プーケットで働くには?プーケットでの仕事事情

プーケット

常夏の南国の国タイで働いてみたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ゆったりとしたリゾート地のプーケット。

今回は、プーケットやタイではどんな仕事があるのか、どうやって就職するのかなどのお仕事事情をまとめてみましたので、ご紹介します。

プーケットやタイ国内での日本人スタッフの需要

プーケットで働く

タイ国内で日本人が必要とされるお仕事は、やはり日本人観光客向けのお仕事がメインとなります。

例えば、現地旅行代理店、日本人観光客の多いホテルやスパでのゲストリレーションが代表的なお仕事となるでしょう。

また、プーケットでは主に前述のお仕事以外にも、私立病院での通訳担当者やダイビングインストラクターの仕事などもあります。

ただ、現在プーケットでは日本人観光客が減少傾向にあるため、日本人スタッフの新規採用はほとんどなく、欠員補充での求人募集をたまに見かけるという感じです。

これから、プーケットの日本人観光客の数が上昇すれば求人募集も増える事でしょう。

※タイではタイ人の方の就職難を防ぐ意味で観光ガイドやドライバーなど、39業種で外国人が就業できない職種の規制があります。

プーケットでの仕事の見つけ方

プーケットでは、日本人スタッフ募集は少ないですが、もし募集があるとすれば以下のプーケット日本人会のホームページに掲載されることがあります。

ただ、すでに募集終了をしていても掲載されたままという事もありますので、まず、メールや電話などでまだ募集中なのかを確認されることをお勧めします。

あとはプーケット在住者からの口コミ情報や各旅行代理店やホテルなどのウェブサイトに、ちらっと掲載されている場合もあります。

プーケット日本人会:http://www.phuketja.org/

バンコクでは、日本同様に下記のような就職斡旋会社があり、多くの求人情報が掲載されています。

ディースタッフ:http://www.deestaff.com/

アデコ:https://japanese.adecco.co.th/

マンパワー:http://jp.manpowerthailand.com/

プーケット求人への基本的な応募方法

求人への応募については、英文履歴書と職務経歴書(Resume, Cover letter)、証明写真を送り、その後、面接、採用というのが基本的な流れとなるでしょう。

まだタイには滞在しておらず、日本からの応募の場合もSkypeなどでの面接が行われるかと思います。

面接の際には、給料や収入待遇(休日など)、社会保険などの福利厚生、ビザ、ワークパーミットについてなど就職してからこんなはずではとならないように、また、プーケットでの労働環境などわからないことは全て質問するといいでしょう。

また、面接官は日本人とは限りません。人事担当のタイ人の方の場合が多く、タイ語または英語での面接となります。

プーケットでの採用決定後は?

プーケットで仕事

就労するためのビジネスビザの取得が必要となります。

パスポートの残存期間の確認、就職先の会社書類、招聘状などすべての書類がそろったら、在日タイ大使館やタイの近隣諸国のタイ大使館・領事館でビザ申請となります。必要書類などはビザ申請を行う予定のタイ大使館・領事館、就職先へ確認しておくとよいでしょう。

※下記は在日タイ大使館(東京)のウェブサイトです。

公式サイト:在日タイ大使館(東京)

また、タイ渡航後の滞在先については就職先の会社へ相談することもできるかと思います。

予算に余裕のある方はしばらくホテルやゲストハウスに滞在してからご自身でアパートなどを探すのもいいでしょう。

通勤方法はバンコクではBTSなどがあり便利ですが、プーケットでは公共交通機関が発達していません。

ホテルなどではスタッフバスの利用が可能ですが、スタッフバスがない場合はご自身でバイクや車での通勤となります。(タイでの車、バイクの運転には国際免許証、タイで発行の免許証を必ず携帯してください)

プーケットで仕事をするうえでの日本との違い

仕事

働き始めると、やはりここは日本ではなくタイなので、環境や使用言語ももちろん変わってきます。

また、主にタイ人の方々と共に仕事をしていくかと思うのですが、勤勉な国民と言われている日本人からすると、ゆるいなと感じる事が出てくるかもしれません。

出勤したらすぐ朝ごはん、勤務中のおやつ、お昼はどんなに忙しくても12:30PM から必ず昼食の時間、でも戻ってくるのは遅い等、笑ってしまうことがあります。

公私混同してしまう事や連絡なしに会社に来ないこともあるかもしれませんがタイで仕事をする上でのお手本にはならないですね。

(これはタイ人全員というわけではなく、きちんと職務を全うされる方々もいらっしゃいます)

まとめ

いかがでしたか?

タイ国内でも日本人スタッフの需要や職種は地域により異なりまた、日本人がタイで働くとなると、日本人観光客や在住者向けのお仕事が多く、やはりお客様からは日本並みのサービスを求められることが多々あります。

そのため、のんびりとリゾート気分で働こうと考えてプーケットで就職しても長続きしないことも考えられるでしょう。

また、仕事をする上でのコミュニケーション手段として基本的に英語やタイ語が必須となります。観光で遊びに来るのとは違い、日本と同様に働くとなると仕事に対する責任感も必要となりますね。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

5万円代で生活可能?プーケットで生活したら1か月の生活費はいくら?

ここが最高!プーケットで生活してみてわかるいいところ10選

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 青島54広場
  2. イギリス
  3. ミャンマー語
  4. サウナ
  5. ディズニーランドパリ
  6. 台湾でのワーホリ

おすすめ記事

  1. タイ人とのコミュニケーション
  2. バギオでの格安留学
  3. 中国青島湛山寺
  4. ベトナムでの銀行口座の開設の仕方ガイド
  5. ネパールの教育
ページ上部へ戻る