを知っていただけたらいいなという気持ちで毎回日本に帰るときにお土産選びをしています。

これまで何度かの日本への帰国でお土産を買った際に、よく見たら汚れや傷がついていたり、味がおいしくなかったり、さんざん失敗も経験してきました。

しかし、この記事でご紹介したお土産にははずれがなかったです。お土産を渡した方みんなに喜ばれました。

評判のよかったお土産を順にあげましたので、ぜひ、この記事を参考に大切な方へのお土産選びを楽しんでくださいね!

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
SUZUAYA

SUZUAYAライター

投稿者プロフィール

出身地である宮城県で、十年ほどラジオのアナウンサーを経験後、2016年春より夫の海外転勤により、ミャンマーの最大都市ヤンゴンに在住。

若いころは海外への憧れが強く、旅行で訪れた国は二十数カ国にのぼる。
東日本大震災を経験し、地元宮城で復興を見守りながら生きていこうとしていたところ、主人と出会い結婚。その後結婚半年で転勤によりミャンマーへ。
海外に住むのは初めてで、途上国での暮らしは不便なことが多いが様々な出会いに助けられ、様々な経験をして、ライターとしても活動中。

ページ上部へ戻る