Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

中国・北京の物価はどれくらい?北京の1ヶ月の生活費シュミレーション

北京で生活

中国(北京)で生活を送ると物価はどれくらいで、生活費用はどれくらいかかるのでしょうか。北京と言えば、中国の首都。

あなたは北京での生活費は結構かかると思いますか?それともそんなにかからないと思いますか?今回は具体例を挙げて、ご紹介します。中国は地域によって物価も生活費も全然違います。

また、生活スタイルと居住環境によって大きく違いがでてきますが、北京で生活をする予定の方は参考にしてみてください。(1元=16.2元※2017年現在)

前提条件

配偶者と共に、2人で北京北西部の大学が集まるエリアのローカルのマンション群に住んでいます。

築数年の新興住宅地で、老朽化した集落の再開発に伴い移住した古くからの現地住民が入居者の大半を占めています。

家賃

家賃:月5,000元(約8.7万円)…広さ約60㎡の1LDK

北京は賃貸家賃の高騰が激しいため、前年と同条件では借りられないことが多く、約15~20%ほど割高になっています。家賃は立地によって様々で中にはもっと家賃の高い場所もあります。日本人が住むならこの金額当たりから部屋を探すことになると思います。

食費

食費:月1200元。

自炊メインにしており、月平均約1,200元(約2万800円)。近くの大学内の八百屋では新鮮で安い野菜が買えます。

野菜などもピンからキリまであり、めちゃめちゃ高い野菜もあれば、安い野菜もあります。心配な方は、日系スーパーのイトーヨーカドーなどもあるので、そこで買い物をしてもいいかもしれません。

光熱費

光熱費(月平均):115元

内訳は電気70元(約1,200円)、水道30元(約520円)、ガス15元(約260円)です。

電気はデポジットで事前に入金しておき、残額が少なくなって来たら電力会社で購入します。水道・ガスは2ヵ月に一度検針が行われ、使用分を後日金融機関で支払います。

飲料水

飲用水:120元(約2,000円)

水道の水は直接飲めないので、ウォーターサーバーを各家庭に設置し飲み水や調理用水としています。水業者によって値段にも差がありますが、ここでは18リットルサイズ1ボトル20元(約400円)で月6本と計算しました。

交通費

交通費:200元(地下鉄往復10元×20日)約3,480円

北京での基本的な移動手段は地下鉄移動になります。もちろんバスやタクシーもありますが、地下鉄移動が便利です。

通信費

通信費:140元(約2,440円)

内訳は携帯電話40元(約700円)、インターネット100元(1740円)です。基本料金10元×2人、通話料約20元。仕事用のスマホとは別にしており、基本通話しかしないため、一番安いプランで契約しています。

インターネットは日本との通信にも使っているため欠かせませんが、通信各社のサービス競争により、長期契約で更に安く抑えることもできます。

生活用品

生活用品:1,000元(約1万7,400円)

月ごとに異なりますが、家電製品の買替や衣類の購入、備品購入等に充てます。家電などすぐに壊れる場合が多いです。

関連記事▶︎北京で生活しよう!中国へ行く前に日本で買ってくるべき5つのアイテム。生活用品で日本から持って行った方がよいものをまとめてあります。

交際費

交際費:500元(約8,700円)

週末に友人との会食やサークルに参加したりします。

その他雑費

雑費:300元程度(約5,200円)。その他手続き費用等です。

1ヶ月の生活費まとめ

家賃5,000元(約8.7万円)
食費1,200元(約2万800円)
光熱費115元(約1,980円)
飲料水120元(約2,000円)
交通費200元(約3,480円)
通信費140元(約2,440円)
生活用品費1000元(約1万7,400円)
交際費500元(約8,700円)
雑費300元(約5,200円)
合計8575元(約14万9,000円)

2人で北京で生活すると合計で8,575元(約14万9,000円)となりました。ご覧の通り、家賃が出費の大半を占めています。一方で光熱費、通信費、交通費は安く抑えられ、食費も自炊でかなり節約が可能です。

家賃を安く抑える方法としては、ローカルマンションに部屋を借りたり、ルームシェアすることになります。いろいろ頑張れば月1,000元ぐらいの家賃の部屋に住むことも可能です。

まとめ

居住しているエリアによっても消費水準は大きく変わってきますが、なんと言っても家賃です。北京の生活に何を求めるのか、現地の中国生活にどっぷり浸りたいのであればローカルの住宅区に入っていくことを強烈におすすめします。

もし、大都会北京の生活を満喫したいのであれば、商業区に近い高消費地域で部屋得お借りれば快適な生活を送ることもできます。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

中国での日常生活で実際に見かける面白い6つのこと

とっても興味深い中国の車社会!中国で生活で気づいた7つの事情

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

ページ上部へ戻る