日系企業メーカーで中国勤務、駐在員として働きわかったこと

中国で仕事

上海の日系メーカー勤務をしている窪田さん(50代男性)に中国での仕事についてお聞きしました。窪田さんは日系メーカーの海外駐在員として、上海で仕事をしています。

上海で駐在員として働き、どんなことを感じたのでしょう?今回は海外駐在員の仕事についてご紹介します。

中国で働くことになったきっかけ

長い間日本でエンジニアとして働いてきましたが、担当していた製品が外資系メーカーとの競争により、価格競争に巻き込まれてしまいました。このまま日本で生産を続けることは、人件費の面でも厳しい状況でした。

また、部品を購入する業者も日本生産メーカーから海外生産のメーカーに大幅に切り替えなければなりません。

そのためには、商品開発技術的な分野と生産技術的な分野をわかる人員が海外に交替して常駐する必要があります。その人員に私も選ばれて上海に赴任することになりました。

関連:初めての海外就職を成功させる方法

メリット1:仕事の範囲が広がる

中国で仕事

日本にいれば、自分の専門以外の分野については質問したり、教えてくれるメンバーが常に近くに存在します。中国に赴任しても、ネットを通じてメールや電話会議で対応することもできます。

決断力が常に必要

しかし、海外生産拠点でトラブルが発生すれば、ゆっくり対応している時間がありません。事前に幅広い知識を準備しておいてトラブルに対応する必要があります。

「一度持ち帰って検討します」というフレーズが通用しないことも多いのです。即断で即決する決断力も必要です。

中国現地では、そこで働ける日本人の数が制限されることになります。現在はエンジニアとしての仕事がメインですが、人事、経営の面でも対応すべき業務が多く、多岐に渡って勉強する必要がありました。

そのため、海外にいるだけで仕事の幅が広がっていくことなるのです。

関連:海外勤務に挑戦!海外で働くメリットとは

メリット2:中国人との文化の違いを肌で感じ、理解できる

中国で仕事をし始めて感じたことは、中国の人達はわたしたち日本人と同じような容姿をしながら、考え方や行動パターンは大きく異なるということです。同じアジアの国でもこんなに違うのかと驚くことばかりです。

仕事上でお互いの意見が食い違うときの対応の仕方に違いがあり、日本人と中国人では、組織というものに対する考え方も違います。

組織に対する考え方が全く違うことに気づく

日本企業は終身雇用という文化の基で発展してきたために、社員の自己犠牲の精神に甘えているところが大きいです。

これを中国人に当てはめようとしても当然無理が生じます。なぜなら中国人の仕事の概念は、日本のそれとは大きく異なり、会社は自分のスキルアップのための手段に過ぎず、転職や起業することを目標としている人が多いからです。

知り合いに、20代半ばの中国人の女性がいます。彼女は大学を出てまだ3年ですが、すでに2回も転職を経験しています。「その会社から教えてもらえることを吸収できたと思ったら、次の転職先を探すの」というのが彼女の、そして多くの中国人の考え方です。

日本ではすぐに転職や退職をすると、精神力の欠如ととらえられたり、信頼感に欠けると思われることが多いと思いますが、中国では違います。

より多くの仕事を経験し、より多くの技術や知識を会得することが自分のスキルアップに必要という考え方が根底にあるのです。

海外赴任経験をしたことが無い人たちは誤解して中国の悪口を言う人も多いのですが、これは各国の文化が背景にあり、非難しているだけでは意味が無いことだ気づきました。

メリット3:駐在員としていけば、給料が1.5倍程度に増える

海外駐在員として、中国で働くことの1番のメリットはとにかく給料が増えるということです。

駐在員としての勤務手当や危険地手当など、手当が増えるので給料が増えます。今の給料は月60万円程度です。住宅のマンションや帰国時の航空券などは会社負担が基本なので、中国でかかる生活費は食費ぐらいしかかかりません。

中国で生活するデメリット:外食が多くなり健康管理がおろそかになる

上海は日本料理屋さんもたくさんあり、食べ物には困りません。なので、ほぼ毎日外食しているという人もいます。

故郷の味をいつでも食べられるのはとても嬉しいことですが、やはり自炊に比べると栄養バランスが偏りがちになってしまいます。

また、生産拠点の工場での食事(ローカル飯)は、油分たっぷりの食事が提供されます。現地のローカル飯なので、仕方のない部分ですが、日本人には胃もたれするレベルの食事もあります。

中国語ができないと買い物も困る

自炊するにも、上海語が飛び交うローカル市場では思うように買い物ができません。

そこで、外国人向けのスーパーマーケットを利用することになるのですが、日本から輸入した様な食材は高く、とくに冷凍食品などは日本で買うより2倍程度も高いです。ものによっては3倍〜4倍のものもあります。

結局、外食に頼りきりになるといった形になっています。

中国語を学べばこういった問題は解決されるので、中国で働く場合は日常会話レベルの中国語は身につけておくべきだったと後悔しています。

関連:仕事に対する考え方が全然違う!ローカル中国人の性格からわかる仕事ぶり

中国での仕事上のトラブル

やはり、付き合う中国人スタッフ、取引先の業者の中には、責任感が大きく欠如している人もいます。中国人スタッフ同士だけで仕事を進めている中で、あいまいな部分が放置され、どうしよう無い段階になってはじめて報告されてくることあります。

特に、朝からわかっているトラブルを、退社の時刻が近づいてきたところで報告する人が多いことには、赴任初期には閉口しました。

なぜ報告が遅くなったのか尋ねても申し訳なさそうにすることもなく、「わたしの責任ではありませんから」と答えたり、面白いほどの言い訳を並べて自分を正当化する人も多いのです。

中国人は責任を避けるためにギリギリまで言わないので、中国で働く予定の人は、そういったことも想定しておくといいかもしれません。余計なトラブルを避けるために、書面で詳細に証拠を残しておくことも有効な手段の一つです。

関連:中国での仕事やビジネスを円滑にするために知っておきたい4つの中国文化

それでも中国勤務は収穫が多い

大変なことも多い中国での単身赴任生活ですが、苦労を上回る収穫もたくさんあります。一番大きな収穫は、見方を広げることが出来たことです。日本にいると、親しんだ日本の文化がすべて。日本を基準にして良い、悪いを判断してしまいがちです。

しかし一歩外に出てみると、日本の基準が必ずしも世界のスタンダードではないことが分かって、より広い視野で物事を見ることができます。

また、外国の文化の良さはもちろん、それまで気づかなかった日本の良さも再確認することが出来ます。コミュニケーション能力を伸ばすことが出来るのも、海外で仕事をして得られた収穫と言えます。

言葉はもちろん、文化や考え方が異なる人々と意思を通わせるためには、相手の背景を知り、最も伝わりやすい話し方や伝え方を考える必要があります。

言語の習得はもちろんですが、相手の立場になって考える思考がコミュニケーションにおいて欠かせないことに気付きました。今後どこで仕事をするにあたっても、また一人の人間として必要不可欠な力であると実感しています。

まとめ

いかがでしたか?

今回は上海で日系メーカーに駐在員として勤務する窪田さんにお話しを伺いました。中国で働いてみてはじめてわかることもあります。日本の仕事スタイルがスタンダードなものではなく、もちろん各国に働き方や特徴があります。

さまざまメリット、デメリットがある海外での仕事ですが、とにかく一度海外で働いてみてその違いを実感してみてくださいね!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

海外就職したい方必見!海外滞在中の住民票と住民税ってどうなるの?

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る