海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

どこに住むのがおすすめ?タイのシラチャ―のコンドミニアム事情

  • 公開日:
  • 更新日:
シラチャー

シラチャーという町の名前を聞いたことがないという方も多いでしょうが、実はタイに赴任する日本人には比較的よく知られている町です。日系企業の支社や支店、工場などが多い地域に近いため、日本人がたくさん住んでいます。

また過去に赴任してきていた人が、のどかな環境とゴルフ場の多さに魅せられて、定年退職してから住むというパターンも増えているようです。

今回は、そんなタイの地方都市シラチャーの住宅事情についてまとめました。タイに移住する際のひとつの選択肢として、あるいは仕事で長期滞在が決まった方のために、少しでも参考になれば幸いです。

シラチャーってどこにあるの?どんな町?

シラチャーというのはバンコクから南東へ150km、車で2時間に位置する、タイの東岸の地方都市です。位置関係は上の図を参考にしてください。

正式名称はチョンブリー県シラチャー群。名前はシーラーチャー、シラチャ、シーラチャと表記されることが多いですが、在住日本人は主にシラチャーと呼んでいます。

日系企業の支社や工場に勤務するために住む日本人が増えたことで、海に沿うように発展しました。

シラチャーの東側の山間部にはカオキアオ動物園という広大なサファリパークやゴルフ場、湖などがありますが、日本人が住んでいるのは海側のほんのわずかな地域です。

そのためスーパーや病院をはじめとする生活に必要な施設がミニマムにまとまっているので、田舎の割には便利に過ごせるのが利点でしょう。

もちろん日本人向けのサービスも充実しています。日本人向けのレストランや食堂、日本食材のお店、イオンスーパーなどがあり、あまり食に関する心配はありません。

またタイに2つしかない世界最大規模の日本人学校「泰日協会学校」のうちの1つがあり、病院でも医療通訳が常駐しているので、首都バンコクと並んで家族ぐるみでの移住に適した都市です。

シラチャーのコンドミニアム事情

シラチャーのコンドミニアム

コンドミニアムとは、分譲住宅のこと。マンションの1部屋ごとにオーナー(大家さん)が異なり、そのため契約条件や内装なども一律ではありません。

日本の一般的な賃貸住宅との最大の違いは、家具・電化製品・日用品(キッチン用品など)が備えつけてあることでしょう。

そのような設備は部屋ごとに違うものの、たいてい生活するための一通りのものはそろっているので、引っ越しの際に大きな家具を運ばなくていいのはありがたいです。

タイはここ数年のバブル景気でマンション投資が流行し、コンドミニアムの建設ラッシュとなりました。そしてシラチャーは現在でもその傾向がとても強く、次々と新しいコンドミニアムが建設中です。

そのため新しくきれいな建物が多く、いろんなこだわり条件に合わせて物件を探すことができます

シラチャーで日本人が多く住む地域は4つ

シラチャー

かなりおおざっぱな地図ですが、おおむね日本人が住むコンドミニアムが集まる地域は、図にある4か所となります。それぞれに利点や特徴があるので、ひとつずつ説明しましょう。

ロビンソンデパート近く

こちらが最も便利なエリアで、シラチャーの中心地(シラチャナコンと呼ばれます)です。スーパーや様々な専門店の入ったロビンソンデパートを中心に、日本人向けのレストランや旅行代理店などもそろっています。

また総合病院もごくごく近く、便利さを重視するならこのエリアでしょう。つい最近建てられたばかりの高級コンドミニアムもあるので、生活の質を重視する方にも良さそうです。

シラチャーイオン近く

このあたりは4つの中で最も新しく開発された地域で、大きなイオンスーパーを中心にJタウンという日本人街になっています。24時間営業のイオンと日本人向けに特化したインターネットカフェやパン屋さんなどがあることが魅力でしょう。

ただしスクンビットという大通りをはさんで東側にあるため、他の地域との行き来が面倒くさいのが難点です。

公園・海沿い

こちらは古いコンドミニアムとサービスアパートメントに並んで、現在も建設ラッシュが続いている地域

利点としては、

  • しっかりとした日本人コミュニティが出来上がっている
  • 海・公園がありベランダからの見晴らしがよい
  • 小さめのイオンスーパー(24時間営業)ができて便利になった
  • 中心地も徒歩圏内

といったところでしょうか。

海沿い・市場近く

こちらも古い住宅街で、黄色く囲んであるところを中心に今でも外へ外へと開発が進んでいます。中心街からは離れているので、トゥクトゥク(タイの三輪タクシー)やコンドミニアムの送迎サービスを利用することになります。

利点は、

  • 市場が近く、ハーブなどの変わった食材が手に入る
  • 海に面した高級レストランに近い

などでしょう。市場のほかにも地元のタイ人向けの店舗が通りに並んでいたり、中国系タイ人の寺院が点在していたりするので、あまり日本人に適した地域とは言えないかもしれません

日本人向けの不動産屋さんも出店

シラチャー

コンドミニアム建設ラッシュを受けてか、ここ数年でシラチャーには日本人向けの不動産屋さんが増えました。センチュリー21やアパマンショップといった日本でも知られている企業も出店しています。

ちなみに私たちが引っ越してきたころは、日本語で問題なくやりとりできる不動産屋さんはなく、不安を抱きつつの契約となりました。そのころに比べれば、かなり便利になったと思います。

交渉次第で契約内容が変わるコンドミニアムを借りるにはスムーズな意思疎通が必要なので、日本人にとってはありがたい傾向ですね。

まとめ

日本人の移住によって発展したシラチャーにはコンドミニアムが多く、現在も建設ラッシュが続いているので住む場所に困るということはありません。ぜひご自身のこだわりに合った物件を選んでください。

ただし新しいからといってむやみに飛びつくのは危険かもしれません。タイでは日本と違って万全の準備をして営業を開始するわけではないので、数年間は故障や不具合などが多いのです。これはお店やホテルなどにも言えます。

また立地の不便さはトゥクトゥクや送迎サービスで何とかなるので、それよりは部屋の内装・設備や契約内容などを重視することをおすすめします。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る