海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

イタリアで仕事・生活するとこんなところが素晴らしい6選

  • 公開日:
  • 更新日:
イタリアのコロッセオ

私が最初にイタリアへ来たのは語学留学が目的でした。イタリアで働きたい!と思って来たわけではありませんが、その後、こちらで知り合った男性と結婚し、イタリアで生活しながら会社勤めも経験しました。

結婚の際、日本とイタリアのどちらで暮らすかという話し合いを経てイタリアを選択したのですが、これからご紹介することは、イタリアを生活の場に選んだ理由と重なる部分がたくさんあります。

イタリアで働き、暮らすことの魅力を6つお伝えします。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

イタリア人は明るい!暮らしを楽しむ姿に励まされる

イタリア

イタリア人は、口を開くと政治や他人の行動を非難したり嘆いたりするような発言ばかりです。

テレビを見ていても、政治家やジャーナリストがああでもないこうでもないと他人を口撃(?)する討論番組が多く、そんなに社会不満があるならさぞみんな暗い生活を送っているのだろう……と思うのですが、街のあちこちでは大きな身振り手振りで明るく楽しそうにおしゃべりする人たちが目につきます。

不安を感じさせない陽気さ

イタリアに住み始めて数年経った頃、ユーロ圏で最も経済状況の良いドイツに行く機会がありました。街に出て受けた印象は「みんな表情が暗い」ということでした。

イタリアは失業率も高く、貧困層が増えつつあるなど大きな社会不安があるにもかかわらず、それでも街行く人たちは明るく見えます。

イタリア人は面倒見が良い!孤独を感じにくい

基本的にイタリア人は面倒見が良く、人なつっこいです。困っていると言えば力になってくれます

ちょっとお節介なところもありますが、心細い海外生活では他人に助けてもらえるかどうかがとても重要です。

実は年々、このイタリア人の傾向は薄れつつあるのですが、まだまだ人と関わり合う習慣は健在で、どこへ出かけても隣り合わせた人に話しかけられます。

「一人は寂しい」というイタリア人も多く、友人同士の付き合いが日本よりベッタリしていることも。カップルの場合、お互いの友人グループの付き合いに参加するので、シングル時の倍の人数との付き合いになります。

イタリアでは休むために働く!仕事とプライベートの区別がきっちり

日本にいた時、私は東京で事務員をしていました。正社員と派遣社員のどちらも経験しましたが、残業時間や休暇の取り方は各会社・部署に大きく左右されました。

イタリアではどうしても必要がない限り、ほとんど残業はありません。また、夏季休暇はたっぷり2週間は取ります。春先の復活祭の休暇を終えるとみんな口々に夏のバカンスの話を始めます。

仕事終わりのお付き合いもなし

イタリアの企業で働いた時、仕事とプライベートの時間がはっきり分かれているという印象を受けました。日本のような飲みニケーション文化はなく、仕事を円滑にするための食事会や飲み会はありません。

年に何回か親睦のための食事会はありましたが、純粋に楽しむための食事会で、参加を強制されるようなことはありませんでした。

プライベートと仕事をきっちり分けたい人はイタリアの方が向いていると思います。

イタリアの職場での人間関係はあっさり!ケンカしても引きずらない

イタリア人は会社でも家庭でも自分の意見を一方的に伝え、他人の話はあまり聞いていません。そのため、職場で何か問題が起こった時には、とにかくみんな「自分は悪くない」という主張をします。

全く非がないことで一方的に大声で責め立てられたりすることもありますが、そういう場合イタリア人は、相手の発言に被せるように自分に非がないことを主張するのです。

言いたいことはその場で言う

一見すると怒鳴り合いの口ゲンカのような光景で、同僚同士がこんなやり合いをしているととても気まずいのですが、その10分後には笑っておしゃべりしていたりします。

言いたいことはその場で言ってスッキリし後腐れゼロ!というタイプの人にはピッタリのお国柄です。

イタリアは食べ物が美味しい!食生活が充実

パスタ

海外で生活する上で重要な問題が食事です。日本人は総じて食いしんぼうで、世界的なレベルで考えるとかなり良い食生活をしています。

そのため、外国へ行くと、そこがいわゆる先進国であっても日本人から見ると食事の種類が少なく、栄養バランス的にかなり偏った食生活をしていることに気がつくと思います。

日本人以上にグルメなイタリア人

しかし、イタリア人は日本人並み、もしくは日本人以上に食いしんぼうです。

スーパーマーケットにはあらゆる種類の生鮮食品が並び、どの街に行っても食料品を販売する青空市場や屋内の常設市場などが充実しています。

男性も女性も料理をする人が多く、見知らぬ食材などがあった場合、誰かに尋ねると簡単なレシピをサラッと教えてくれたりします。

食生活が充実していると仕事も生活も楽しくなるので、イタリアはこの点でもとてもおすすめできる国です。

イタリアは観光名所がいっぱい!余暇が充実

これは旅行者にとってもうれしいことですが、イタリアはとにかく観光名所が多い国です。現在(2017年6月)、ユネスコの世界遺産に登録されている文化遺産は47箇所、自然遺産が4箇所です。

ミラノやローマのような大都市でも、車を1時間も走らせれば風光明媚な景色の広がる場所にたどり着けるので、仕事の疲れを癒やす小旅行が手軽にできるのが魅力的です。

イタリア人が本能で守ってきた美しさ

イタリア国内のあちこちに歴史的な遺産が残っているのは、イタリア人が古代ローマの時代から自分たちの国の美しさを知り、大事にしてきたからです。

どんなに酔っ払って理性を失っても街の文化財には決して手を触れません。イタリア人は本能で美しい街の景観を守っているのです。

まとめ~まずは留学でイタリアを知ろう

イタリアは長い不況に苦しんでおり、イタリア人でも仕事を見つけることが大変難しい状況です。特に、大学の学位を取得した若者はそれに見合った専門職を見つけられず、国外へ出ていく傾向が強まっています。

イタリアで働きたいのであれば、まずは留学から始めてみてはいかがでしょうか

留学中に仕事を見つけ、そのままイタリアで暮らしている日本人もいるので、可能性はゼロではありません。また、イタリア生活が自分に合っているか確かめるためにも、まずはイタリアという国を知るのが一番だと思います。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

イタリアで働くには?イタリア就職・転職を叶えるために知っておきたいこと

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る