海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

インドネシア・バリ島で働くには?バリ島に多い求人と給料相場

  • 公開日:
  • 更新日:
インドネシアのバリ島

短期滞在の旅行ではなく、南国の楽園・バリ島で仕事をして、現地で暮らしてみたいと夢見る方もいるのではないでしょうか。

観光業が盛んなバリ島では、外国人を必要とする職種が意外に多く存在します。では、日本人対象の求人はどんな内容が多いのかご存知でしょうか。バリ島で働く夢を実現させるためには具体的な情報があると、よりリアルになってくると思います。

そこで今回は、バリ島で多い日本人の求人内容、そのお給料など就職事情についてご紹介します。(2018年再編集)

バリ島で日本人が求められる職業とは?

バリ島

コミュニケーションスキルの高さを求める職種が多い

インドネシア・バリ島で求められる日本人ならではの仕事は、日本語で流暢にコミュニケーションをする能力が必要とされるものです。

日本からの観光客や長期滞在者もたくさんいるため、そういった人たちをサポートする仕事が多いです。

最も多い求人はゲストリレーション

ホテルやスパのゲストリレーション、またウェディングプランナーなどの仕事は、バリ島でもっとも多い求人です。

ホテルの宿泊やスパを利用する日本人のお客さまへの応対と接客をはじめ、お客さまからのさまざまな相談に親身になって応対するのがゲストリレーションの仕事です。

旅行代理店やビザエージェントの仕事も多数

そのほか、バリ島で日本人が働く職種として多いのは旅行業やビザ代行業などがあります。

  • バリ島にある旅行代理店のカスタマーサービス
  • ビザ取得代行エージェント

など、バリ島に短期滞在される方へのサービスだけでなく、長期滞在される方のサポートをする仕事も存在します。

バリ島の日本人向け職種、その給料相場や税金はどれくらい?

バリ島

バリ島で働く現地採用の日本人の最低賃金は、現在のところ400万ルピアほどとなっています。

同じインドネシアのジャカルタの給与はもっと高いのですが、バリ島は人気があるため、400万ルピアからとなっています。

それぞれの職業におけるお給料目安は下記の通りです。(1円=114ルピア※2016年3月現在)

バリ島の最低賃金400万ルピア(約3万5千円)
ホテルのゲストリレーション600万ルピア(約5万2千円)~1,200万ルピア(約10万円)
スパのゲストリレーション400万ルピア(約3万5千円)~600万ルピア(約5万2千円)
旅行代理店の事務、カスタマーサービス400万ルピア(約3万5千円)~700万ルピア(約6万1千円)
ウェディングプランナー600万ルピア(約5万2千円)~1,000万ルピア(約8万7千円)
ウェブデザイナー500万ルピア(約4万3千円)~1,000万ルピア(約8万7千円)
フォトグラファー700万ルピア(約6万1千円)~1,000万ルピア(約8万7千円)

インドネシアでは年収によって所得税が異なります。現地採用として働くのであれば、所得税は15%〜25%程度になるでしょう。

給与に影響するのは会社の規模、経験、語学スキルなど

勤め先の会社の規模に加え、その職種の経験者であるかどうかも重要です。

そして、インドネシア語や英語を流暢に話すことができるかどうか、パソコンスキルの有無などもお給料に反映されることになります。

バリ島就職成功3つのポイント「行動力」「ツテ」「コネ」

バリ島のスミニャック

バリ島で就職活動するときには、

  • 「行動力」
  • 「ツテ」
  • 「コネ」

がものをいいます。インターネットで求人募集を探すことが主流になりつつありますが、採用にたどりつくまでがなかなか大変でしょう。

老若男女問わず、毎日サンサンと太陽が降り注ぐバリ島でぜひとも働きたい!という熱烈なファンが多いため、条件のいい求人はすぐになくなってしまいます。

そんなとき、外国人にインドネシア語を教えている大学の先生の紹介や、すでにバリ島で就職している友人などの紹介は、とても頼りになるものです。そして、いつでも面接に臨むことができるように、日本語と英語の履歴書と経歴書を用意しておきましょう。

バリ島で就職するには

今すぐにバリ島での就職を考えていなくても、理想の仕事を見つけるために転職サイトを使い、気になる求人をストックしておくことが大事です。情報収集が進めば、より具体的にバリ島にいる自分をイメージできるはずです。

以下のサイトは日系の大手転職サイトです。「求人」「待遇」「サポート」がしっかりとしているので、不安の多い海外転職でも安心して利用できます。登録は3分程度、利用はすべて無料です。もちろん、〇〇についての「話だけ聞きたい!」という使い方も可能です。

いよいよとなったときに即行動できるよう、備えよ常にですね。

登録したからといって必ずしも転職やコンサルティングを受ける必要はありません。まずは気軽に気になる求人を探してみましょう。 

まとめ

バリ島で日本人に求められているのはのホスピタリティ。日本人にぴったりの、とてもやりがいのある仕事だといえるでしょう。

好きな場所に住み、生活していけるだけのお給料、そしてやりがいのある仕事を手に入れることができれば最高の人生なのかもしれません。

ますます発展していくインドネシアの経済成長を、直接現地で肌で感じることができるのもひとつの醍醐味です。夢やあこがれを実現できるよう、まずは一歩踏み出してはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 楽天カード
  2. 旅行バッグ
  3. リクルートエージェント
  4. 海外就職求人サイト
  5. シティ
ページ上部へ戻る