海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

私が海外で働き、暮らすことを決意!海外生活という夢を実現させた方法とは

  • 公開日:
ニュージーランド

私は、現在、高校生からの夢であった「海外生活」を実現し、ニュージーランドで3年以上暮らしました。またつい最近、カナダを拠点に新生活を始めました。

私の同級生や親戚など、高校や大学を卒業し、社会人として働いている人が多く、ニュージーランド移住を決めた当初は理解してもらえないことがほとんどでした。特に、父からの理解を得たのはごく最近のことです。

この記事では、私が海外生活に憧れを持った理由から、それを実現するまでの過程を紹介します。

海外生活に憧れを持った日

道路

私が初めて「海外生活」に憧れを持った日は今でもはっきりと覚えています。それは、高校2年生の17歳の時です。

当時、通っていた女子高で隣のクラスの女の子が1年間のオーストラリア留学を決めたことがきっかけです。

私が通っていた女子高では、留学制度はありましたが、ほとんど使う生徒がいなかったため、彼女が数年ぶりの留学生となりました。彼女は、その数ヶ月後、オーストラリアのシドニーに1年間留学しました。私と彼女が直接話す機会はほとんどありませんでした。

しかし、留学前から英語の勉強を熱心にし、留学中も先生からその様子を聞くことが何度もありました。当時、海外についてほとんど知識がなかった私にはその話はとても興味深いものでした。

このことをきっかけに、留学への憧れを抱くようになりましたが、すぐに実現へと移すことはありませんでした。

8ヶ月間だけの夢の実現

海

私が初めて、海外へ訪れたのは23歳の時です。高校生から、海外への憧れを抱いていたものの、それを実現するまで5年以上かかりました。

その最大の理由は、私の消極的な性格からです。

今でこそ、自分の意見を周囲に言えるようになりましたが、当時の私は家族や友人にも自分の意見や、悩み事があっても相談など1度もしたことはありませんでした。

高校卒業後、大学に進学した私は、こっそりと留学資金を貯めていましたが、実現へと移すことはありませんでした。大学卒業後、進路に悩み、親の反対を押し切って、貯めていた貯金を全て使い、ニュージーランドに渡りました。

23歳で初めて訪れた海外はとても新鮮で、今までに見たことがない景色が広がっていました。語学学校に通い、8ヶ月の留学期間で一生涯の友人にも恵まれました。

この経験が、はじめての海外生活だったため、英語でのコミュニケーションや、新しい人との出会い、が私自身を成長させてくれました。

学校やプライベートでも、自分の意見を発言する機会が多く、休日にもよく1人で外に出かけていたせいか、日本へ帰国する頃には、前よりも積極的な性格へと変わりました

再び海外生活という夢を実現へ

ニュージーランド

日本へ帰国後、私は社会人として3年間事務の仕事をしていました。周囲よりも遅い、社会人スタートでした。フルタイムで働いていたものの、すぐに物足りない思いになり、平日は会社で働き、週末は語学学校に通っていました。

3年間は社会人として日本で働くと私は決めていたので、働きながら、再び海外へ行くために貯金をしていました。

3年後、再びニュージーランドに戻った私は、専門学校に2年通い、その後ワークビザで日本食レストランのマネージャーなどの仕事をしていました。学校での勉強は、全て英語で宿題や、テストも多くあり、特に学期末試験前は勉強漬けの2年間でした。

また、日本食レストランでの仕事は、メニューを全て英語で覚えることや、英語での接客に慣れるまで、時間がかかりました。しかし、常連のお客さんが多く、自分の顔や名前を覚えてくれたときは、とても嬉しかったです。

海外生活を両親と分かり合えるまでの長い道のり

ニュージーランド

私の父は仕事で数回海外を訪れ、母は1度も日本から出たことはありません。

今でこそ、家族と私自身の海外生活の話をしたり、日本へ帰国する度に出かける仲ですが、ほんの数年前まで特に父とは直接話すことはほとんどありませんでした。

私の両親は私が大学を卒業し、会社員として数年働き、その後は結婚というように考えていた様で、大学まで卒業させたのに計画が狂ったと何度も言っていました。

両親の期待に応えられず、でも私自身の夢を実現させたい私と両親は、ほんの最近まで本音で話し合ったことはありませんでした。しかし、留学資金面でいつも援助してくれ、時々メールで海外での生活を報告することはありました。

一方で姉妹とは仲が良く、私の姉妹も旅行で様々な国を訪れており、姉妹を通して、私は両親とコミュニケーションを取ることが多かったです。

父と分かり合えたのは、父の定年退職と祖父母の死がきっかけでした。定年まで、ずっと同じ会社に勤め、忙しい時期は家族と触れ合える時間も父にはありませんでした。

父も国内旅行がひとつの趣味で、小さい頃には毎年のように家族旅行をしていました。父の定年退職後の数年後に祖父母が亡くなり、それをきっかけに父が自分の時間を持てるようになりました。

今は、電話やメールで話すこともあり、少し恥ずかしそうに、私の海外での生活をよく聞いてきます。

母に関しては、特に私の健康面でいつも心配しています。パスポートも持っていない母は、よくテレビや本でニュージーランドの情報を探し、いつも楽しそうに話しています。

船

私たちは、すれ違いとお互いの生活の忙しいさから、まともに話をする機会がありませんでした。今では、少しずつ会話をする機会も増え、日本へ一時帰国したときには毎回空港まで迎えに来てくれ、ハグをするまでの関係になりました。

ニュージーランドで見つけた新しい夢

ニュージーランド

ニュージーランドで3年以上暮らしていた私は、これからもずっとここで暮らしていくつもりでした。友人や職場にも恵まれ、来た当時は全く話せなかった英語も日常生活レベルならほとんど問題がないレベルまで話せるようになりました。

特に、仕事面ではお店のマネージャーとして、スタッフの採用や教育、プロモーションなど、普段の接客業務以外にも携わる機会が増え、忙しいながらも、充実していました。

しかし、ニュージーランドでの生活が充実すればするほど、何か物足りないと感じている自分がいました

私はよく、海外で暮らしている日本人のブログやインスタグラムを見ています。また、ニュージーランド滞在中に年代や出身地が異なる多くの日本人に会いました。彼らは、多くの国を訪れ、パソコンひとつで仕事をしながら世界中を回っている人にも会いました。

私は海外での生活は長いものの、ニュージーランドしか知りません。そんな私にとって彼らの話はとても刺激的でした。

また、30歳までしか取れない「ワーキングホリデービザ」の年齢制限が迫っている私にとって悩んでいる時間はありませんでした。

ニュージーランド

ちょうど、ニュージーランドのワークビザが切れる段階で、カナダのワーキングホリデービザを取得しました。

私は、

  • 「文章を書くこと」
  • 「文章で自分の考えや思いを伝えること」
  • 「パソコンでの作業」
  • 「写真を撮ること」
  • 「様々な場所へ訪れ、現地の人と交流すること」
  • 「英語を話すこと」

が大好きです。

「私自身の海外生活の経験を文章にして伝え、これから海外生活を考えている若者の参考になれば」という思いから、フリーランスのライターとして新たなスタートを切りました。

現在はカナダを拠点に「世界中を飛び回る旅ライター」を目指しています

まとめ

ニュージーランド

現在、海外でのライフスタイルを模索中です。高校生の時、抱いた夢を10年かけて実現するとは思ってもいませんでした。

ほとんどの人が「夢」を抱きながらも、現実に邪魔をされ、実現できないままに人生を終えていくという話を聞いたことがあります。

ひとつの大きな夢を叶えた私は、どんなに小さい夢でも、仮に失敗したとしても、夢で終わって欲しくないと多くの人にこの文章を通して伝えたいです。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外移住・生活のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. リクルートエージェント
  2. シティ
  3. 海外就職求人サイト
  4. 旅行バッグ
  5. グッドポイント診断
ページ上部へ戻る