Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

インドネシアのジャカルタで海外就職!求人・仕事の探し方・採用条件

海外就職

経済成長を遂げている東南アジアで「英語を使って働いてみたい」という想いを持っている方は益々増えているのではないでしょうか?

最近は就職先にインドネシアを選ぶ人も増えてきました。

インドネシア現地の人材会社に赴任した経験から、海外、特にジャカルタ現地での仕事の探し方についてご紹介します。

ジャカルタで駐在員 or 現地採用

「海外で働く」を実現する際には、駐在員としてまたは現地採用としての2つのパターンがあります。

駐在員・・・

日本本社採用で海外の現地法人に派遣される形です。

一般的には日本国内で経験を積んだ後に派遣されます。国は会社により決定され、給与や待遇は日本での雇用の内容とほぼ変わりません。

現地採用・・・

海外現地にある現地法人に直接雇用される形です。

自分で好きな国を選び、現地の会社と直接コンタクトを取り採用されることになります。給与や待遇は現地法人によって決定されます。

このいずれを選ぶかで、どのタイミングで海外就業を開始できるか、どんな待遇になるかが大きく変わってきます。

海外求人を扱っているエージェントに登録する

インドネシアで就職・転職をするなら転職エージェントを利用するのが一般的です。

東南アジア各国には様々な転職支援エージェントがあります。ジャカルタにおいては日系の人材会社は年々増えており、現在は10社以上存在しています。

わざわざ現地に行ってエージェントに登録しなくても、国内で現地求人を扱っているエージェントも数多くあります。

実際の求人の業界や内容、必要条件、採用条件は様々ですが、共通している内容も多いです。

世界に通用するキャリアが欲しい方に。海外への転職はJAC Recruitment

インドネシアで多い求人の内容

海外就職

工業化が進んでいるジャカルタでは、メーカー業界での求人募集が多いですが、最近はサービス業界の進出も進み、ホテル業界や広告業界、飲食業界も増えてきています。

職種内容としては、営業職が圧倒的に多く、その次が経理等の専門性のある職種です。

インドネシアで働くために必要な条件

  1. 同職種での業務経験(新卒は法律上ビザがおりない)
  2. 英語またはインドネシア語ビジネスレベル
  3. 大卒者

年々ビザの規制が厳しくなっているインドネシアでは、基本的には大卒で業務経験がなければビザの取得が難しい状況となりました。

また日系企業ではほとんどの企業が社内は英語またはインドネシア語の為、業務上いずれかの言語が必要になります。逆にいずれの言語も習得している場合は、就職活動でかなり有利になります。

インドネシアで求人の多い職種・業種

日系メーカー勤務

現在ジャカルタには約1500社ほどの日系企業が進出しており、その企業の半数以上のメーカー企業はジャカルタから車で2時間程度の工業団地に密集しています。自動車部品メーカーから食品メーカー、化学から建材等様々です。

メーカー企業の規模は大きな所が多く、工場を持った社員100名以上の会社が数多く存在します。

メーカー業界で出る主な求人のポジション

  • 営業(日系企業相手に新規・フォロー営業)
  • エンジニア(工場にてローカル社員に指導、管理等)
  • 品質管理(製品の製造過程の管理)
  • 工場長(工場にて全体管理、ローカルマネージャー管理等)等

上記の職種が頻繁に出ています。日系企業相手の営業職から、工場でのエンジニア、工場長などの職種が多い傾向にあります。日本で工場での経験や業界経験があれば、比較的スムーズに働くことができるでしょう。

ホテル・サービスアパートメント勤務

ジャカルタやジャカルタ周辺の工業団地には日系向けのホテルやサービスアパートメント(掃除、洗濯等家事サービスが付いたマンション)が益々増えています。

こちらでは主に、日本人顧客対応・顧客開拓をする営業担当の募集が多いです。ホテル等で開催する顧客開拓の為のイベント企画運営等も発生します。

日本人向けサービス業界勤務・営業職

サービス業界といっても様々で、ジャカルタには広告業、コンサルティング業、セキュリティ関係、人材業、不動産業等多く存在していますが、こちらの業界においても頻繁に募集される職種は営業職です。

営業職といっても業界によって全く営業スタイルも変わってきますが、転職活動において日本と少し違う点は同業界内での経験が必ずしもマストではないという点があります。

ほとんどの企業が日系企業相手に営業を行っていますが、インドネシア語が可能な場合はインドネシア市場開拓業務の担当になる事もあります。

現地では日系企業ネットワークが狭い為、どれだけ蜜に日系企業担当者と繋がるかが重要になってきます。また顧客は日本人であってもサービスを提供するにあたり社内のインドネシア人との恊働が必須となる為、どれだけローカル社員と協力し日系向けのサービスを作り上げられるかも大切になってきます。

日本食レストランなどの飲食業界勤務

ジャカルタも他の東南アジア諸国と同様、日系飲食店の進出が益々増えてきました。

そんな飲食業界でも頻繁ではありませんが求人募集はあります。内容としては、店舗運営全般業務です。店内業務の管理から、調理指導、インドネシア人社員の労務管理等、多岐に渡ります。

料理人としてだけではなく、店全体の管理を通して将来的に自分の店を持ちたい方にはいい修行の場となりそうです。

エンジニアや品質管理など専門職での勤務

営業職が募集される事が多いジャカルタの人材募集状況ですが、エンジニアや工場管理、経理・税務、施工管理、ITエンジニア等の専門性の高い職種の募集も随時あります。

こちらの職種の場合も、やはり英語かインドネシア語の日常会話以上~ビジネスレベルが求められます。

インドネシアでの一般的な現地採用の待遇

営業職(業務経歴2年~5年・現地採用)の場合、ジャカルタ現地の採用条件・待遇は下記が現在一般的となっています。

給与

20万円~25万円(ルピア払い)

福利厚生

  1. 社有車あり
  2. 家賃手当あり(3万円~5万円)
  3. 海外保険加入あり

他企業によっては、赴任時航空券、年1回の帰国費用を支給する場合もあります。

インドネシアでの駐在員の待遇

日本からインドネシアへ派遣される駐在員として働くなら給料・待遇は現地採用よりも良いものになります。

例えば、日本でもらえる給料+現地での駐在手当になるので、月給50万円以上になることも多いです。以下の記事も参考までに読んでおくと良いでしょう。

インドネシアの税金

インドネシアで働くなら知っておきたいのが税金のはなし。消費税や所得税などインドネシアにも税金は存在します。

インドネシアの所得税は5%〜30%です。詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

まとめ

ジャカルタでは、人材数に対して求人が多いため、数年の業務経験&日常会話以上の語学力があれば就職が決まりやすい状況にあります。

人材エージェントは東南アジア各国に展開しているため、同時にタイやベトナム、シンガポールの求人応募と同時並行で進め比較することも可能です。

新興国の熱気を肌で感じられるインドネシア。海外就職の希望国の一つにジャカルタを検討されてみてはいかがでしょうか?

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

インドネシアで海外就職!バリ島で働いて得られた国際人としての5つの感覚

想いよりも行動?20代女子がインドネシアで仕事を始めた意外と単純なきっかけ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

edmyライター

投稿者プロフィール

アメリカ留学、東南アジアのインドネシア駐在経験ありのアラサー女性。趣味は海外旅行、美味しいものを食べること、ヨガ、インテリア、海外ドラマ鑑賞。海外で暮らす感覚で日本で暮らす生活を創るべく奮闘中。

ページ上部へ戻る