中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

海外に行きたい!滞在するにはどんな方法

グローバルでかっこいいイメージのあるのが海外就職ですよね。実際にどこで働いているの?と聞かれた時に、「ちょっと海外で」というだけでかっこよさが倍増します。

ところが、一言に海外就職と言っても、国が違えば全く仕事のイメージが違うものになります。よく他のサイトで目にする「海外就職はこうだ!」なんて記事もありますが、その記事の一部は当たっていますが、一部は間違いです。

例えば、イギリスのロンドンで金融関係の海外就職の話とカンボジアで観光関係の海外就職では全く別ものですよね。外資で実力主義でガツガツ働くのか、途上国でのんびり働くのか、国が違えばメリットとデメリットが逆転するなんてこともありえます。

広い海外をひとくくりにすることはナンセンスなのですが、今回は海外就職を中国や東南アジアでするとして話を進めてみましょう。比較的ゆるく、楽しく海外で働いている人が多いのは、中国や東南アジアで海外就職し、日系企業の現地法人で働いている人ではないでしょうか。

現地採用の場合、給与は駐在者よりも低いということがいえますが、比較的ゆるく、比較的自由な仕事ができます。

海外就職(現地採用)をすると良いこと

東南アジアで現地採用として働いた場合に得られること(メリット)はなんでしょうか。

 

わりとゆるい

海外で働くと厳しいんじゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、中国や東南アジアの現地法人は一部を除いてわりとゆるいです。現地スタッフのほとんどが仕事に対してゆるいので、自由な雰囲気で仕事をすることができます。

逆に、中国や東南アジアで3年駐在や仕事をしたら、日本の仕事が合わなくなるとも言われます。日本と中国や東南アジアの仕事に対するスタイルが違いますからね、仕方ない部分ではあります。自由に仕事をしたい人にはおすすめです。

 

日本人というだけでわりとモテる

日本人ブランドというだけでわりとモテます。モテるというより、信用があるという言い方が良いかもしれません。まだ東南アジアでは日本人ブランドが生きています。

日本では結婚出来なかった人が中国や東南アジアで嫁を見つけて結婚するというのはよくある話です。「俺は嫁を探しにはるばる東南アジアで仕事をしているんだ」と言う人もたまにいます。

日本人ブランドを持って、自分に自信を持てる環境に身を置きたい方は中国とか東南アジアがおすすめナンバー1です。何をするにしても自分に自信を持つことが大事です。

逆に、日本人を嫌いな人もいます。当たり前の話ですが、自分のことを好きな人もいれば、嫌いな人もいるわけですから。普通に生活していれば、嫌がらせを受けることはほとんどありません。

僕は尖閣諸島が国有化された時に、なぜか中国にいました。そうです、日系企業が襲われ、イオンのガラスがバラバラになったあの日です。知らない人も多いと思いますが、あの日は日本の大使館から外出禁止令が一斉に出されました。

そんな日にタクシーに乗った私、(乗るほうも乗るほうですが)「国と国が仲が悪いけど俺たちは友達だよな!」と初めて乗ったタクシーの運転手にニコニコしながら言われたことがあります。そのときはなぜか値引きしてくれました。

でも、初めて会ったのでまだ友達ではないなと思ったのは内緒です。

 

残業が思ったより少ない

これは企業にもよりますが、基本的に定時で帰れることが多いのが海外企業の特徴です。というのも現地スタッフが定時で帰ってしまうため(定時前に帰るスタッフもいます)、仕事がストップします。

バリバリ働きたい人は、現地のスタッフもバリバリ働いている職場を探すのがいいかもしれません。

夢のアフター5が手に入ります。

 

何もない日が少ない

中国や東南アジアだと日本人のコミュニティが小さいため、知り合いが圧倒的に増えます。簡単にいえば、日本の小さな村社会のような感じです。節目節目で何かしら集まったりするので、人と人のつながる日本村を感じるかもしれません。

人付き合いは大切です。

関連記事▶︎日本人の就職先は世界に広がる?やりがいのある仕事は東南アジアにあった

仕事はやりがいで選ぶべきです。給料で選ぶよりも断然やりがいです。

海外就職(現地採用)をすると良くないこと

良いこともあれば、良くないこともあります。それでも東南アジアって面白いです。

 

日本と比べると給料が減る職種が多いかも

業種や職種にもよりますが、日本より給与が減ることも珍しくありません。特にBPO・コールセンター関係が当てはまります。人件費削減のために東南アジアに会社を作るわけですから、必然的に給与は低くなる傾向があります。

でも、現地スタッフよりは給与が多いので安心してください。

営業関連の職種やエンジニアは逆に日本より給料が良いこともあります。

せっかくなので自分が仕事をする目的は何なのかを振り返ってみるといいと思います。自由な仕事を取りたいですか?お金を稼ぎたいですか?

もし、お金が欲しいなら日本で働くか、ビジネス英語をマスターして、MBAを取ってロンドンとかニューヨークの外資系金融へ行きましょう。もちろん自由な時間は減ります。

僕なら両方欲しいので必死で情報収集(わりと自由で、そこそこ給料の良い仕事を探す)をします。ネット上に情報がたくさんありますからね、情報は集めたもん勝ちです。 さらっと簡単に言いましたが、情報収集は根気との勝負です。働く目的を決めたら納得出来るまで頑張りましょう!

関連記事▶︎タイで現地採用!知っておきたい給与相場

タイで働く場合の給与相場です。実際に働くと給与はどれくらいになるのか見ておきましょう。

 

契約期間が決まっている場合が多い

現地の企業が業績不振や撤退となると突然の解雇や契約を延長出来ないなんてこともあるので気をつけたいところです。以前、中国にあった某韓国系の子会社は日本人スタッフ30人を一気に解雇にするなんてこともあり、日本人コミュニティに衝撃が走りました。

日系企業ならいきなり解雇というのは少ないですが、突然の解雇も想定しておく必要があります。

 

そんなときのために

現地で知り合いを作っておけば、その知り合いの会社に誘ってもらえたり、別の仕事を紹介してもらえたりすることもあるので、知り合いを作っておくことにこしたことはありません。困ったときはお互い様です。ここでさっき話した日本村が生きてきます。 人付き合いが大切です。

 

下手したら日本に帰ってから、日本の仕事が合わない

東南アジアでは仕事がゆるい場合が多いため、帰国後、日本で仕事に戸惑ったり、日本での仕事が合わなくて辞めてしまったりが多発します。でも、嫌なら辞めたらいいですよ。また、好きなところ(国)で仕事を探せばいいのです。

日本で働くだけがすべてではないのです。いいところもあれば、悪いところもあります。日本で仕事をするのだってメリットばかりではないですよね。 

関連記事▶︎マレーシアで海外就職、現地採用の気になる仕事や給料相場

続いてマレーシアで働いたときの給与相場です。マレーシアは物価もそんなに高くないのでいいかもしれません。

海外就職を成功させる秘訣を知りたいですか?

最後に海外就職を成功(=満足)させる秘訣をご紹介します。といっても、裏技なんてものはありません。

必要なことは、働く前は「情報収集」、働き始めたら「違いを受け入れる心構え」です。日本とは国が違うため、生活や仕事に対する考え方・やり方が違い、「日本ではこうだ!」ということが必ず出てきます。

しかし、郷に入っては郷に従えというように違いを受け入れる心構えはあるにこしたことはありません。逆に心構えがしっかりしていれば、まあなんとかなります。でも、違いを受け入れるって正直しんどいです。

日本国内の就職活動とは違い、初めての海外就職は戸惑うことが多いかもしれません。また、すでに社会人として企業に勤務している人は、その会社での仕事の仕方が身に付いているため、違いを受け入れることに苦労する人が多いのも現実です。

大学生なら海外インターンに参加(ベトナム就職する前にハノイ現地企業でインターンシップに挑戦してみる)することもありかもしれませんね。長期の海外インターンに参加することにより海外で仕事の雰囲気を知ってから、実際に働いてみるとミスマッチも減っていいかもしれません。

積極的に情報収集しましょう。結局のところ海外就職(現地採用)は何を求めるかによります。自分なりに一度考えてみるといいかと思います。その上で海外就職を成功させたいならちゃんとポイントを押さえましょう。

考えるべきポイントは 

1.就職前は必死で情報収集しましょう
2.働き始めたら、違いを受け入れる広い心を持ちましょう

まとめ

いかがでしたか。

今回は海外就職(中国や東南アジアで現地採用)を紹介しました。海外就職をすることで、あなたの人生を大きく変わる可能性があります。メリットもデメリットもありますが、総じて海外就職は面白いと思います。

人生は一回ですからね、面白いと思う方を選択してみるのもありですよね!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
坪田佳大

坪田佳大代表取締役 社長

投稿者プロフィール

Guanxi inc.代表取締役社長。
人手不足で諸々を担当しています。海外求人マッチングサービスがメイン事業。
経歴:在学中に起業、海外にて医療サービスを立ち上げる。
2012年エステサロンを立ち上げ、2013年には中国にてコンサルティング会社を設立するもパートナーが会社の資産とともに失踪。
2014年、Guanxi inc.創業。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. オーストリア
  2. 巴黎贝甜「Paris Baguette」
  3. タイ・バンコクは知る人ぞ知る海外ラーメン激戦区
  4. 中国での生活
  5. ホーチミンの賃貸物件事情
ページ上部へ戻る