海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

シアトルの気候や気温は?ベストシーズン、天気、服装も徹底検証

  • 公開日:
  • 更新日:
シアトル

シアトルは「エメラルド・シティー」という別名を持つほど、緑豊かな街です。山と海に囲まれており、アメリカ屈指の自然豊かな都市と言われています。

雨が多く、冬はとても寒いというイメージを持つ方が多いようですが、実は夏は涼しく、冬は高い緯度の割にはそんなに寒くならない、年中温暖で過ごしやすい地中海性気候です。

今回はそんなシアトルの四季それぞれの天気や気温、観光する際のおすすめの服装をご紹介させていただきます。また合わせてベスト・シーズンの夏にぜひ訪れていただきたい観光名所についてご紹介します。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

シアトルの天気は?

シアトル

シアトルの天候

シアトルは雨が多い街で「Rainy City」と言われることもあります。実際、私もシアトルに住むまでは雨ばかりの都市だと思っていました。

ですが、東京の2018年の年間降雨量が1445.5mmなのに対して、シアトルの年間降雨量は805.5mmとなっており、東京よりもずいぶん低い降水量になっています。

シアトルの10月中旬から5月頃までは霧雨や小雨の天気の日が非常に多くなり、このことから、雨の街というイメージになっているようです。

しかし、同じ雨でも日本のような大粒の雨が降ることは少なく、シアトルの雨はしとしとと降ることが多いです。傘をさして歩いている人もあまり見かけません。

シアトルの雨季と乾季と四季

シアトルは10月上旬から雨の日が徐々に多くなり、11~4月くらいまでが雨季となります。

また5月頃から雨の日が徐々に少なくなり、6~9月中はほとんど雨が降らない乾季となります。湿度がとても低く、カラッとしていて過ごしやすい時期になります。

シアトルには四季はありますが、夏が終わると10月あたりから急に寒くなるので、秋が1カ月弱ととても短いです。

海外就職求人サイト
海外就職

シアトルの気温は?

シアトル

シアトルの緯度は北緯47.45度です。これは北海道最北端の都市の稚内より高い緯度になりますが、年間を通して温暖な気候です。シアトルの夏は暑すぎず、冬は寒すぎず、生活しやすい気候です。

これは地形や海流のおかげだと考えられます。冬は暖流のアラスカ海流からの暖かい空気が偏西風によって吹き込み、またシアトルの東西にはカスケード山脈とオリンピック山脈が太平洋の嵐や寒気をさえぎるのです。

シアトルの夏の気温

7、8月は晴天の日が続き、気温が最も高くなります。平均最高気温が25度くらい、平均最低気温が14度となります。

昨年の2018年の7、8月の2カ月間で気温が30度を超えた日は合わせて15日くらいでした。シアトルの夏は気温がそれほど高くなく、また湿度が低いのでエアコンがなくても、快適に過ごすことができます。

シアトルの冬の気温

1月が最も寒くなり、平均最低気温は2度くらいで、氷点下を下回る日は年間平均で約14~21日となります。雨の日が多くなりますが、ほとんど雪が降ることはありません

2019年は異例の年となっており、2月の2週間の間で雪が降った日にちが8日間となりました。最低気温もマイナス11度を観測し、とても寒い冬でした。

シアトルのベスト・シーズンは?

シアトル

7月、8月、9月

シアトルのベスト・シーズンは7、8、9月上旬の夏になります。快晴の日が続き、気温も25度と高くなく、湿度も低くカラッとしているため大変過ごしやすい季節です。

合わせてこの時期はサマータイムも適用されており、朝は5時前から夜は21時頃まで外が明るいため、シアトルのさまざまな場所を観光することができます。

ここではこの季節にぜひ訪れていただきたい、おすすめの観光地を5つご紹介します。

スペース・ニードル

シアトルの中心地にあり、高さ184mの塔はシアトルを代表するランドマークとなっています。地上から159mにある展望台からは、市内を一望することができます。

また晴れた日には遠くにマウントレーニアや、オリンピック山脈、カスケード山脈なども眺めることができます。

基本情報

  • 名称:Space Needle
  • 住所:400 Broad St, Seattle, WA 98109
  • アクセス:シアトル・ダウンタウンからタクシーで10分くらい。シアトル・タコマ空港からタクシーで30分くらい。
  • 営業時間:月曜日~木曜日10:00~19:00/金曜日~日曜日9:00~19:00
  • 電話番号:(206) 905-2100
  • 公式サイト:https://www.spaceneedle.com/

料金

  • 大人(13~64歳):27.50~37.50ドル
  • 子供(5~12歳):21.50~28.50ドル、4歳以下は無料
  • シニア(65歳以上):22.50~32.50ドル

※金額は日にちや時間によって異なります。

シアトル・グレート・ウィール

高さは53mで、2012年に完成したシアトルの新しいランドマークとなる大観覧車です。ウォーターフロント・エリアのピア57にあります。

観覧車からはエリオット湾やスペース・ニードル、シアトルマリナーズの本拠地であるTモバイル・パーク(旧セーフコ・フィールド)、NFLシーホークス・スタジアムなどを一望することができます。

昼間の景色もすてきですが、特に夜景がおすすめです。

この観覧車は日本のものと少し違っています。日本の観覧車は1周したら終了ですが、シアトル・グレート・ウィールは乗車1回につき、3周させてくれます。

また回るスピードも速いので、あっという間に頂上に到着します。約20分で3周して終了となります。

基本情報

  • 名称:Seattle Great Wheel
  • 住所:1301 Alaskan Way, Seattle, WA 98101
  • アクセス:シアトル・ダウンタウンから歩いて10分、シアトル・タコマ空港からタクシーで25分くらい。
  • 電話番号:206-623-8607
  • 公式サイト:http://seattlegreatwheel.com/

営業時間

<夏(2019年6月24日~9月9日)>

  • 日曜日~木曜日:10:00~23:00
  • 金曜日~土曜日:10:00~24:00

<春・秋・冬(2018年9月10日~2019年6月23日)>

  • 月曜日~木曜日:11:00~22:00
  • 金曜日:11:00~24:00
  • 土曜日:10:00~24:00
  • 日曜日:10:00~22:00

料金

  • 大人(12~64歳):14ドル
  • 子供(3~11歳):9ドル、3歳以下は無料
  • シニア(65歳以上):12ドル

ゴールデン・ガーデン公園

シアトル・ダウンタウンから北にタクシーで30分くらいと少し離れたところにありますが、それぞれ好きなことをして過ごせる、とても気持ちの良いおすすめの公園です。

海と砂浜と芝生があり、散歩やジョギングをしたり、海ではカヌーやカヤック、芝生ではサッカーやバドミントンをしたり、横になって本を読んだりすることができます。また砂浜ではビーチバレーもできます。

シアトルには自然に囲まれた公園がたくさんありますが、ここは私のお気に入りのひとつになっています。

基本情報

  • 名称:Golden Gardens Park
  • 住所:8498 Seaview Pl NW, Seattle, WA 98117
  • アクセス:シアトル・ダウンタウンからタクシーで30分くらい、シアトル・タコマ空港からタクシーで40分くらい。
  • 営業時間:4:00~23:30
  • 公式サイト:http://www.seattle.gov/
  • 電話番号:(206) 684-4075

マウント・レーニア国立公園

マウントレーニア国立公園は少し遠い郊外ですが、時間がある方におすすめの観光地ナンバーワンです。森永乳業のコーヒーでおなじみですね。

南側にある標高1,647mのParadiseは、湖や滝、氷河、高山植物と見どころいっぱいです。ベビーカーを押しながらでも登っていける短いトレイル(登山道)から、1日かけて歩くものまで多数のルートが用意されています

体力に自信があればスカイライン・トレイルを一周はいかかでしょうか?Paradise周辺で最高地点となるPanorama Point(標高2,073m)まで登るコースで、1周8.8km、4~5時間かかります。

夏でも残雪があり、氷河が解けて轟音を響かせながら落下する滝を見ての登山です。Panorama Pointからはマウントレーニアが目前で、圧巻の景色です。

基本情報

  • 名称:Mount Rainier National Park Jackson Visitor Center
  • 住所:Paradise Rd E, Ashford, WA 98304
  • アクセス:シアトル・ダウンタウン、シアトル・タコマ空港から共にタクシーで2時間半くらい
  • 公式サイト:https://www.nps.gov/
  • 電話番号:(360) 569-6571
  • 料金:車1台30ドル

営業時間

  • 夏:10:00~19:00
  • 春、秋:10:00~17:00
  • 積雪期:10:00~16:45。ただし土、日、祝日のみオープン。

オリンピック国立公園

オリンピック国立公園はシアトル・ダウンタウンから車で3時間と遠いですが、マウント・レーニア国立公園と並んで、夏にぜひ訪れていただきたい私のおすすめの観光地です。

オリンピック国立公園には見どころが点在しているので、おすすめを3つご紹介させていただきます。

ハリケーン・リッジ

晴れている日には氷河が残る山々や、ファンデフカ海峡、バンクーバー島、ノースカスケード山脈を一望することができます。鹿やマーモットに出会うこともあります。

レイク・クレセント

三日月形の氷河湖で、山に囲まれたとても静かで透明度の高い湖です。湖で泳いだり、カヌーやカヤックを楽しんだり、湖畔でのんびり景色を楽しんだりなどして時間を過ごせます。

フラッタリー岬

アメリカ48州の北西端にある岬です。先端にある展望台からは海鳥が観察できます。運が良ければアザラシやアシカ、コククジラも見られるかもしれません。

基本情報

  • 名称:Olympic National Park Hurricane Ridge Visitor Center
  • 住所:3002 Mt Angeles Rd, Port Angeles, WA 98362
  • アクセス:シアトル・ダウンタウン、シアトル・タコマ空港から共にタクシーで2時間半くらい
  • 営業時間:夏9:00~18:00、冬9:30~16:00 ※オフシーズンの月~金曜日は休み。
  • 公式サイト:https://www.nps.gov/
  • 電話番号:(360) 565-3130
  • 料金:車1台30ドル

シアトルの服装は?

ビーチ

ここではシアトルで観光する際の、季節ごとのおすすめの服装をご紹介させていただきます。

春(4~6月)

5月中旬までは平均最高気温が15度くらいで、平均最低気温は7度以下の日が多く、雨の日も多い時期になります。温かいコートやジャケットが必要になります。

5月上旬~6月は平均最高気温21度くらいで、平均最低気温は11度くらいになり、また晴れの日も多くなってきます。パーカーや薄いジャケットなどで過ごすことができます。

夏(7~9月)

7月、8月の平均最高気温は24度くらいで、平均最低気温が13度くらい、9月の平均最高気温は21度くらいで、平均最低気温は11度くらいとなります。そして夏の時期は、ほぼ毎日快晴の日が続きます。

日中は日差しで暑いので、半袖で快適に過ごすことができますが、朝晩は冷える日もあります

また日中でも18度くらいと半袖だと肌寒く感じる日もありますので、カーディガンやウインドブレーカーなどの薄い羽織れるものを持ち歩くことをおすすめします。

秋(10~12月)

10月上旬から雨の日が多くなり、どんどん気温が下がってきます。10月の平均最高気温は15度くらいで、平均最低気温は8度くらい、11月の平均最高気温は10度くらいで、最低気温は4.5度くらいになります。

12月になると平均最高気温は7度くらいで、平均最低気温は2度くらいというように、急激に気温が下がってきます。暖かいコートやジャケットが必要になります。

冬(1~3月)

1月、2月の平均最高気温は7度くらいで、平均最低気温は2度くらいまで冷え込みます。

また3月の平均最高気温は11.5度くらいで、平均最低気温は3.5度とまだまだ寒い日が続きます。さらに雨の日や曇りの日がほとんどですので、体感温度はさらに低く感じます。

ダウンコートなどの厚手のコートで防寒が必要になります。また私の場合はヒートテックが手放せません。

シアトルの持ち物は?

シアトル

シアトルの天気は先に述べた通り雨の日が多いので、傘を持っておくと安心です。

ですが、シアトルでは雨の日にも傘をさしている人は少なく、The North FaceやColumbiaといったブランドのウォータープルーフのウインドブレーカーを着て、フードを被って雨の中を歩いている人を多く見かけます。

ウインドブレーカーなどの上着は、肌寒い日の防寒にもなりますので、1枚持っていると便利です。

シアトルは晴れているときは紫外線の数値が日本に比べて高く、すぐに日焼けしてしまいます。日焼け止めやサングラス、帽子などを持ち歩くことをおすすめします。

まとめ

シアトルには魅力的な観光名所がたくさんあります。そして何と言っても夏は最高です!

さらに新鮮でとてもおいしいオイスターやロブスター、サーモンなどのシーフードが日本よりも安く食べられます。シーフードを楽しみながら、今回ご紹介させていただいた観光地に足を運んでみてはいかがでしょうか?

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【アメリカ求人】未経験からでもアメリカ就職を狙える転職エージェントまとめ

アメリカで働くには?アメリカで就職・転職をしたい日本人が転職前に知っておきたい11のこと

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る