海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

年々、増え続ける海外移住者。海外で働くメリットとは一体何なのか?

  • 公開日:
  • 更新日:
空港

外務省の統計によると、海外に在留する日本人は、2016年10月1日時点で、133万8,477人で、前年より2万1,399人増加したそうです。それは年々、増加傾向にあります。

この中には海外就職している人だけでなく、学生やリタイヤ組なども含まれますが、海外に生活拠点を置く日本人が増えていることは事実です。

海外に興味はあるけれど、語学にも不安があるし、未知の土地での就職なんて想像がつかない!と思う方も多いと思います。海外は旅行で十分、という方もいるでしょう。

ではなぜ、わざわざ海外で働いたり、海外に移住する人が増えているのでしょうか?今回は、海外移住歴6年目の私が考える、海外で働くメリットをシェアしたいと思います。

日本では出会えない人に出会える……楽しさ!

ムスリムのマスク

社会人が一日の中で最も長い時間を費やしているのは、仕事です。1日7〜8時間、週に5日の長い時間を同僚や上司と過ごすことになります。

共に仕事をする中で、トラブルを一緒に解決したり、仕事を手伝いあったり、プロジェクトを成功させたりと時間と経験をシェアしていると、国籍やバックボーンは違くとも同士のような間柄になれる友人ができると思います。

当然のことながら、日本で働いていたら、絶対に出会えなかった人たちです。まさに一期一会。この広い世界で同じ時代を生き、同じ時期に同じ場所で働いている同僚や先輩、しかもそれが外国人となれば、その出会いは奇跡と言えます。

私の人生が彼らによって彩られ、私自身が彼らの人生に何かしらの影響をもたらす、そんな関係です。人との繋がりは海外生活の不安を減らしてくれると同時に、日々の楽しみも増やしてくれる重要なものだと思います。

「私は人見知りだからな……」と不安に思っている方。同僚と距離を縮めるのに、私がおすすめするのは一緒にランチへ行くことです。「同じ釜の飯を食う」のは本当に大切な行為で、人間関係を築くのに最適の方法だと思います。

今の時代、友人になってしまえば、たとえあなたが他国へ移動したり日本へ帰国しても、メールやSNSでいくらでも繋がっていることができます。もうあなたの交友関係は、ワールドワイドなのです。

世界に友人・知人がいたら、この先の未来もワクワクしませんか?友人に会いに海外旅行へ行ったり、知人を頼って新しい国で仕事を始めたり。あなたの世界は一気に広がるのです。

語学が上達する……喜び!

辞書

さて、海外に友人・知人ができると世界が広がる!と言いましたが、コミュニケーションを取るには少なからず、相手と共有できる言語が必要ですよね。世界的な共通語の代表といえば英語ですので、英語を例にして話を進めて行きます。

多くの日本人は中学校・高等学校の6年間、英語を勉強します。今は小学校から英語の授業がありますし、人によっては大学でも英語を勉強しているでしょう。それだけの英語教育を受けている日本人ですが、みなさん、英語は話せますか?

私はマレーシアに住んでいますが、よくGrab(配車サービス)の運転手に「日本人だと思わなかった。だって日本人は英語を話せない人が多いけど、あなたは話せるから。」と言われます。(ちなみに私の英語力は日常会話程度です……)

つまり、「日本人=英語が得意ではない」というイメージなのです。

実際、日本人は英語に抵抗がある人が多いと思います。というより、どれだけ英語を勉強しても、日本に住んでいる以上、日常で使うことがほとんどないので上達するわけがありません。

日本人が英語ができないのは、努力が足りないのではなくて、環境のせいだと私は思うのです。その上、シャイな国民性が手伝って、どうしても英会話に対して消極的になってしまう傾向にあります。

海外で生活してみて、日本人は不利だな、勿体無いな、と強く思うようになりました。

英語に限らず語学を上達させたいのなら、一番はその言語が使われる国に行くことではないでしょうか。つまり、その言語を使わざるを得ない環境に身を置くことです。

最初は大変かもしれません。しかし諦めなければ、日本で勉強するよりずっとずっと早く上達する!と言い切ることができます。

聞き取れなかった会話が聞き取れるようになった、気付いたら詰まることなくスムーズに主張ができていた、など上達の喜びを感じることができたらこっちのものです!喜びは更なる努力の糧になりますから。

異文化に触れ、分かち合う……豊かさ!

建物

私が個人的に思う海外生活の醍醐味のひとつが、異文化に触れることです。カルチャーショックなんて言葉がありますが、日本では体験できない文化が海外にはあります。

マレーシアで体験する異文化

マレーシアの一般的な職場環境で見られる文化のひとつは、MC(Medical Certificate )と言って、医療機関発行の診断書です。

具合が悪い時に医療機関でMCをもらってくれば、有給でお休みを取ることができます。(年次有給休暇とは別にです。)会社にもよりますが、年間12〜18日程度ある場合が多いようです。

その他、マレーシアはイスラム教徒の国ですが、ムスリムにとって毎週金曜の午後は特別なお祈りがあるので、会社によってはランチタイムが長く設けてあったり、礼拝に行く人は長い休憩時間をもらえる場合もあります。

また、有給休暇はしっかり消化する傾向にあります。日本ではどうですか?権利はあるものの、職場の環境によって取りにくい、なんて人も多いと思います。

ここマレーシアでは有給休暇は当然の権利としてみなさん消化し、国内や近隣諸国への旅行を楽しんでいる人がたくさんいます。

マレーシアにいて最も興味深く、また素晴らしいなと思うのは、文化の共存です。マレーシアには大きく分けて、マレー系(イスラム教)、中華系(仏教)、インド系(ヒンドゥー教)の国民がいます。

国教はイスラム教ですが、中華系のお正月である旧正月も国民の祝日となっていますし、インド系のお正月、ディパバリもお休みです。もちろんイスラム教徒にとってのビッグイベント、断食後のお祝い・ハリラヤも祝日となります。

それぞれの宗教と文化を尊重し、共存しているので、ひとつの国にいながら多文化に触れ合えることにとても豊かさを感じます。

日本人が異文化に触れ、それらを受け入れる必要性

日本は少子高齢化が進み、一部の予想では2025年には65歳以上の高齢者が全人口の30%を超えると言われています。およそ3人に1人が65歳ということです。

そんな日本の経済を支えていくには、外国人労働者の受け入れを増やす必要があるでしょう。現に、今年2018年2月、安部首相は外国人労働者受入の拡大を検討するよう指示しました。

今後も日本で生活するにしろ、外国人との共存は必須になってくると予想できます。日本は島国ですので、歴史的に見ても大陸続きの国々に比べて、外国人の進入は少なく、我々独自の文化を守ってきました。

しかし、ここ数年で外国人労働者が増え、農業や工場だけでなく、コンビニや居酒屋などで働く外国人をたくさん見かけるようになりました。

今後も増え続ける外国人労働者との共存に、海外での経験が必ず役に立つと私は考えます。外国人に慣れていない日本人に対して、何かしら新しい提案もできるでしょうし、異国で働く大変さを知る存在として、外国人労働者の助けにもなれるでしょう。

人によっては、未来の日本を危惧し、拠点を海外に移すことを考える方も増えると思います。選択は人それぞれですが、どんな選択をしてもこれからの時代、海外での経験はプラスでしかないと思うのです。

再認識できる日本の素晴らしさ……誇り!

日本文化

私が海外移住を決めた理由は色々あるのですが、ひとつは2011年3月に起きた東日本大震災がきっかけでした。安心した日常生活が送れない日々が続き、余震や原発の問題、政府の対応… 様々な面で不安を感じました。

と同時に「人生いつ何が起きるか分からない。やりたいことをやらなきゃ。」と自分の人生を見つめ直すことになりました。

夫とともに日本を飛び出し、海外生活を始めるまでは、生活の不安や閉塞感、疑心など、日本のマイナス面ばかりが目につきました。しかし、実際に海外での生活を始めると、日本の素晴らしさを再認識することになります。

サービスの素晴らしさ、真面目で勤勉な国民性、察しようとする心、街の綺麗さ、清潔さ、正確さ…などにおいては世界のどこよりも日本が優れています。日本で当たり前のことは、海外では当たり前ではないのです。

マレーシアに来て、日本人であること、また先代の日本人を誇りに思うことがあります。

例えば部屋を借りる時です。日本人は部屋を綺麗に使う、遅れずに家賃の支払いをする、退去時も綺麗に片付ける…など(あくまでも一般的にです)、オーナーからすると優良借り主なのだそうです。

それは、これまでマレーシアで生活してきた日本人がそうしてきたという実績があるが故です。

またマレーシアあるあるですが、業者に修理などを頼んでも、時間通りに来ない、連絡もない、ということがあります。きっと日本だったら時間通りに来るか、遅れるにしても連絡があると思います。

「遅れるなら連絡の一本くらいよこせ!」とイライラすることもあります。予定が詰まっていたら尚更です。でも「ここはマレーシア。マレーシアタイムで動いているんだ。」と自分に言い聞かせて、期待せずに気長に待つしかありません。

これらはほんの一例ですが、日本の素晴らしさ、日本人への感謝、日本人であることへの誇りを再確認できるのも、海外生活ならではだと思います。それは自分自身のアイデンティティ形成に大きく関係するものです。

挑戦、そして身につく自信……期待感!

タワー

海外移住、海外就職というと聞こえは良いですが、あえて言うと「海外生活を続けること」はそう簡単なものではありません。

実際に海外で働き始めると、色々な困難に出会います。言葉、食事、人間関係、住居、仕事、ビザ、医療、治安など挙げればキリがありません。想像と違った!なんてことは日常茶飯事だったりもします。

私もマレーシアに来た当初は、東南アジアのある国からの突然の引越しで、金銭的にも余裕がなく、友人もいなくて、夫とともに精神的に大変参っていました。

日本に完全帰国するにもお金がかかる、友人を作るために習い事をするにもお金がかかる……。 選択肢がありませんでした。ただただ、当分はこの土地で節約しながら生活するしかない、その1択でした。

生活にも慣れ、土地勘もでき、貯蓄も少しできてくると、精神的にも余裕ができ、この国を楽しめるようになってきました。そうこうしているうちに、もうマレーシアに来て丸3年が経ちます。

海外就職、海外移住の中で、人それぞれ様々な壁にぶち当たると思います。

が、私の経験では、順応していくこと、不便さすら楽しむこと、解決しようと努力すること、人に頼ること、勉強すること、思い切って諦めること、頑張りすぎないこと……で、何とかなるものだと思います。

海外就職したものの、1年程度で日本へ帰国する人もたくさんいます。でも、それでも良いのだと私は思います。

他の国だったら上手くいったかもしれません。何より、挑戦したことに大きな意味がありますよね。「気付き」もたくさんあったはずです。その経験が血となり肉となり、自信となっていくのだと思います。

その自信は自分への、そして将来への期待に繋がります。事実今の私は、あの辛かった時期を乗り越えた夫との絆をより強く感じていますし、2人でならどこでもやっていける!という自負と将来への期待があります。

まとめ

銅像

日本の素晴らしさに気付きつつ、海外ならではの困難もあるのに、なぜ私たちは海外生活を続けるのでしょうか?

それはズバリ、楽しいから!です。海外旅行と海外移住は違います。移住すればそれは日常です。でも日常の中に毎日何かしらの発見があって、刺激的だからです。

人生は一度きりです。もし、海外就職・海外移住に興味があるのでしたら、やらないで悶々とするより、やってみてダメならやめたら良い!と思いませんか?

誰の人生でもない、あなたの人生。私は現在アラフォーですが、日本の平均寿命から考えれば、まだ折り返し地点にも立っていません。まだまだやりたいことをできる時間が十分にあります。みなさん、後悔しない人生を選択して生きましょう!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

マレーシアで海外就職、現地採用の気になる仕事や給料相場

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
RG江戸紫

RG江戸紫

投稿者プロフィール

昭和生まれ。現在マレーシア住まい。モットーは、笑う門には福来たる。2013年から海外移住。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る