Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

これ食べるの?ちょっと躊躇する韓国の食べ物「ゲテモノ5選」

コムジャンオ料理

見るからに食べ物とは思えない、グロテスクな見た目をした食べ物。日本でもイナゴやハチノコなどの一般的には食されていない食材が存在するように、お隣韓国でもそんなグロテスクな食べ物、いわゆる「ゲテモノ」料理があります。

今回はその中でも有名な5つの食べもの(ゲテモノ)をご紹介します。

ポンデギ

韓国の食べ物「ポンデギ」

韓国に詳しい方なら1度は聞いたことある「ポンデギ」正体は蚕のサナギで、醤油ベースの出汁で煮込んで食べます。

屋台で売られていることが多く、たまに飲食店の付け合せにも登場します。もちろんスーパーで購入することも可能で、缶詰になって売られています。

 

韓国の食べ物「ポンデギ」

このポンデギ、貧しかった時代は貴重なタンパク源として食されていました。現代でも小学生が買って食べる安いおやつの代表で、駄菓子のように懐かしさを感じる食べ物のようです。

味はエビのようで思ったよりおいしいという人もいれば、いかにも虫の味で1口食べただけで無理、と評価が分かれます。

筆者は後者で、虫を食べたことがないのに、1口噛むと中から染み出てくる虫味を感じてすぐに吐き出してしまいました。

関連:韓国在住9年目の私が自信を持っておすすめする料理店3選

ケブル

ケブル

見た目にもはっきりせず、何者なのか分かりづらいこちらの食材。日本では「ユムシ」と呼ばれ、釣り餌に使われたりしますが、なんと韓国では刺身にして食べちゃいます。

少しぬるっとしていますが味という味はなくクセもないので、見た目以上に意外と普通に食べれるゲテモノです。

 

ケブル

このような見た目をしているので、中には卑猥な想像をした方もいるかもしれませんが、まさに「ケブル」という名前も見た目からつけられています。

ケ=犬なので、犬の…という意味です。勘の良い方ならお分かりですね?由来は植物の「オオイヌノフグリ」と似ているので、興味がある方は調べてみてくださいね。

おすすめ:ここがよかった!実際に韓国で生活してよかったと思う3つのこと

コムジャンオ

コムジャンオ

うなぎのような形をしたこの生き物は「コムジャンオ」と呼ばれており、日本では「ヌタウナギ」として知られています。

韓国では釜山近郊で多く獲れることから釜山名物となっています。食べ方はぶつ切りにしたコムジャンオと野菜を一緒に炒め葉に巻いて食べるのが一般的ですが、お店によっては姿焼きのメニューもあるようです。

コムジャンオ料理

コムジャンオ料理の特徴はなんと言っても火にかけてもコムジャンオが動くところ!新鮮さゆえなのですが、見た目のインパクトもあり盛り上がるので、ぜひ食べていただきたい料理のひとつです。

グロテスクな見た目とは反対に、鶏肉の軟骨部分のようなコリコリとした歯触りと淡白な身で食べやすく、かなりおいしいです。

おすすめ:こんなところまで料理を運んでくれるの?韓国のデリバリー事情

ホンオフェ

ホンオフェ

匂いが特徴的と言われている、エイの加工品であるホンオフェ。どのような匂いかというと、アンモニア成分を多く含んでいるのでまるでおしっこのような匂いだそう。

でもその成分が独特な風味を醸し出しており、おいしさの秘密でもあるんです。

食べ方は豚肉とこのホンオフェを発酵の進んだキムチの上に乗せいただくのが最高の組み合わせと言われ、三合(サマプ)と呼ばれています。

マッコリとの相性もよく、このサマプとマッコリで1杯するのがツウの楽しみ方なのだとか!実は筆者はまだこのホンオフェを食べたことがなく、いつか挑戦してみたい料理のひとつでもあります。

スーパーでもパック売りにされているので、手に入りやすいです。

関連:韓国といえばキムチ!知っておきたい地域別キムチのいろいろ

ヨンヤンタン

漢字では「栄養湯」と書くこの料理は「ポシンタン:補身湯」「サチョルタン:四節湯」とも呼ばれ、この名前を見るだけでいかにも栄養があり力がつく料理だと想像できます。

実はメインの具材は人間のパートナーと呼ばれているあの「ワンちゃん」です。日本では考えられないかもしれませんが、昔は犬を食用にしていた地域もあるので特別不思議なことではありません。

実は韓国でも賛否両論あり、食べない人は絶対に食べないし、実際に食べたことがない人も多いです。

味は臭いがキツめでくせがあるので、香草を一緒に入れて食べることが多いようです。抵抗のある人も多いかもしれませんが、1度食べてみる価値のある料理ではないでしょうか。。

筆者もまだ経験がないので、ホンオフェ同様いつか挑戦してみたい料理のひとつです。

まとめ

見た目がグロテスクなゲテモノ料理。食べるまで相当勇気が必要ですが、食べてみると案外おいしいものが多いです。

食べたい韓国料理がなくマンネリ化してきたなと思った時、話のネタが欲しい時、そんなこそゲテモノに挑戦するときです。見た目だけで嫌煙せず、1度お試しくださいね!

おすすめ

 

韓国で新しい働き方をしよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Heidi

Heidiライター

投稿者プロフィール

韓国人と結婚し、釜山に移住。
現地企業で働いている兼業主婦です。
韓国の情報はもちろん、釜山に住んでいるからこそお伝えできる情報もたくさん盛り込んで記事にしていけたらなと思っています!

ページ上部へ戻る