海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ドイツのスーパーで買える美味しいお菓子ランキングTOP5

  • 公開日:
  • 更新日:
ドイツのスーパーでお菓子を買う

ドイツにはいろんな種類のスーパーがあります。

ドイツ全国に流通する商品を扱っている有名スーパーや、マイナーなメーカーの商品を安く販売しているディスカウントスーパー、オーガニックのものだけを置いているBIO(ビオ)スーパーなどがありますが、今回はドイツ全国に展開している大手の有名スーパーで買える美味しいお菓子をご紹介します。

チョコレート(1位)

ミルカ(Milka)

Milka(ミルカ)のチョコ

ドイツ人の一番好きなお菓子、それはダントツでチョコレートです。板チョコ、プラリネ、チョコバーなどいろいろな形のチョコレートがありますが、需要があるのでチョコ売り場も広い!

でも中にはとんでもなく甘ったるいチョコもあるのでご注意を。Milka(ミルカ)のチョコは甘めですがドイツ人にも人気があり、何と言っても定番。どこのスーパーでも販売しています。

バリエーションも豊富でいろんな味が楽しめます。特におすすめなのはホワイトチョコの板チョコ。ミルクの香りがふんわり漂い濃厚な味です。

リッタースポーツ(Ritter Sport)

Ritter Sport(リッタースポーツ)のチョコレート

正方形の形でおなじみのRitter Sport(リッタースポーツ)のチョコレートはほどよい甘さでボリュームもあり、日本人にも親しみやすい味なのでおすすめです。

カラフルなパッケージの小さなチョコのアソートセットも販売されていて、お土産にも最適!ベルリンには本店があり、沢山のチョコの中から自分の好きなものをセレクト、ブレンドしてオリジナルのチョコを作ってもらうことができます!

トフィフェー(Toffifee)

キャラメルの中にチョコクリームの入っているToffifee(トフィフェー)は、不思議な食感が魅力。柔らかいキャラメルに滑らかなチョコ、カリッと香ばしいナッツの組み合わせが絶妙です!

スーパーのお菓子売り場でちょくちょく日本語の名前や、わさび味など日本の味にも出会います。

nippon

nippon

nipponという名のこのお菓子は、ライスパフをチョコレートでコーティングしたものです。どこからこのネーミングになったのか分かりませんが、ポン菓子の味が懐かしい一品です。

グミ(2位)

ハリボー(HARIBO)

HARIBO(ハリボー)

ドイツの子どもも大好きなグミです。こちらも棚一面グミ売り場という需要の高さです。おすすめはやはり日本でも有名なHARIBO(ハリボー)のグミです。日本のグミに比べると少ーし固めの食感ですが、こちらではこの固めがスタンダードです。

小さな袋が沢山入ったジャンボパックは、職場や学校などのばらまき用お土産にぴったりです。味の種類はとても多く、季節限定商品もあります。おすすめは写真のヨギ・ブッシという味です。日本では販売されていません。

ドイツでもどこのスーパーでも置いているわけではなく、たまに見かける種類です。下半分はヨーグルト味の不透明なグミ、上半分はフルーツ味の透明なグミ、中にはとろーりヨーグルトクリームが入っていて甘酸っぱいさわやかな味わいです。

ポテトチップス(3位)

ポテトチップスはただ塩辛いだけのものや、味がとても濃いものなどが多く、なかなかこれだ!というものに出会えなかったのですが、ローレンツ社のナチュラルズシリーズはおすすめです。

ローズマリー風味、塩&ブラックペッパー、バルサミコとどれも美味しいのですが、特にバルサミコはおすすめです。

その他には、ライム&ピンクペッパーもなかなか珍しい味で美味しいです。

イタリア産のチップスなのですが、ライムのさっぱりした酸味とピリッときいたピンクペッパーがとても合っていて、いつもの味に飽きたときなど良い刺激になります。

ちなみにドイツのポテトチップスはパプリカ味が定番です。色は赤めで辛そうに見えますが、食べてみるとそんなに辛くはありません。

あめ(4位)

エム・オイカル(Em-eukal)

エム・オイカル(Em-eukal)

日本に比べるとバリエーションはやや少なめのドイツのあめ。のどあめが圧倒的に多いです。その中でもおすすめなのは、Em-eukal(エム・オイカル)というのどあめです。

セージ、チェリー、クラシック(ユーカリ&メントール)などの味があるのですが、しょうが&オレンジ味がとても美味しいです!

ドイツは日本に比べかなり乾燥しているので、冬場などは特にのどあめは重宝します。ハーブ系のものはやはりよく効くので冬のお土産には最適です。この他にもドラッグストアなどで似たようなハーブ系ののどあめが買えます。

クッキー(5位)

ライプニッツ(LEIBNITZ)

 ライプニッツ(LEIBNITZ)

一昔前はドイツ人の好むお菓子ナンバーワンだったクッキー。Bahlsen(バールセン)社のLEIBNITZ(ライプニッツ)というシリーズは、特に素朴な味わいが人気のバタークッキーです。

写真は基本のバタークッキーよりも砂糖を30%カットした甘さ控えめクッキーです。さくさくの食感とバターの風味は健在です。

この他にも全粒粉生地のものや裏面をチョコでコーティングしたもの、生地にチョコを練りこんだダブルチョコクッキーなどいろんな味があります。クッキーは軽いし、チョコのように溶けたりしないので、お土産にもぴったりです。

普段のおやつにちょうどいいのがHafer(ハーファー、カラスムギのこと)クッキーです。生地にカラスムギが練りこんであってさくさくと素朴な味です。

裏面はチョコレートでコーティングされています。それぞれのスーパーで自社製のハーファークッキーを販売しています。

ゼリーがのったソフトケーキもおすすめ

そしてクッキーではないのですが、クッキーの棚に並んでいるおすすめの商品があります。

ふわふわの生地の上にちょっと固めのオレンジゼリーがのっていて、その上からビターチョコでコーティングされているソフトケーキ、ビターチョコとオレンジの組み合わせが大人味でとても美味しいです!

日本ではよくあるゼリーの食感もこちらではほとんど見かけないので貴重です!

まとめ

リーズナブルで美味しいのが嬉しいスーパーのお菓子。

この他にも季節限定商品もあり、特にクリスマスのお菓子と復活祭のお菓子はどこのスーパーでもその季節になれば売り出します。見た目にもかわいいこれらのお菓子もお土産に最適です。

日本でお馴染みのお菓子でも、意外と未発売のフレーバーなどもあるので、スーパーに立ち寄った際は是非お菓子売り場を覗いてみてください。スーパーはお土産の宝庫!是非お買い物を楽しんでくださいね!

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る