海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

海外就職でもらえる「給料」について知っておくべきポイント

  • 公開日:
  • 更新日:
海外就職での収入

海外で働くと、日本で働くよりも高収入が得られるのでしょうか?

実は、海外駐在員として働くのか、それとも現地採用社員として働くのかによって給料事情は大きく異なります。そのため、必ずしも収入が増えるわけではないというのが現実ですが、現地の物価はもちろん、給料以外の手当の有無や給料の支払い方法によってもその価値は左右されます。

この記事では、海外就職活動の際にチェックすべき給料のポイントについてご紹介します。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

知ってる?海外での給料は交渉可能

まず大前提として、海外就職でもらえる給料の額は交渉可能です。日本だと自分から希望給料を言うことはためらわれるので、遠慮して提示額をそのまま受け入れる人も多いのではないでしょうか。

しかし、海外で働くなら希望はしっかりと伝えなければなりません

  • 毎月または年間でいくらもらいたいのか
  • 支払いはどこの国の通貨なのか
  • 賞与やボーナスはあるのか

こういったことは、面接時に交渉あるいは確認すべき事項です。大事なポイントなので、最初にしっかり話し合っておきましょう。

給料の通貨単位の重要性

海外での収入

海外就職にあたり、給料の額はもちろんですが、支払い方法も最重要チェック項目のひとつです。支払われる給料がどの通貨建てになるかは非常に大きな問題です。

円建てで受け取るのが一番わかりやすいのですが、海外で働く場合には米ドルや現地通貨建てで支払われる場合もよくあります。

海外での給料の支払いパターン

  • 日本円建て
  • 米ドル建て
  • 現地通貨建て
  • 円+現地通貨建て
  • 小切手
  • 現物(お米など)

では、それぞれのパターンの特徴や受け取り方法を確認しておきましょう。

円で給料を受け取る

日本人や日系企業を相手にしているような仕事であれば、取引先からの入金が円建てとなることが多いことから、給料も円建てで支払われる場合があります。

円建てでの取引により得た資金を米ドルや現地通貨に両替すると為替差損益が発生するので、それを回避するため円建てのまま従業員の給料として支払われるのです。

円で受け取る場合の振込先と注意点

円建てで給料をもらうなら、ほとんどの場合は日本の銀行口座に振り込まれることになります。稀ですが現地の口座に振り込まれることもあるので、確認しておきましょう。

注意が必要なのは、円建ての場合、実際に生活の拠点を置く場所で現地通貨に両替しなければならず、受け取った側で為替差損益が発生することです。

現地滞在中、給料を両替するたびにレートの心配をしなければならず、負担といえるでしょう。特に円安が進んだ2015年には、給料を日本円でもらう駐在者や現地採用者から悲鳴が聞こえました。

米ドルで給料を受け取る

アメリカ国内での就職ならば、当然米ドルが現地通貨なので為替差損の心配はありません。

アメリカ以外の国でも、規模の大きな企業の給料は米ドル建てで支払われることが多いですが、特に東南アジア(ミャンマーベトナムカンボジアなど)や中近東エリアで米ドル建ての場合は気を付けなければなりません。

米ドルで受け取る場合の注意点

為替相場が円高傾向か円安傾向かによって、日本円換算額はだいぶ違ってきます。当然のことながら為替レートは日々変動するので、対現地通貨の場合も同様に、米ドルで受け取っても両替すると思ったより少なくなってしまうことがあります。

給料が米ドル建てで支払われるという条件は一見、魅力的ですが、そこは冷静に考えましょう。生活費の支出のために両替をするたび為替差損をこうむるようなことは、極力避けたいものです。

現地通貨で給料を受け取る

海外就職で受け取る給料は、現地通貨建てであることが一番多いかもしれません。筆者は中国で仕事をしていますが、現在受け取っている給料も現地通貨建てです。

現地通貨の額面は、けた数が非常に多くなる(ベトナムドンやミャンマーチャットなど)ことがあり、日本円や米ドルに慣れている人にとってはとてもわかりにくい場合がありますが、事前リサーチの段階で日本円での換算額の目安をしっかり押さえておくことが大切です。

けた数が多くても、換算してみると結局それほどの金額ではなかったということがほとんどです。

現地通貨で受け取る場合のメリットと注意点

現地通貨建てで給料を受け取るメリットは、日々の支出で為替差損をこうむることがないことでしょう。

また、成長著しい東南アジアの国の通貨の場合、数年の間にどんどん価値が上がることがあり、現地通貨で給料を得ている人にとっては得となります。

一方、そのような国に旅行で訪問する際や日本に帰国する場合には為替差損益が発生するので、できる限り損が少なく済むよう気を付けておかなければなりません。

現地通貨での支払いは直接手渡しの場合も

稀にではありますが、給与が現地通貨建てで支払われる場合、口座振込ではなく直接手渡しということもあります。

その場合、給料日は毎月何日か、誰から受け取るのかなどを事前にはっきりさせておく必要があります。でなければ、トラブルになってしまうかもしれません。

私の友人は以前、中国で給与手渡しの会社に勤めていました。一応、給料日は毎月15日と決まっていたそうですが、給与を渡してくれるはずの上司が出張に行っていて会社にいないことが多く、もらえるのが1週間後2週間後ということもちょくちょくあったそうです。

また中国にはほぼ毎月祝日があり、給料日と祝日が被ってしまうと、休み明けに出社するまで待たなければならないこともあったとか。

給料日ごとに直接手渡しのデメリットを実感する可能性

そしてこれは中国の国民性なのか、その人の性格ゆえなのか分かりませんが、まだ給料を支払っていないことを上司がそもそも気付いていない、または忘れてしまっていることも多かったそうです。

毎月給料日がくる度に催促するのも億劫だ……と、友人は嘆いていました。

このようなケースに遭遇することはそれほど多くないかもしれませんが、中国や東南アジアの国では時々あるようです。

直接手渡しの場合は手続き等が必要なく簡単に思えるかもしれませんが、このようなデメリットもあることを知っておきましょう。

円と現地通貨の両方で受け取る

海外駐在員として働いている方に多いのがこのタイプです。基本的な給料は円建てで日本の銀行口座に振り込まれ、駐在手当やその他諸経費は現地通貨で支給されます。

ボーナスや各種手当は会社次第

ボーナス

海外就職でボーナスはある?

日本国内の企業では年に2回、ボーナスの支給があるところが多く、働く側にとってはとてもうれしい制度です。1回あたりの支給額を抑え、年3回に分ける企業もあるようです。

ただ、日本なら当たり前と思われるこのボーナス制度も、海外では必ずしも一般的ではありません。

そのため、海外の仕事を探す中で毎月の給料の高さに魅力を感じても「ボーナスがない」または「あっても少ない」ことにより、年収で考えるとそれほど高くなかったということがありがちです。

月々の給料以外にボーナスはあるのか、ある場合どのくらい受け取れるのかをしっかりチェックしなければなりません。

支給条件を確認しておく

ボーナスの支給額には、その企業の経営状態が反映されます。企業側が賞与支給実績について「○ヶ月分」」のような明確な提示をしない場合は、前期売上の如何によってかなりの変動が予想されると考えるべきでしょう。

月々の給料は残業手当なども含めある程度の金額を見込めても、ボーナスの支給額となると企業により本当にさまざまです。

これは、日本国内での就職・転職の際に気をつけることと同様ですが、海外の外資系企業などで条件が英語で記されている場合には、あいまいにせず事前にしっかりと把握しておくことが大切です。

ビザ取得などの費用は負担してもらえる?

就労ビザの取得の際にかかる費用や、一時帰国のための費用を会社が負担してくれるか、してくれる場合はどのぐらいの割合なのかなども、事前に確認すべきです。

東南アジアのある国で働いている友人は面接の際、一時帰国にかかる費用は会社が負担すると言われていました。

しかし、内定後によく聞いてみると、会社が負担するのは年に1回分、しかも1/3のみとわかり、経済的な計画を練り直す必要があったということです。

海外生活での実際の収支をシミュレーションしてみる

生活費のシミュレーション

ボーナスも気になりますが、当然ながらやはり日々の生活には月々の具体的な収入額が最重要となります。譲れない収入額を見極めるには、現地に移住して実際にかかるであろう支出を計算してみることです。

どんな項目にお金がかかるのか

住居費、食費、通信費、光熱費、交通費、交際費、医療費や医療保険料が主な項目となり、現地での税金などもあるかもしれません。家族帯同で子供がいる場合は、教育費も加わります。

これらは、就職希望の国によっても大きく差があるため、事前にしっかりリサーチして試算することが重要です。

日本からの駐在員の場合は会社から補助があることも多いですが、自ら現地採用の道を選んだ外国人という立場ではそのような補助はあまり期待できないので、シビアに考えておいた方がいいでしょう。

住居費

社宅をリーズナブルな金額で借りることができる場合もありますが、自分で住居を探すときは、金額よりも治安や通勤の便を考えなければいけません。その結果、家賃が割高になる可能性もあります。

食費

地元の安い市場やマーケットを利用するのか、それとも輸入食品を扱うスーパーマーケットを利用するのか、また外食の頻度によっても変わってきます。

遊興費など

現地滞在期間に、日本への一時帰国や他の国への旅行なども考えるならば、その資金をプールする必要も出てくるでしょう。

日本でかかる費用

住民票を日本に置いたままにするなら年金や保険料を支払い続けることになり、ローンの返済があるならその分も取り分けておく必要があります。実際に海外での生活にかかる費用以外に、日本でかかる費用は意外と盲点です。

給料以外の譲れない条件を決めておくことも大切

給料

海外での仕事を探していると、さまざまな求人広告に出会います。給料だけにとらわれるのではなく、

  • どこの国で働くのか
  • どんな仕事をするのか
  • どのような条件で雇用されるのか

など、何を重視するのかしっかり考えることが必要です。希望をあいまいにしたまま海外への就職活動を進めてしまうと、想定外の条件での契約を招くこともあり、大切な自分のキャリアが取り返しのつかないことにもなりかねません。

良くない条件で無理に雇用契約を進める必要はないので、あらかじめ何を求めるのかをしっかりと決めておき、希望に合わない場合はさっと切り替えて次の求人を探しましょう。そして、良さそうな仕事が見つかれば、そこで給料に注目してみるのも一つの方法です。

まとめ~安定した海外生活のためにしっかり確認を

海外就職にあたって大きなポイントとなる給料。生活の基本になるのはもちろん、プライベートやこれからの人生においても重要なものです。

単純に毎月の給料の額だけ見るのではなく、細かい条件までチェックして総合的に判断しましょう。また、実際に働き始めてからでは遅いので、必ず事前に確認し、納得した上で契約することが大切です。

収入面が安定すれば、より充実した海外生活を送ることができますよ。

海外就職・海外転職するには

海外の求人状況は日々変化しています。海外で働くことを考えている人は、まずは転職サイトでどのような求人が出ているか見てみましょう。

求人を見れば、求人職種や給与、待遇の傾向がつかめてきます。そうすると海外で働くあなたのイメージが具体的になるので、転職の成功率はぐっと高まりますよ!

以下は海外転職成功者の利用実績がある転職サイトです。待遇がしっかりしている求人が多いので、安心して利用できます。いずれも登録は3分程度、サイトの利用料は無料です。

登録したからといって、必ずしも転職する必要はありません。いい条件の求人やスカウトがないか、まずは気軽に探してみましょう。

海外就職を成功させて、人生をもっと面白くしませんか?

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る