海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

アメリカ定番のダイナー、「クリスタルレストラン」をおすすめする5つの理由

  • 公開日:
  • 更新日:
ニューヨークのクリスタルレストラン

アメリカ生活が続くと、炊きたての白いご飯とお味噌汁におかずが付くような日本の定食メニューが恋しくなります。

アメリカにも、アメリカ人にとってのいわゆる「定食屋さん」というのがあります。一般的に「Diner(ダイナー)」と呼ばれるレストランがこれにあたります。

アメリカには個性豊なダイナーがたくさんあります。ここでは、私が住むニューヨーク州北部にあるおすすめダイナー「クリスタル(Crystal)」を紹介したいと思います。

アメリカンダイナーは気軽に利用できる大衆レストラン

代表的なアメリカ料理が幅広くそろうダイナー。値段も手頃で、コーヒーだけ楽しむカフェとしても利用できるところがとても好きです。

ダイナーで楽しめる一般的な料理はサンドイッチやハンバーガー、朝ご飯だと卵料理、ワッフル、パンケーキ、フレンチトーストなどが定番です。また、アメリカ人はパイをよく食べるのですが、ダイナーでもパイは外せません。

ニューヨーク州にある定番ダイナー「クリスタル(Crystal)」

ニューヨークのクリスタルレストラン

アメリカ東海岸の北東部にはダイナーの形式を取るレストランが特に多いといわれています。ニューヨーク州北部にもダイナーがいくつもありますが、今回ご紹介するクリスタル(Crystal)もその一つ。

この地域のランドマーク的なダイナーで、街で一番古い老舗レストランでもあります。現在の場所に開店したのが1919年、そして1925年に今の「Crystal」という名前になりました。

禁酒時代(1920~1933年)にも営業していたので、表のショーウィンドウには「ALL LEGAL BEVERAGES(飲み物はすべて合法)」との表示もそのまま残っています。

ニューヨークのクリスタルレストラン

れんが造りのビルは、なんと1870年に建てられたもの。日本だと明治3年、まだまだ多くの人が着物を着ていた時代です。

そして約100年にわたり、メニューもほとんど変わることなく営業しています。家族経営の温かい雰囲気も人気の秘密です。

この地域に住む人たちは三世代にわたってクリスタルのファンということも少なくありません。

Crystal基本情報

  • 住所:87 Public Sq, Watertown, NY 13601
  • 電話番号: (315) 782-9938
  • 営業:朝食、昼食、夕食
  • 定休:月曜
  • ホームページ:http://www.yelp.com

クリスタルをおすすめする理由1. 安くてボリューム満点

とにかくリーズナブルで量もたっぷりです。

  • コーヒー、紅茶:1ドル(約112円、しかも何度もお代わり〈refill〉できます!)
  • ハンバーガー:2.75ドル(約308円)
  • ローストビーフ:6.25ドル(約700円)
  • アスパラガスフライ:3.95ドル(約442円)
  • オニオングラタンスープ:3.50ドル(約392円)
  • パンケーキ:2.95ドル(約330円)

ハンバーガーが3ドル以下で食べられるなんて、ハンバーガーチェーン店よりも安いですよね!

※1ドル=約112円(2017年6月)

クリスタルをおすすめする理由2. 朝食をのんびり楽しめる

パイ

ランチやディナーもやっていますが、おすすめは朝食です。美味しいコーヒーとフレンチトーストやパンケーキを頼んで、ゆっくり雑誌や新聞を読んでいる現地の人も多いです。

地域のおじいちゃん、おばあちゃんの憩いの場にもなっており、お客さん同士もみんな知り合いです。

ただし、日曜日の朝は教会帰りの人たちで混み合います。ゆっくりした雰囲気を味わいたいのなら日曜日は避けましょう

クリスタルをおすすめする理由3. バラエティに富んだパイ

パイ

先にも少し触れましたが、アメリカ人はパイが大好き。

パンプキンパイやピーカンナッツパイなど季節限定パイのほか、定番のブルーベリーパイやチェリーパイ、バナナクリームパイなど、バラエティーに富んださまざまなパイが食べられます。

どこのダイナーでもたいてい何種類かパイを置いているので、ぜひオーダーしてみてください。メニューに記載がない場合でもパイはあることがほとんどなので、店員さんにその日のパイを聞いてみてくださいね。

クリスタルをおすすめする理由4. 本物のビンテージ空間

クリスタルでは本物のビンテージを堪能できる

最近は日本と同様アメリカでも、懐かしい感じのするインテリアで統一した「ビンテージ風の内装」が、住宅だけでなくバー、レストランなどでも流行っています。

そんな中、クリスタルは「ビンテージ風」ではなく本物のビンテージです。1870年当時のままの建物・内装で現在も営業しているので、入り口のドアから雰囲気満点です。

中に入って周りを見渡すと、凝った装飾が施されたテーブルブースや、何度も塗り重ねられたペンキが美しい天井があり、それらに調和するタイル張りの床がなんとも言えません。

クリスタルをおすすめする理由5. 季節限定の名物ドリンク

季節限定の名物ドリンク

クリスタルには、サンクスギビングやクリスマスのホリデーシーズン限定の「Tom and Jerry」という名物ドリンクがあります。

ホットカクテル

甘いホットカクテルで、上にのっているふわふわの泡も美味しいです。スパイスの味が効いている、アメリカ人の好きな味です。

Tom and Jerryのシーズンになると、この辺りの住人は今年も冬が来たなと感じるようです。

まとめ~古き良きアメリカを感じられる

ダイナーのクリスタル

アメリカ人の愛郷心とともに育まれ、古き良きアメリカを今でも感じることができるダイナー。日本人が定食屋を好きなように、アメリカ人はダイナーが大好きです。

ガイドブックに載っている有名店での食事もいいですが、地域密着型のお気に入りのダイナーを見つければ、アメリカ滞在がより充実するかもしれませんよ!

※この記事の内容は2017年6月現在のものです。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【アメリカ求人】未経験からでもアメリカ就職を狙える転職エージェントまとめ

アメリカで働くには?アメリカで就職・転職をしたい日本人が転職前に知っておきたい11のこと

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スティーバー 由紀

スティーバー 由紀ライター

投稿者プロフィール

アメリカ人と国際結婚し現在ニューヨーク州北部在住。趣味はサッカー観戦(Premier League Arsenal ファン)・マラソン・ヨガ・アンティーク食器収集・キルト。日本では薬剤師、アメリカでは専らパンばかり焼いています。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る