【とにかく海外に行きたい!】滞在するにはどんな方法があるの?

海外に行きたい!滞在するにはどんな方法

みなさんは海外で生活したいと思ったことはありますか?大学生や社会人のい方でもは、一度ぐらいは海外に行きたいと思ったことがあると思います。

 

外国語学部出身だし、一度は海外で生活してみたい!社会人になったけど、これが私の本当にやりたいこと?そう思う方に、どんな方法で海外に行けるのかをご紹介します。

 

学生なら留学でさっくと海外へ行こう

 

交換留学とは、簡単にいえば日本の大学から海外の大学に学生を送り込み、その海外の大学から日本の大学に外国人留学生が来るという、生徒を交換するという形式の留学です。

 

このシステムを採用している大学は、学校側がサポートをしてくれるので手続きに困った時、聞ける人がすぐそばにいることが大きなメリットとなります。

 

休学扱いになることも

 

ただし、向こうできちんと授業を聞け、単位を取ってくるだけの語学力が必要がされるので、TOEFLやIELTSなどの試験で学校側の基準を満たさなければなりません。一般的には1年間の滞在で、卒業を1年延期する(日本の大学は休学扱い)というパターンがあります。

 

また、海外の大学で取得した単位の交換ができるのであれば、そのまま4年間で卒業も可能です。もし就活等が気になるようなら後者のパターンをおススメします。

 

社会人ならお稽古留学で英語も趣味も堪能しよう!

 

留学と聞くと学生が時間のある時にするものだと思っていませんか?悲しいことに、社会人になるとそんな大きな休みは取れません。

 

1か月間の短期留学など、個人的理由で休みを取るには、一度会社を辞めなければならないことがほとんどなのが日本社会です。(有給をなかなか認めてもらえないことが多いのではないでしょうか)

 

それでも、超短期留学というのはできるものです。お稽古留学というのを聞いたことはありませんか?これは海外の文化に触れることによって、そこから英語も学んじゃえ!というものです。

 

1週間程度から行ける

 

仲介会社がアレンジしてくれるところもあり、1週間程度から手配可能なので、ゴールデンウィークや年末年始を利用すれば働きながら海外に触れることができます。短期間なのでビザの発行手続きも必要なく、比較的簡単に行くことができます。

 

いっそ海外に住みたい!どうすれば現地で働けるの?

 

海外に住むためには、入念な下調べや事前の準備が必要になってきます。その国で働きたいという夢を持っている方も多くいると思いますが、長期滞在するためのビザや就労ビザなど問題があります。

 

これは、現地で働くために取得しておかなければならないものです。例えば、アメリカで仕事をするには語学力も必要になりますし、そう簡単にはビザを取らせてくれません。(現地人の雇用も守らないといけませんよね)

 

経験を積むだけならワーホリが最適

 

そこで、お金が目的じゃない、ただ海外で働く経験をしたいんだ!というのであればワーキングホリデーで海外へ行くのがオススメです。これなら就労ビザは要りません。ただ、働くと言っても本当に経験だけですから入ってくるお金よりも出ていくお金の方が多いです。

 

カナダやオーストラリアは日本人に人気のワーホリ先です。海外で働くには、ワーホリ、仕事場をネットで調べて行く、または自分でお店を開くなどの方法があります。

 

まとめ

いかがでしたか。

海外で暮らしたいのなら、「留学する」か「働く」かのの2択になってきます。学生ならできるのが長期の留学ですね。 社会人では仕事を続けながらの超短期留学か、または情報収集をして海外の仕事を探すことが必要です。

いずれにせよ無計画で行くと後々困ることになるので、準備をしっかりして、自分が取りたい道はどれかをはっきりさせ、有意義な時間を過ごしましょう。
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. ノーマンビー島でのアクティビティー
  2. 韓国の動物病院
  3. バッパー(ゲストハウス)に持っていくと困らない8つ道具
  4. 食事の写真
  5. 海外ノマド生活体験記
ページ上部へ戻る