海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

アメリカのホテル業界で働きたい人必見!私の給料事情

  • 公開日:
  • 更新日:
ビーチ

これまでに一度はアメリカで働いてみたいと考えたことがあるのではないでしょうか。アメリカで働くとなると、いろいろ気になる点が出てくると思います。

治安や言葉、食事、子どもの学校など。

しかし、一番気になるのはアメリカでもらえるお給料だと思います。国が変われば給料事情も異なります。ここでは、皆さんの気になるアメリカの日系ホテル業界で働く私の給料事情についてご紹介したいと思います。

海外勤務歴10年、アメリカのホテル業界の日系企業で働く

ホテルのベンチ

私は40代で海外勤務歴は10年です。100名程度の現地従業員がいるホテル関係の日系企業で、総務、人事、経理等の管理部門の責任者として勤務しています。

勤務体系はフルタイムで、1週間に40時間勤務することになっています。通常は月曜日から金曜日の勤務体系ですが、業務上必要な場合は土日に勤務し、平日に代休を取っています。

ホテル業界の従業員は接客が多いですが、私は管理部門の仕事をしているので「バックオフィス」と言われる、お客様の通らないホテル裏にある事務所にて執務をしています。

仕事の内容としては、従業員の労務管理や人事発令、月次や四半期、半期決算の取りまとめ、会社運営の資金調達や契約書の承認などを行っています。

ホテル業界の日系企業で働く私の給料は年収1,200万円

ビーチ

日本円に換算すると年収1,200万円程度になります。日本では1,000万円を1つの目安にすると思いますが、アメリカと日本での物価の違いがあるため一概には比較できません。

アメリカは日本のように企業名で給料の水準が決まるのではなく、その人の職歴とポジションによって給料が決まります。また、アメリカは相対的に物価が高いため、基本的に給料も高水準になります。

生活にかかるコストが想像以上に高いので、日本より転職される際には、住まれるエリアの物価事情や家賃事情をよく調べることをおすすめします。

アメリカでの給料の支払われ方

給料の支払われ方は、業種や企業によって異なります。支払い回数は、ブルーカラー(工事現場や工場の労働者等)のように毎週支払われる場合もあれば、月に2回の場合もあります。

支払い方法も昔は小切手が一般的でしたが、近年は銀行口座への自動振込も増加してきています

ここで小切手の簡単な説明をすると、別名チェックといい、給料日に会社から受領した小切手を銀行に持っていけば現金に換えてくれるものです。もちろんその場で預金も可能です。

私の場合は月に2回、中旬と月末に給料が支払われます。支払われ方は銀行への自動振り込みです。会社の人事部に一度、給料振込口座の申請をすると、そちらの口座に振り込まれる仕組みになっています。

銀行はどの銀行を登録しても大丈夫です。私はバンクオブアメリカに振り込んでもらっています。

アメリカには住宅手当や通勤交通費などの支給はあるか

アメリカの風景

アメリカは基本的に年棒制なので、年棒に住宅手当や通勤交通費など全てを含んでいるという考え方です。

もちろん、最初の契約時に住宅手当や通勤交通費を別途支給するように会社と交渉して、採用内定書であるオファーレターに特別に記載してもらうことは可能です。住宅手当や通勤交通費以外でも会社と話し合い、追加してもらうことも可能でしょう。

アメリカは実績主義なので、会社が必要な人材であると考えると、その従業員の要望は受け入れます。私の知っている限りでは、通勤用の車を貸与されたり、通勤用ガソリン代や駐車場代、子どもの教育費なども支給されたりする場合があります。

アメリカの税金はどれくらい取られるか

税金は家族構成や扶養人数によって左右されます。私の例を紹介すると、家族4人で妻は専業主婦、子ども2人で、額面の約20%から25%を会社から源泉徴収されています。

税金の種類は、連邦所得税、州所得税、社会保障税、雇用保険税等になります。アメリカでは、会社の源泉徴収とは別に、年に1回自分で確定申告を行います。

源泉徴収では税金を多めに仮で支払っているので、通常還付があります。寄付や子どもの高等教育費など税金控除になる項目も多くあります。

また、1つ気をつけなければならないのは、アメリカは国民健康保険制度ではないので、会社が民間の保険会社から従業員向けに保険を購入し、従業員負担が発生する場合が多いことです。

これらは税金とは別にかかる費用なので、アメリカで働く際には頭の片隅に置いておく必要があります。

アメリカでは貯金は月にどれくらいできるか

ホテルのプール

各人の生活パターンや節約方法によって、貯金できる金額は変わると思います。実際の我が家の例を挙げると、貯金はできていないのが実情です。

先ほども述べましたが、アメリカは家賃と教育費が日本より高いので、なかなか貯金まで目が向きません。

もちろん、教育費をかけなかったり、家賃が安い場所に住んだりして貯金することも選択肢ですが、アメリカは住む場所によって安全度が異なります。

家賃の安いエリアは雰囲気が悪く身の危険を感じる場所が多いです。家賃が高い=安全と思っていた方が間違いないのが現状です。

またアメリカでは、貯金をするよりも投資をする方に目を向けている方が多いです。株式投資や不動産投資は人気のある投資です。大きな投資をする代わりに、借金も多いです。

アメリカでは、各人の資金の信頼度を測る「クレジットスコア」というものをよく耳にします。クレジットカードやローンの利用分をきちんと滞りなく支払っていると、スコアが高くなります。

家を借りたり、ローンをしたりする際には必ずクレジットスコアを聞かれます。

このスコアが低いということは、これまでにクレジットカードやローンの支払いを滞納したり、支払いが遅れたりするなど資金面に問題があるということになってしまいます。

日本ではあまり信じられないような話ですが、これはある意味、クレジットスコアが低く、資金繰りがうまくいっていない人もいるということの裏返しになるでしょう。

アメリカには福利厚生はあるか

アメリカでは、日本の福利厚生に当てはまるものは少ないです。日本と異なるところは、休暇も福利厚生の1つに考えられる点です。それは「シックリーブ」と言われる制度です。

シックリーブとは、病気や通院が理由で休みを取れる病欠のことを指しますが、これは家族にも適用できます。例えば、子どもが急な熱を出して病院に連れていかなければならない場合でも、このシックリーブを利用できます。

有給とは別に1年に10日程度利用できる企業が多いので、小さいお子さんを持つ家庭、特に働いているお母さんには心強い制度でしょう。

まとめ

具体的にアメリカの給料事情を書いてみましたが、日本とはだいぶ状況が違うことを感じ取っていただけたのではないかと思います。

アメリカでは給料は年俸制で、福利厚生はそれほど重要視されない傾向にあります。また、アメリカは実力主義の国なので、実力次第では日本で信じられないような桁違いの給料を得ることもできます。

今回の記事を読んで、アメリカで働く意欲が湧いてきたという方がいれば幸いです。アメリカは夢の国なので、是非とも一度は働く機会を得られるようにチャレンジしてみてください。皆さんのご活躍を心より祈念します。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. グッドポイント診断
  2. シティ
  3. 旅行バッグ
  4. リクルートエージェント
  5. 海外就職求人サイト
ページ上部へ戻る