海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

海外赴任前に知っておこう!フィリピン・マニラ駐在員の居住地事情

マニラ

海外に赴任する。そうなった場合、心配事は山ほどあるのですが、その中の1つが住環境。

北米や欧州など先進国への赴任ならまだしも、それが東南アジア、フィリピンともなると、いったいどういったところに住むことになるのか。私も最初は不安でした。

特に、家族帯同だったため、安全面への不安を拭いきれませんでした。それが蓋を開けてみればどうでしょう!

メトロマニラへの赴任が決定したあなた!ここに住めば間違いない!日本人が快適かつ安全に暮らせる、代表的な居住地をご紹介します。

メトロマニラにおける外国人の居住地

部屋

フィリピンの首都マニラ市を中心に、政治・経済・文化の中核をなす大都市群(16都市群)を総称してメトロマニラと呼びます。

通常「マニラへ赴任」と言うと、マニラ市そのものではなく、このメトロマニラのいずれかの都市へ赴任、と考えるのが一般的です。

中でも日系企業のオフィスが断トツに多いのが、経済の中心地と言われるマカティ市です。マニラ市が米国におけるワシンントンだとすると、マカティ市はニューヨークに相当する、そんな風にイメージいただければ良いと思います。

日本人はじめ、外国人の多くが就業する都市マカティ

おのずと彼らの私生活を受け入れるための居住区画も急速に整備されてきています。そんな中、特に人気のあるエリア、これを知っておけば現地での住居選びも絶対に迷いません!

サルセド・ビレッジ

サルセド・ビレッジ

マカティ市の中でも、古くからビジネス街として発展してきたエリアです。居住地としての人気も絶大で、日本人駐在員が最も多く暮らす地区です。

外国資本の洒落たレストラン・カフェも多く、デイタイムは非常に活気に溢れた場所です。ただ、ビジネス街であるという事情から、夜になると極端に人通りは少なくなります。

オフィスビルはもちろんの事、住居としての高層コンドミニアムも数多くありますが、どちらも古さは否めません。その代わり、と言ってはなんですが、広くて安い物件が多いです。

また、近場に日本人会医療施設もあるので、緊急時には大変重宝すると思います。ここに暮らすのは、比較的フィリピン歴の長い外国人(日本人含む)が多いように感じます。新米赴任者は一旦候補地からは外しても良いでしょう。

レガスピ・ビレッジ

レガスピ・ビレッジ

マカティ市の巨大高級ショッピングモール「グリーンベルト」を中心とした、高級コンドミニアム群のある居住区です。どちらかというと日本人よりも欧米人の方が多いです。

グリーンベルトの他にも、巨大デパート「ランドマーク」や、どちらかというとローカルに人気の「グロリエッタ」というショッピングモールなど、すべての商業施設が雨に濡れずに行き来できるようになっています。

生活に必要なものは全てワンストップで入手する事ができる、非常に便利な場所です。逆に言えば、施設外への徒歩での外出は安全面の点からおすすめすることはできません。不特定多数の人が多く集まる場所=危険がつきものです。

日系スーパーや居酒屋の集合体「リトルトーキョー」へも徒歩圏内ですが、途中かなり暗い道を歩くことになります。決して車以外での移動はしないようにしましょう。

それから、お家賃は強気な設定が多いです。特にグリーンベルトに隣接する超高層高級コンドミニアム「グリーンベルトレジデンス」は、内見した際唸るほどの素敵さでしたが、なんとお家賃15万フィリピンペソ(当時レートで37,8万円)。

1BR(1ベッドルーム)でのお値段というから驚きです。家賃補助が期待できる場合のみ、選択肢にしても良いかも知れませんね。

セレンドラ

セレンドラ

マカティ市のお隣、タギッグ市のボニファシオという場所にある居住エリアです。

「マカティ市の話じゃないの?」そんなお言葉が聞こえてきそうですが、ここは行政区が違うとは言え、グリーンベルトから距離にして3,4kmの場所にあります。日本人駐在員家族も多く住んでいます。

何より、セレンドラのコンドミニアムはどれも「ボニファシオ・ハイ・ストリート」という巨大ショッピングストリートに隣接しており、フィリピンとは思えないハイレベルな私生活を優雅に過ごす事ができます

東京で言えば六本木界隈に住む、そんな感じです。休日のハイ・ストリートでは、ベビーカーを押しながら余暇を楽しむ日本人家族をよく見かけます。

ただ欠点を挙げるとすれば2点。1つはオール電化が多いフィリピンのコンドミニアムでセレンドラはガスを使用しているという事。

2015年にはコンドミニアムでガス爆発事故が発生し、関係のない通行人に死者が出ました。以来、オール電化へとシフトするという噂を当時聞きましたので、2018年現在、候補に入れるのであれば事前に確認するのが良いでしょう。

2つ目の欠点。それは渋滞が酷い事。朝の通勤はマカティ市まで1時間は覚悟してください。最近はこのボニファシオにオフィスを構える会社も多いので、もしそのような会社勤務の方であればこのセレンドラ1択で良いと思います。

ロックウェル

ロックウェル

私が3年間住んでいた居住エリアです。ここはこれまで紹介したどこよりも狭く閉ざされた地区。

元電力発電所があったから、という理由で名付けられた「パワープラント・モール」という中規模のショッピングモールの周りに、数棟の超高層コンドミニアムが立っています。

何故このロックウェルにしたか?それには明確な理由がいくつかあります。まず、安全面。もちろんフィリピンのコンドミニアムは必ず出入り口に警備員が配置されており、セキュリティへの配慮は整っています。

しかしこのロックウェルは更に、エリアそのものに入るのに警備員のチェックが必要となります。言わば二重のセキュリティ。家族帯同者としては大きなメリットでした。

次に狭いからこその利便性。ロックウェルは本当に狭いです。そう、東京ドームで言うと…1個分にも満たないでしょう。でも生活に必要なものは一通りまかなえます。

どこに住んでも気軽に徒歩で外出(遠出)ができないフィリピンですので、ならば狭い方が良いとの逆説もありです。

第3の理由、実はこれが主な理由なのですが、超高層階が(手の届く家賃で)たまたま空いていたことです。さて、何階でしょうか?

勿体ぶっても仕方ないですね、55階(最上階)です。ロックウェルで最も高い階層の部屋がたまたま空いていました。即決でした。

ロックウェルの長所として最後にもう1点だけ。オーナーとの契約交渉時、必ず「ロックウェルクラブの会員にしてください!」と申し出てください。もちろん家族全員。99%の確率でOKが出ます。

すると、フィットネス・ジム・プールのついたロックウェルクラブを自由に使えるようになります。日本人にはありがたい事に湯船・サウナ付きの浴場も使い放題になります。言わないと付きませんからね!

1%のNG確率は…ケチなオーナーに当たった時ですが、私は聞いた事はありません。

まとめ

少しはイメージしていただけましたでしょうか?日本で一介のサラリーマンをしている限り、到底味わえなかった「セレブ的」な生活ができてしまう事はお約束します。

フィリピンと言うと「怖い」というイメージが先行しがちですが、実は韓国や欧米諸国ではハネムーン先として人気ナンバーワンなのがフィリピンなのです。不安よりも期待を持って、フィリピンへ赴任しましょう!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る